*

アレルギーの分類|Ⅰ型Ⅱ型Ⅲ型Ⅳ型の特徴や主な疾患

公開日: : アレルギーの基礎知識


アレルギーは、関係する免疫細胞や免疫反応の違いや特徴から多くの場合、4つの型に分類されます。

Ⅰ型アレルギー

Ⅰ型アレルギーは、即時型アレルギー、アナフィラキシー型などと呼ばれるもので、数分で反応がみられ、数時間で症状が治まるアレルギーです。
花粉症のように、花粉が継続して付着している場合などは、アレルギー症状も継続します。

この反応に関与するのは、肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球で、血管のあるところにはいたるところに存在している細胞とIgE抗体が主に関与している。
マクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞が体外からの異物を察知することで、B細胞(リンパ球)からIgE抗体が放出されます。

この肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球の表面にあるIgE受容体にIgE抗体が架橋(連結)され、そこにアレルゲンが加わるとヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出されアレルギー症状が起こります。

症状は血管の拡張、血管透過性の亢進、発赤、腫脹、かゆみ、咳、くしゃみ、気道や消化管の平滑筋収縮などが主な症状です。

主な疾患

アレルギー性鼻炎、アレルギー性喘息、食物性アレルギー、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショック、蕁麻疹などがあります。
一般的にアレルギー症状と言われるのがこのⅠ型アレルギーに該当します。

主なアレルゲン

花粉やハウスダスト、薬物、食物など広範囲にわたる

Ⅱ型アレルギー

Ⅱ型アレルギーは細胞障害型、細胞融解型アレルギーといいます。
Ⅱ型アレルギーは薬剤、感染などが原因で自分の細胞表面を抗原として認識して、赤血球、白血球、血小板、リンパ球などの血液細胞や、腎臓や甲状腺、皮
膚組織などの自分の細胞を攻撃し破壊してしまいます。

主にIgM抗体、IgG抗体と補体が関与しています。
補体の働きとは、抗体の病原菌の食作用を促進するもので、貪食作用を促進させる作用、融解作用、ウイルスの中和作用などに作用します。
この反応に関与する食細胞は、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)などになります。

主な疾患

ABO不適合輸血、自己免疫性溶血性貧血、グッドバスチャー症候群、重症筋無力症、水泡性類天疱瘡、橋本病、パセドウ病、薬剤性溶血性貧血などがあります。
ABO不適合輸血では、輸血された赤血球に対して不適合と判断すると赤血球抗体が反応し、赤血球が融解され、それが原因で重篤な状態に至ることもあります。

Ⅲ型アレルギー

Ⅲ型アレルギーは、免疫複合体型、アルサス型と言われます。
Ⅲ型アレルギーは可溶性抗原とIgG、補体との反応で起こるアレルギーで、可溶性抗原とは体液中に溶けている抗原の事でⅡ型の抗原の溶解とはまったく別の事です。

通常、抗原と抗体、補体が結びつくとマクロファージや好中球などの食細胞が処理してくれますが、抗原と抗体、補体の免疫複合体が、食細胞の処理能力を超えた場合、生体内を移動しその多くが腎臓と肺の血管に付着することが多く、さらにその場所で免疫活性が活発化して、肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球からヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出され血管透過性の亢進、平滑筋収縮などのアレルギー症状が現れます。

また活性化した好中球が免疫複合体を貪食する際に、放出するタンパク分解酵素の分泌、活性酸素が組織を障害します。
また免疫複合体が血小板を凝集(寄り集まってより大きな集合体になる現象)させると小血栓が出来、局所で障害を発症させます。
遅発型アレルギーで、3~8時間で症状が現れます。

主な疾患

主な疾患は血清病、関節リウマチ、リウマチ性肺炎、シューグレン症候群、多動性動脈炎、急性糸球体腎炎、過敏性肺臓炎、ループス腎炎、アレルギー性血管炎などがあります。

Ⅳ型アレルギー(遅延型)

Ⅳ型アレルギーは、細胞免疫性アレルギーと呼ばれ、反応は感作されてから、1日から3日でピークを迎える為に遅延型アレルギー反応と呼ばれます。
Ⅰ~Ⅲ型が抗体が関与した反応の結果であるのに対し、T細胞、マクロファージらの関与による結果としておこります。
代表的なものが、ツベルクリン反応で、皮内注射をしてから24時間~48時間が反応のピークとなります。

抗原は、金属や植物、科学物質や化粧品、ゴムなどが有りますが、正確には、金属では汗に触れた金属から出る金属イオン、植物では、漆の樹液などに含まれるウルシオールという成分、ゴム(ラテックス)の場合は、製造過程からの残留化学物質や水溶性蛋白質、化粧品に含まれる科学物質などがあります。
これらの成分は分子がとても小さく、それ自体は抗原として感作されません。
しかし、それらの成分が、表皮の細胞のたんぱく質と結合する事で、抗原となり、それを感作した免疫細胞の活性が活発化します。
このように分子のサイズが小さく、単独では抗原とならないのに、人他の物質と結合する事により初めて抗原となる物質をハプテンと呼びます。

症状は、水疱、皮膚の赤み、皮膚が硬くなったりします。

主な疾患

アトピー性皮膚炎は、即時型からⅣ型アレルギーを進行していきます。
接触性皮膚炎、橋本病、ベーチェット病、臓器移植後の拒絶反応、ツベルクリン反応

スポンサーリンク

関連記事

アレルギーの検査

こちらでは、アレルギーの検査についてご紹介しています。 アレルギーについては、まだまだ解明され

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑