*

ロイコトリエン拮抗薬の働き・注意点・副作用について

公開日: : 抗アレルギー薬


アレルギー症状ではさまざまな薬が用いられますが、特に喘息の症状改善に効果を発揮すると言われているのがロイコトリエン拮抗薬です。
ここではその特徴について、解説していきます。

ロイコトリエン拮抗薬の働き

アレルギーの発症にはロイコトリエンやヒスタミンなどさまざまな体内物質が関係していますが、ロイコトリエン拮抗薬は喘息と関連の深いロイコトリエンを強く抑制する働きをもちます。

ロイコトリエンは好酸球の誘導による炎症や血管透過性亢進作用による浮腫、気管支収縮作用、血管拡張作用などに関わっています。

喘息を発症した人の多くは気道や尿中、血液中にこの物質が増加していることがわかっています。

そのため、このロイコトリエンを抑制することは、症状の改善につながります。

軽度な喘息の場合は、ロイコトリエン拮抗薬を服用するだけで症状をかなり抑えることができます。

鼻づまりや鼻水などの鼻粘膜にかかわるアレルギー症状にも有効だと言われています。

喘息の治療ではステロイド薬などが使用されてきましたが、ステロイドではこのロイコトリエンの生成を抑えるのは困難です。

そこで開発されたのがロイコトリエンの働きを阻害する働きをもつ、ロイコトリエン拮抗薬なのです。

ロイコトリエン拮抗薬が最初に登場したのが1995年で、これは日本国内で開発されたのちに臨床に使用されるようになったものです。

現在ではロイコトリエン拮抗薬は喘息治療で用いられることの多い、薬のひとつという位置づけになっています。

吸入ステロイド薬も喘息治療で使用されることが多い薬ですが、使い方にコツが必要なこと、吸入がうまくいかないこともあって治療がうまく進まないことも少なくありません。

そういった理由もあって、ロイコトリエン拮抗薬はよくつかわれます。

ロイコトリエン拮抗薬を服用して効果が発揮されるまでには1~2週間ほどかかると言われています。

人によっては比較的早く効果があらわれることもあり、いつ効果をえられるかは人によってちがうと言えるでしょう。

花粉症の治療でロイコトリエン拮抗薬が第一選択薬となることは少なく、処方されるのは第二世代抗ヒスタミン薬と点鼻ステロイド薬がメインとなります。

しかし、併用薬としてロイコトリエン拮抗薬が処方されることはあります。

花粉症によって鼻づまりになってしまった状態を改善するために、ロイコトリエン拮抗薬は用いられます。

ただし、即効性には乏しいので、すぐに効果があらわれるということはありません。

ロイコトリエン拮抗薬の位置づけ

ロイコトリエン拮抗薬は基本的には長期管理薬という位置づけて用いられます。

5歳以下の乳幼児が軽度の喘息を発症した場合、ロイコトリエン拮抗薬が第一選択薬となるのが一般的です。

ただし、中等症以上の患者の場合は、ロイコトリエン拮抗薬よりも吸入ステロイド薬のほうが効果があらわれやすいとされています。

ロイコトリエン拮抗薬は喘息だけでなくアレルギー性鼻炎の症状改善にも効果を発揮します。

喘息患者はしばしばアレルギー性鼻炎の症状があらわれるので、両方の治療のためにロイコトリエン拮抗薬が用いられることが多いのです。

ロイコトリエン拮抗薬の飲み方は症状や体質によって変わってきますが、長期服用せずに風邪が流行る時期などに中期、あるいは短期的に服用するといった方法がとられることもあります。

小児喘息患者のなかには秋になると症状が悪化するという人がいますが、ロイコトリエン拮抗薬を服用することで低年齢の子供の症状がやわらいだという報告もされています。

風邪のときに短期間服用することで、喘息症状の悪化を防げるというデータもあります。

ロイコトリエン拮抗薬は気管支を拡張させる働きもあり、IgE陽性の喘息ハイリスク患者の場合ははじめて喘鳴が生じた際に利用しても、急性症状の軽減、その後の症状の進行を防げることも期待できます。

症状の程度によって選択される薬は異なりますが、ウイルス喘息や低年齢患者の治療にもロイコトリエン拮抗薬は適していると言えます。

代表的なロイコトリエン拮抗薬

ロイコトリエン拮抗薬はいくつかありますが、日本生まれのプランルカスト、世界的に使用頻度の高いモンテルカストなどが有名です。

プランルカストはカプセルとドライシロップの2種類があり、1日2回服用します。

モンテルカストは錠剤やチュアブル、細粒といろいろなタイプがあり、1日1回と服用回数が少ないのが特徴的です。

プランルカストドライシロップはほかの薬剤と混合調剤が可能なため、組み合わせがしやすいという利点を有します。

どちらもアレルギー性鼻炎の改善に効果があり、特に鼻閉が強いタイプには最適と言われています。

2つの薬は作用は同じで、ロイコトリエン受容体に働きかけます。

これらの薬はできるだけ早く服用することが望ましいとされています。

特に小児の気管支喘息の多くが3歳までに発症し、そのほとんどはウイルスなどの感染症をきっかけに起こるとされています。

大人になるまでに自然に改善する人も多いですが、成人後に発症するという人もときにいます。

いずれにしても、喘息は早期治療が大切となるので、なんらかの症状があらわれたらできるだけ早く医療機関を訪れる必要があるでしょう。

ロイコトリエン拮抗薬の副作用

ロイコトリエン拮抗薬は副作用のリスクが非常に少ない薬として知られています。

しかし、ごくわずかな割合で下痢などの消化器症状、アレルギー反応などがあらわれることがあります。

原因ははっきりわかっていませんが、神経麻痺が起こることもあります。

ほかに、胸焼けや腹痛、吐き気などが起きることもあり、なんらかの異変が生じた場合は医師に相談する必要があります。

重い副作用は滅多に起きることはありませんが、劇症肝炎などの重篤な副作用が起きることがあります。

より万全を期すためには、ときどき肝機能検査を受けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

トロンボキサン阻害薬の働き・注意点・副作用について

トロンボキサン阻害薬はアレルギー症状の緩和のために用いられる薬で、主に喘息症状に効果を発揮すると

記事を読む

メディエーター遊離抑制薬の働き・注意点・副作用について

メディエーター遊離抑制薬はアレルギー症状の治療に用いられる薬剤です。 ここではメディエーター遊

記事を読む

Th2サイトカイン阻害薬の働き・注意点・副作用について

Th2サイトカイン阻害薬は抗アレルギー薬のひとつで、さまざまなアレルギー症状軽減に使用されます。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑