*

アトピー性皮膚炎と目への影響

公開日: : 最終更新日:2015/11/01 アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎と目の病気には、実は深い関係があります。
とくに顔の皮膚のアトピーの症状が重ければ重いほど、目の病気にかかるリスクが高いと言われています。

アトピー性皮膚炎に関連した目の病気

アトピー性皮膚炎に関連して起こるとされる主な目の病気には、円錐角膜、網膜剥離、白内障などがあります。
重くなると失明にいたる病気もあるので、早めの診察と治療が大切と言えるでしょう。

アトピー性皮膚炎に関連した目の病気は若い世代に多い

これらのアトピー性皮膚炎と合併しやすい目の病気は、10代から30代の比較的若い世代に多く見られます。
目の違和感をとくに感じていない場合でも、アトピー性皮膚炎の症状があり、とくに顔の近くの皮膚の症状が思春期・成人を迎える頃も続いている場合は注意が必要です。
また、それまで大人しかった症状が思春期を迎えるあたりで重症化しはじめた場合も危険です。
顔のアトピー性皮膚炎の症状がひどかったり、長い期間続いたりする場合は、皮膚科医だけではなく眼科医の診察を受けるのが良いでしょう。

コンタクトレンズの使用は?

角膜に影響を起こしやすいため、アトピー性皮膚炎の場合はコンタクトレンズの使用はすすめられません。
コンタクトレンズは使わず、眼鏡で過ごすのが目のためにも望ましいとされます。
医師の判断のもと、様子を見ながら結婚式などのときのみ使用が許可される場合もあります。

アトピー性皮膚炎での目への影響は認知度が低い

実は、アトピー性皮膚炎が目の病気に関連していることがわかったのはごく最近のことです。
そのため、目がかゆいと思っていても、一過性のものでとくに影響もないだろうと考える人が多いのです。
たとえば子どもにアトピー性皮膚炎の症状があり、目をかゆがっている場合など、大人が知識を持っていれば病院に連れて行くことで早期発見・治療につながります。
今後はアトピー性皮膚炎と目の病気の関連性をもっと広めていくことが大切になっていくでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

皮膚のバリア機能が低下している

アトピー性皮膚炎の皮膚はとてもデリケート アトピー性皮膚炎の人は、もともと皮膚のバリア機能がう

記事を読む

大人のアトピーと子供のアトピーに違いがある?

子供時代のアトピーと、成人してからのアトピーには違いがあります。 赤ちゃんや小児の頃のアトピー

記事を読む

アトピーと脂肪肝の関連性

アトピーと脂肪肝には関連性があると聞いて驚く人は多いかもしれません。 脂肪肝とは、肝臓に余分な

記事を読む

ステロイド薬とプロトピック軟膏の併用

アトピー治療の現場やアトピー患者の間で、プロトピックという薬が話題に登ることがあります。 プロ

記事を読む

アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤の上手なぬり方

つらいアトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、乳幼児に始まり、一部成人期まで持続するとのある湿疹

記事を読む

アトピー炎症後の色素沈着は取れるのか?

アトピー性皮膚炎の炎症がもとで起こる肌の色素沈着が治るかどうか。 これは誰でも、特に女性であれ

記事を読む

アトピーと腸管粘膜の炎症との関係とは

近年の研究の結果で、アトピー性皮膚炎と胃腸のトラブルには関係があることが判明しています。 アレ

記事を読む

アトピー性皮膚炎の爪や甘皮への影響

爪の甘皮というと、おそらく女性であればあの部分だなとすぐにわかると思います。 爪の付け根に数ミ

記事を読む

アトピー性皮膚炎に温泉の効果は?

アトピー性皮膚炎など肌の疾患に温泉が良いというのは有名な話です。 しかしながら、実際にどのよう

記事を読む

アトピー性皮膚炎に優しい日本食

アトピー性皮膚炎の改善のためには自然の素材を使った食事が良いと言います。 できるだけ体に優しい

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑