*

アトピー性皮膚炎に温泉の効果は?

公開日: : 最終更新日:2015/11/05 アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎など肌の疾患に温泉が良いというのは有名な話です。
しかしながら、実際にどのような泉質が良いのか、どのような温泉でも効果があるのかについては詳しく知らない人が多いでしょう。
間違った温泉療法は逆に肌を傷め、アトピーの症状を悪化させることもあります。

アトピー性皮膚炎に良い泉質は?

ボディケア用品のCMでおなじみですが、私たちの肌は弱酸性です。
それに対して相性の良い温泉は酸性の泉質です。
皮膚の表面にある黄色ブドウ球菌の増殖がアトピー性皮膚炎を悪化させる原因の一つとされているのですが、酸性の温泉は殺菌効果に優れているため、症状の改善に効果があると言われているのです。
ただし、殺菌効果は言い換えれば肌に刺激が強いことでもあるので、症状が重いときや医師に止められている場合は温泉治療を中止してください。

そのほかのアトピー性皮膚炎に効果のある泉質

酸性泉のほか、硫黄泉、ラドン泉、含鉄泉、硫酸塩泉などがアトピーの改善に良いとされる温泉です。
肌との相性もあるので、実際に入ってみて刺激が強いなと感じた場合は無理に温泉治療を続けないようにしましょう。

お湯の温度は関係ある?

肌に刺激の強すぎない温度のお湯が理想です。
熱すぎるお湯は肌への刺激が強いうえ、肌の水分を奪う力も強いので、乾燥が進み悪化してしまう場合もあります。
少しぬるいと感じる程度の40度くらいまでの温泉が良いでしょう。
ゆったりと浸かることのできる温度はリラックス効果も高く、さまざまな病気の原因とされるストレスの解消にもなります。
お湯から上がったあとの保湿忘れや、薬の塗り忘れがないように注意しましょう。

温泉治療は自己流ではなく、まず医師に相談を

温泉治療は即効性はありませんが、肌に合う温泉が見つかればアトピーの改善にとても役立ちます。
しかしながら、逆に刺激となる場合や、温泉治療が向いていない肌の状態もあるので、温泉治療を開始する前にはかかりつけの医師に相談し、アドバイスをもらってください。

スポンサーリンク

関連記事

アトピー性皮膚炎とはどんな病気?

アトピー性皮膚炎とはどんな病気? 激しいかゆみを伴う湿疹が繰り返しできるアトピー性皮膚炎とはど

記事を読む

乳幼児の湿疹とアトピー性皮膚炎

乳幼児の皮膚炎は小児科よりも皮膚科で アトピー性皮膚炎はもともと乳幼児に特有の病気だと考えられ

記事を読む

大人のアトピーと子供のアトピーに違いがある?

子供時代のアトピーと、成人してからのアトピーには違いがあります。 赤ちゃんや小児の頃のアトピー

記事を読む

アトピー炎症後の色素沈着は取れるのか?

アトピー性皮膚炎の炎症がもとで起こる肌の色素沈着が治るかどうか。 これは誰でも、特に女性であれ

記事を読む

アトピー性皮膚炎に効くお茶

アトピー性皮膚炎の症状の改善につながるとされているお茶はいくつかありますが、その中の一つが「ルイ

記事を読む

アトピー性皮膚炎の「痒み」の理由は?

アトピー性皮膚炎で起こる、強い肌の痒み。 時には眠れなくなるほどの痒みを感じ、睡眠不足に陥る患

記事を読む

アトピー性皮膚炎に影響するフィラグリンとは?

フィラグリンとは皮膚を守る働きを持つタンパク質です。 肌の角質層を形成するのに不可欠なもので、

記事を読む

アトピーの炎症後の色素沈着はステロイド外用剤の副作用ではない

アトピー性皮膚炎の治療薬として広く使われているステロイド外用剤ですが、ステロイドに対し悪い印象を

記事を読む

皮膚のバリア機能が低下している

アトピー性皮膚炎の皮膚はとてもデリケート アトピー性皮膚炎の人は、もともと皮膚のバリア機能がう

記事を読む

アトピー性皮膚炎の保湿剤の働きと重要性

アトピー性皮膚炎の治療のなかで有効なのが肌を乾燥させないように保湿剤を用いることです。 保湿剤

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑