*

ステロイド薬とプロトピック軟膏の併用

公開日: : 最終更新日:2015/12/22 アトピー性皮膚炎


アトピー治療の現場やアトピー患者の間で、プロトピックという薬が話題に登ることがあります。
プロトピックはアトピーの治療において有名なステロイドと併用することが条件の一つなのですが、中には詳しい知識を持たぬまま「ステロイドよりも安全」「ステロイドのように副作用がありません」と言っている医師もいます。
プロトピックとはどんな薬なのでしょうか。

プロトピックは比較的新しい薬

プロトピックがアトピーの治療薬として発売されたのは1999年で、今ではジェネリックもあるので最新の治療薬というわけでもありませんが、歴史は15年ほどと比較的新しい薬です。
ステロイドで患部の炎症を抑えた後に使うことで、アトピーの改善が期待できます。

プロトピックだけの安全性を強調するのは間違い

プロトピックはステロイドよりも安全だから良い、プロトピックはステロイドのような副作用が少ないと言われます。
これは確かにその通りで、ステロイドに見られる皮膚の収縮・多毛になるなどの副作用は見られません。
しかし、ひどい炎症を引き起こしている肌にそのまま塗ってしまうと、ちょっとしたことでも肌への大きな刺激となり、痛みや痒みを引き起こします。
これは、プロトピックの「正常な肌では吸収されにくい」という特徴が関係しています。
プロトピックは何らかの肌の異常がある場合に吸収される薬なので、炎症を抑えないままに塗ってしまうと薬が逆に刺激となってしまうのです。
これはプロトピックを正しく使わないことでの副作用とも言えるかもしれません。

プロトピックはステロイド剤で炎症を抑えてから使う薬

プロトピックの刺激を抑え、治療の効果を高めるためにはまず、ステロイドで炎症を抑えます。
このため、ステロイドより安全だから安心できるというのは間違いでもあります。
間違った使い方によるプロトピックの痛みは、人により悲鳴をあげるほどとも言われます。
正しい薬の知識を持った医師のもとで使用することがプロトピックでの治療の大きな鍵となります。

スポンサーリンク

関連記事

アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤の上手なぬり方

つらいアトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、乳幼児に始まり、一部成人期まで持続するとのある湿疹

記事を読む

アトピー炎症後の色素沈着は取れるのか?

アトピー性皮膚炎の炎症がもとで起こる肌の色素沈着が治るかどうか。 これは誰でも、特に女性であれ

記事を読む

アトピー性皮膚炎に効く酵素

アトピー性皮膚炎の改善に酵素が良いというのは本当か、といった質問がインターネットの掲示板でもよく

記事を読む

リアクティブ療法とプロアクティブ療法とは

アトピー性皮膚炎の治療の方法に「リアクティブ療法」と「プロアクティブ療法」があります。 この二

記事を読む

アトピー性皮膚炎への環境に関する要因

アレルゲンや刺激をさける アトピー性皮膚炎は、遺伝的な要因であるアトピー素因のほかに、環境に関する

記事を読む

アトピー性皮膚炎に優しい日本食

アトピー性皮膚炎の改善のためには自然の素材を使った食事が良いと言います。 できるだけ体に優しい

記事を読む

アトピー性皮膚炎に温泉の効果は?

アトピー性皮膚炎など肌の疾患に温泉が良いというのは有名な話です。 しかしながら、実際にどのよう

記事を読む

アトピー性皮膚炎と耳切れ

耳切れという皮膚疾患の症状があります。 これは、耳たぶの付け根が切れてしまう症状で、アトピー性

記事を読む

乳幼児の湿疹とアトピー性皮膚炎

乳幼児の皮膚炎は小児科よりも皮膚科で アトピー性皮膚炎はもともと乳幼児に特有の病気だと考えられ

記事を読む

アトピーと腸管粘膜の炎症との関係とは

近年の研究の結果で、アトピー性皮膚炎と胃腸のトラブルには関係があることが判明しています。 アレ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑