*

アレルギー性鼻炎の薬物療法について

公開日: : 最終更新日:2015/10/22 アレルギー性鼻炎 , ,

アレルギー性鼻炎の薬物療法について
アレルギー性鼻炎の治療法として、もっとも効果が高く、中心的なものが「薬物療法」です。

使われる薬の代表的なものとしては、化学物質遊離抑制薬や抗ヒスタミン薬、それにステロイド薬などがあります。

まず、化学物質遊離抑制薬というのは、アレルギー性鼻炎の予防的な治療薬として使われているもので、アレルギーを起こす化学伝達物質、つまり抗アレルギー作用を持っています。

続いて使われるのが、抗ヒスタミン剤です。

これは、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎の諸症状を抑えるための薬で、主に鼻の粘膜を乾燥させる働きをします。

また、抗ヒスタミン剤には第一世代と第二世代のものがあり、第一世代の方は強い眠気を誘うという副作用があります。

そのため、現在アレルギー性鼻炎の治療薬として主に使われているのは、効果が高く副作用の少ない第二世代の方です。

最後のステロイド薬ですが、これには鼻噴霧用と内服薬とが有ります。これは重度の症状にも強力な効果を発揮する薬です。

ただし、特に内服薬には副作用を招く可能性も高いので、ステロイド薬を服用するときには、医師の指示に従って正しい用法を守るようにしましょう。

どの薬を服用する場合でも、適量を守ることは必須ですから、容量や用法については必ず注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

アレルギー性鼻炎:鼻噴霧用ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

アレルギー性鼻炎の治療に用いる鼻噴霧用ステロイド薬は、症状を和らげる対症療法の一つです。

記事を読む

アレルギー性鼻炎の減感作療法について

アレルギー性鼻炎の減感作療法について

アレルギー性鼻炎の治療法の中でも、やや特殊なのが減感作療法と呼ばれるものです。 これは、ア

記事を読む

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状として、代表的なものが「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」の3つで、これをアレ

記事を読む

アレルギー性鼻炎の外科的療法

アレルギー性鼻炎の外科的療法について

アレルギー性鼻炎の症状である鼻づまりなどひどく、薬物療法では改善が見られないようなときには、外科

記事を読む

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、花粉、ほこり、ダニなどの吸入性アレルゲンによって起こるくしゃみ、鼻水、鼻づま

記事を読む

アレルギー性鼻炎の検査

アレルギー性鼻炎の検査・診断について

アレルギー性鼻炎の検査で耳鼻咽喉科に行くと、まずは問診を受け、いつ頃からの症状か、症状が出やすい

記事を読む

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因を簡単に言い表すとしたら、過剰な免疫反応ということになります。 人間

記事を読む

アレルギー性鼻炎の治療

アレルギー性鼻炎の治療【生活環境・生活習慣の改善】

アレルギー性鼻炎の治療は、いくつかの段階に分けることができますが、もっとも基本的で大切なのが、生

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑