*

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 物理アレルギー , , , ,

コラーゲンアレルギーの特徴

アレルギーの原因

コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラーゲンアレルギーが発症するものです。
しかし、コラーゲンにも種類があり、鶏肉、魚、ゼラチン、植物性などとあるので、
どのコラーゲンがアレルギー反応を起こしているかは、人それぞれであるかと思われます。

症状

全身、または身体の一部に痒み、湿疹、蕁麻疹、赤みなどの皮膚的症状を引き起こすのが一般的のようです。
また、コラーゲンアレルギーの原因にも記載したように、コラーゲンの種類によっては、
コラーゲンアレルギーを発症する場合と、発症しない場合があるので、注意が必要です。
重度の症状まで起こると、アナフィラキシーショックを引き起こす場合もあるので、こちらも注意が必要です。

特徴

コラーゲンアレルギーは、コラーゲンの主成分に含まれているものが何かによって起こるのが特徴かもしれません。
特に健康補助食品で体内に摂取をした場合は、人それぞれですが、症状の出方のスピードも違いがあるかと思います。
(人間の体内のサイクルは1ヶ月で変わるものなので、通常はゆっくりと効果が出てくる・・・といった感じでしょう。)
しかし、稀にですがアレルギー反応を引き起こす場合は、すぐに皮膚的症状を発症するケースが特徴的だといえるでしょう。

治療

コラーゲンアレルギーの治療としては、皮膚的症状を発症した場合は、すぐに皮膚科に受診をしましょう。
そして、コラーゲンを摂取している事を医師、または看護師に伝え、アレルギー検査をしてもらう事が大切です。
それまで摂取していたコラーゲンは、ただちに中止をしましょう。

注意点

コラーゲンは女性にとって、非常に魅力的な成分であろうと思います。しかし、何でもかんでもコラーゲンを摂取すればいい・・・のではなく、
コラーゲンに配合されている成分の内容をしっかりと把握する事が、アレルギーを未然に防ぐ予防に繋がるといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

即時型アレルギーの特徴

即時型アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

即時型アレルギーの原因は、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に摂取、接触、抵触、侵入をする事に

記事を読む

プラセンタアレルギーの特徴

プラセンタアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 プラセンタアレルギーの原因は、プラセンタを体内に摂取する事で、プラセンタ

記事を読む

化粧品アレルギーの特徴

化粧品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化粧品アレルギーについて 女性であれば多くの人が使用している化粧品ですが、その化粧品でアレルギ

記事を読む

化粧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

今や人前に出る際のマナーの一つとして、化粧をすることが当然だという風潮があります。 実際、化粧

記事を読む

ダストアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年急激に増えているアレルギー疾患の患者。 その中のほとんどが、さまざまなアレルゲンが複合的に

記事を読む

光アレルギーの特徴・症状

光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

光アレルギーについて みなさんは光アレルギーというものがあることを知っていますか? 毎日の生

記事を読む

ハムスターアレルギーの特徴

ハムスターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハムスターアレルギーについて 実はハムスターアレルギーというアレルギーもあるのです。 今回は

記事を読む

咽頭アレルギーの特徴

咽頭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 咽頭アレルギーの原因は、花粉症などのアレルゲンがきっかけで発症するケース

記事を読む

虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫が嫌いだという人はよく見ますが、果たして、昆虫にもアレルギーは存在するのでしょうか。 実は

記事を読む

電気アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あまり知られることのない症状ですが、電気製品などから発せられる電磁波に体が過剰反応を起こし、さま

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑