*

電磁波アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/30 物理アレルギー

電磁波アレルギーの特徴

電磁波アレルギーとは

電磁波アレルギーとは何でしょうか?電磁波アレルギーとは、別名電磁波過敏症ともいいます。
実はWHOの元事務局長のブルントラント氏も電磁波過敏症であると告白しています。
また、アメリカの医学者ウィリアム

レイ氏が電気過敏症と名づけています。
まだ解明されていない現代病の一つであると言われており、まだまだ、ハッキリとわかっていない病気になります。

電磁波を起こすもの

携帯電話、携帯電話の基地局、高圧線、電子レンジ、パソコン、コピー機、蛍光灯などになります。
また、発電所や変電所の近くに住んでいる人もなる場合があるようです。
さらに、電磁波が起こす磁場も影響しているのではないかと言われています。
実は世界の国々で2つの国は電磁波過敏症を病気であると認定しているのです。
それは、スペインとスエーデンです。
しかし、逆に言うとそれ以外の国はまだ、病気として認定していないので、治療の方法や原因が判明していないと言えます。

電磁波アレルギーの仕組み

実はまだ電磁波アレルギーの仕組みはわかっていないのです。
世界各国で研究などは行われて言うのですが、ハッキリとした仕組みはわかっていません。
特定の電磁波の周波数と人体が反応して引きおこすのでは無いかと言われていますが、解明はされていません。

電磁波アレルギーが起こす症状

では電磁波アレルギーが起こす症状とはどのようなものでしょうか?めまい。
頭痛。
吐き気、立ちくらみ、不眠症、手足のしびれなどがあります。

電磁波アレルギーの治療方法

電磁波アレルギーの治療方法はどのようなものがあるのでしょうか?実は電磁波アレルギーの治療方法はまだ確立していないのです。
そもそも、病気と認定してるのが、スペインとスエーデンだけなので、日本でまだまだ病気として認知されているとは言えません。

携帯電話を使用することにより起る電磁波アレルギー

対策としてはできるだけ頭部と携帯電話と離して使用する。
できるだけイヤホンとマイクを使用するなどが上げられます。

スポンサーリンク

関連記事

ヒアルロン酸アレルギーの特徴

ヒアルロン酸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ヒアルロン酸アレルギーについて 美容外科や食品から飲料まで様々なところで使われているヒアルロン

記事を読む

紫外線アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

紫外線が日焼けやシミの原因になることはよく知られていますが、アレルギー反応が起こることはあまり知

記事を読む

カビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

高温多湿な日本の環境はカビが好みやすく、発生もしやすい環境となっています。 特に初夏から真夏に

記事を読む

白樺アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

白樺はおもに北海道に生えている樹木です。 5月初旬から6月いっぱいにかけて花を咲かせます。

記事を読む

即時型アレルギーの特徴

即時型アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

即時型アレルギーの原因は、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に摂取、接触、抵触、侵入をする事に

記事を読む

水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

普段何気なく口にしている水。 食品にも、飲料水にも、世の中におけるほとんどのものに水は入ってい

記事を読む

ジェルネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

女性の間でおしゃれの定番となっているジェルネイル。 そんなジェルネイルにもアレルギーがあること

記事を読む

ナイロンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いまや天然素材の洋服などよりいろいろな面において機能なども優れているといわれている、化学繊維の素

記事を読む

キク科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

キク科の植物が原因でアレルギー症状を起こす場合、キク科アレルギーである可能性が高いと言えます。

記事を読む

水道水アレルギー

水道水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

水道水について みなさんの生活には欠かせない水道水ですが実は水道水でアレルギーが出る人がいるの

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑