*

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 物理アレルギー

フェレットアレルギーの特徴
フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと考えられます。
また、フェレットをただ単に接触するだけではなく、フェレットを飼っているうちに、フェレットアレルギーになる事もあります。

症状

フェレットアレルギーの症状としては・・・、
・全身、または身体の一部に赤み、痒み、かぶれ、湿疹、発疹、蕁麻疹などの皮膚的症状
・ぜん息、呼吸困難的症状
・・・などがあげられます。

特徴

フェレットアレルギーの特徴は、フェレットのみならず、犬、猫などの動物にも言える事ですが、フェレットを飼っていても暫くの間は平気だったのに、フェレットアレルギーを発症する場合があります。
また、フェレットアレルギーは、フェレットの体毛、フケなどで発症するのも特徴かと思われます。

治療

フェレットアレルギーの治療としては、皮膚的症状が起きた場合は皮膚科に、ぜん息などの呼吸困難的症状が起きた場合は、内科、呼吸器科などの専門医に受診をしましょう。
そして、出来る事ならアレルギー科などの専門医に受診をし、アレルギー検査をする事も大切です。
また、呼吸困難的症状で辛いようであれば、服用の薬以外に気管支拡張テープを処方してもらうといいでしょう。

注意点

フェレットアレルギーの注意点は、フェレットに接触をしただけなど、一時の症状で治まるのであればいいのですが、フェレットを飼っていらっしゃるのであれば、やはりフェレットアレルギーを治療、予防をしていくようにする事が大切です。
犬のように散歩には出さないのであれば、小まめな掃除、布製の物の洗濯は必要です。
室内がフローリング畳のような和室は、フェレットの体毛、フケからダニも繁殖、増殖もしますので、日頃からこまめに掃除をしていきましょう。
そして、窓を閉めている時は空気清浄機などをつける、窓を開けて室内の風通しを良くする事も大事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

電磁波アレルギーの特徴

電磁波アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

電磁波アレルギーとは 電磁波アレルギーとは何でしょうか?電磁波アレルギーとは、別名電磁波過敏症

記事を読む

雑草アレルギーの特徴

雑草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雑草アレルギーの原因は、主に雑草に紛れて飛来してくる花粉を体内に取り入れてしまう事が多いように見

記事を読む

日光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

長時間日光浴をすることで皮がむけたり、肌が赤みを帯びたりすることは珍しくありません。 これは日

記事を読む

革アレルギーの特徴

革アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

革アレルギーとは? みなさんは革アレルギーを知っていますか?これは皮膚に皮製品が触れただけでア

記事を読む

光アレルギーの特徴・症状

光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

光アレルギーについて みなさんは光アレルギーというものがあることを知っていますか? 毎日の生

記事を読む

ハムスターアレルギーの特徴

ハムスターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハムスターアレルギーについて 実はハムスターアレルギーというアレルギーもあるのです。 今回は

記事を読む

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

バリウムアレルギーの特徴

バリウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

バリウムアレルギーの原因は、バリウムを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと

記事を読む

化粧品アレルギーの特徴

化粧品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化粧品アレルギーについて 女性であれば多くの人が使用している化粧品ですが、その化粧品でアレルギ

記事を読む

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑