*

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 物理アレルギー , , , ,

ハンノキアレルギーの特徴

アレルギーの原因

ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。
ハンノキという樹木の花粉が飛来し、体内に摂取する事で、アレルギーを発症してしまうのが一般的です。

症状

ハンノキアレルギーは、梨、桃、サクランボ、リンゴなどを食べると、口の中、または喉の奥でかゆみや違和感を感じる事が多いようです。
そこから呼吸困難的症状、喘息的症状を併発させてしまう場合があります。

特徴

ハンノキは、沼や湿地に生息し、主に北海道や北日本の方に多い樹木なので、北海道や北日本の方には特に注意をする事が大事です。
主に、1月~4月に飛来時期が多いので、スギ花粉症だと思いがちになる場合があるように見受けられるのも特徴の1つです。

治療

上記のように、口の中、または喉の奥でかゆみや違和感を感じたら、口腔外科、耳鼻咽喉科などの専門医に受診するようにしましょう。
呼吸困難的症状、喘息的症状まで引き起こしてしまわれた場合は、呼吸器科、内科などの専門医に受診するようにしましょう。

注意点

ハンノキアレルギーは、シラカバアレルギー(花粉症)と類似していて、ハンノキアレルギーを発症した方が梨、桃、サクランボ、リンゴなどの果実を摂取すると、口腔アレルギー症候群へと発症させてしまう場合があります。
また、逆も然りで、シラカバアレルギーからハンノキアレルギーを併発、さらに果実を摂取する事で口腔アレルギー症候群まで発症する事もあります。
他、果実アレルギーをも発症するケースもあったりします。
ハンノキアレルギーを発症させてしまわれた場合は、特に口腔内が敏感になるので、果実系には注意が必要です。
その為には、果実を生で食しないようにし、果実を食べたいのであれば、加工食品、加熱処理した果実を食べるようにしましょう。
また、外出から帰宅された等の時などには、うがい、手洗いを念入りにするなど、ハンノキアレルギー対策をする事が大事だといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

電磁波アレルギーの特徴

電磁波アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

電磁波アレルギーとは 電磁波アレルギーとは何でしょうか?電磁波アレルギーとは、別名電磁波過敏症

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

カンジダ菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カンジダ菌というと、女性の性病を思い浮かべる人が多いかもしれません。 しかし実際はカンジダ菌は

記事を読む

紙アレルギーの特徴・症状

紙アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

紙アレルギーについて みなさんは紙アレルギーが存在することを知っていますか? 日常生活の様々

記事を読む

ハムスターアレルギーの特徴

ハムスターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハムスターアレルギーについて 実はハムスターアレルギーというアレルギーもあるのです。 今回は

記事を読む

アニサキスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アニサキスアレルギーとは、海にいる魚に寄生するアニサキスという虫によって引き起こされるアレルギー

記事を読む

段ボールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さまざまな場面でその汎用性の高さを披露してくれる段ボールですが、「段ボールに触るとアレルギー反応

記事を読む

秋のアレルギーの特徴

秋のアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 秋のアレルギーというと、秋の花粉症が代表的に多いようです。 特に、ヨモ

記事を読む

温熱アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

寒い時期など、お風呂にはいったり暖房機器を利用して温まるのは、ごく普通のことです。 しかし、暖

記事を読む

酒アレルギーの特徴

酒アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酒アレルギーについて みなさんは酒アレルギーについて知っていますか? これはお酒やアルコール

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑