*

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 物理アレルギー , , , ,

ほこりアレルギー

アレルギーの原因

家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。
これをハウスダストと一般的に呼ばれています。
そのほこりや塵などに含まれる人、動物などの毛やフケが集まったり、ダニやダニの糞、ダニの死骸、カビなどが繁殖するなどが起きる事で体内に侵入、その結果ほこりアレルギーを発症させます。

症状

ほこりアレルギーを発症させると、気管支炎、鼻炎、皮膚炎を併発させる場合があります。
気管支炎からさらに喘息や肺炎などの呼吸器系の病気を引き起こしたり、皮膚炎からアトピー性に、鼻炎から慢性ふくびく炎、蓄のう症までもを併発させる事もあります。

特徴

ほこりアレルギーは、主に住宅事情に関わる場合が多いようであると見受けられます。
畳などの和室はもちろん、たとえフローリングなどの床であっても、ほこりやダニ、カビなどは存在します。
そして、湿気が多い場所であればあるほど、それらがハウスダストとなって、繁殖、増殖に繋がっていきます。

治療

ほこりアレルギーの発症を疑ったら、まずは専門医に受診する事をお勧めします。
気管支、喘息、肺炎などの呼吸器系の場合は内科、または呼吸器科に、皮膚炎は皮膚科に、鼻炎などは耳鼻咽喉科に行きましょう。

注意点

ほこりアレルギーにならない為には、常に掃除、洗濯などをして清潔にする事が大切です。
特に一軒家やアパートはもちろんの事、マンションの1階から2階部分は、冬から春先頃まで結露が溜まり易い住宅環境になっています。
ハウスダストに加え、結露まで溜まってしまうと、さらにカビが繁殖、増殖しやすくなるので、窓枠近辺には、特にこまめな掃除が必要です。
結露対策には、結露を吸水するシートなどを利用し、対策をするのもいいでしょう。
布団なども天日干しをし、天日干しをし終わった布団は、布団の中にあるダニの死骸を取る為に、布団を掃除機で吸引する事も大事です。
そして、季節に関係なく、ある程度の風通しをよくする事も大切だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

ほこりアレルギーの特徴

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

記事を読む

水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

普段何気なく口にしている水。 食品にも、飲料水にも、世の中におけるほとんどのものに水は入ってい

記事を読む

イネ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イネ科アレルギーとは、イネ科の植物に対して体がアレルギー反応を起こすことをいいます。 イネ科の

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

馬アレルギーの特徴

馬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

馬アレルギーとは? 馬アレルギーは馬の皮膚から出るフケにその原因があるようです。 そのフケが

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

ジェルネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

女性の間でおしゃれの定番となっているジェルネイル。 そんなジェルネイルにもアレルギーがあること

記事を読む

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑