*

咽頭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 物理アレルギー , , , ,

咽頭アレルギーの特徴

アレルギーの原因

咽頭アレルギーの原因は、花粉症などのアレルゲンがきっかけで発症するケースが多いようです。
また、気管支的症状、アトピー的症状など、他のアレルギー的症状と一緒に併発する場合もあります。

症状

咽頭アレルギーの症状は、喉に痒み、イガイガ感、呼吸困難的症状、違和感などが一般的のようです。
また、カラカラに渇いたような咳が起こるケースもあるようです。

特徴

咽頭アレルギーが発症する特徴としては、上記の原因が主ですが、
風邪に似たような症状に見受けられるのも特徴の1つのようです。
花粉症から喘息、喘息性の気管支炎、アレルギー性鼻炎などから咽頭アレルギーになる事もあります。

治療

咽頭アレルギーは、風邪に類似するような症状と勘違いする場合もあるので、とにかく耳鼻咽喉科などの専門医に受診をしましょう。
そして、アレルギー検査をしてもらう事も必要かと思われます。
その他、花粉症からくる呼吸困難的症状(喘息、気管支炎的症状など)もあるのであれば、
服用の薬の他に、気管支拡張テープも処方してもらうといいでしょう。

注意点

特徴にも記載していますが、咽頭アレルギーが花粉症、喘息、気管支炎的症状などから起こるのは、
鼻、口、耳と全て繋がっているので、1つのアレルギー(花粉症も含む)になると、他の症状にまで併発しやすくなってしまいます。
実際、筆者の知人にも、元々喘息を持っていらっしゃる方がいますが、
毎年春になると花粉症から喘息を発症してしまうそうで、とても辛そうにしていらっしゃいます。
特に、乳幼児は鼻と耳との間が短いので、アレルギーの他、中耳炎や蓄のう症にも罹りやすくなるのもあります。
咽頭アレルギーを発症すると、炎症を起こして粘膜が弱くなってしまい、免疫力も低下しやすくなります。
症状が悪化すると、声が出なくなってしまいますので、それが続くと症状を長引かせてしまいます。
喉がおかしいな・・・と思ったら、すぐに専門医に受診をする事が大事だといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

光アレルギーの特徴・症状

光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

光アレルギーについて みなさんは光アレルギーというものがあることを知っていますか? 毎日の生

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

雨アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雨の日になるとアレルギーの症状が悪化するという人が少なくありません。 そしてこの現象のことを雨

記事を読む

ダストアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年急激に増えているアレルギー疾患の患者。 その中のほとんどが、さまざまなアレルゲンが複合的に

記事を読む

ハムスターアレルギーの特徴

ハムスターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハムスターアレルギーについて 実はハムスターアレルギーというアレルギーもあるのです。 今回は

記事を読む

繊維アレルギーの特徴

繊維アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

繊維アレルギーの原因は、化学繊維によって作られた服、雑貨、寝具などを身につける、接触、抵触をする

記事を読む

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

カビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

高温多湿な日本の環境はカビが好みやすく、発生もしやすい環境となっています。 特に初夏から真夏に

記事を読む

電気アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あまり知られることのない症状ですが、電気製品などから発せられる電磁波に体が過剰反応を起こし、さま

記事を読む

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑