*

天然ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/29 物理アレルギー

天然ゴムアレルギーの特徴

天然ゴムアレルギーとは?

みなさんは天然ゴムアレルギーを知っていますか?天然ゴムアレルギーはゴム手袋や天然ゴムを触ることによって起るアレルギー症状です。
コンドームやゴム風船を触っても起ることもあります。
別名ラテックスアレルギーやラテックスフルーツ症候群とも言います。

起る症状

蕁麻疹、ぜんそく、発疹、かゆみ、などの症状が起ることがあります。
天然ゴムアレルギーで起る症状で一番多いのは痒みを伴う蕁麻疹です。
また、水ぶくれが起ることもあるようです。
ひどい場合は嘔吐や呼吸困難などの重症になる場合もあるようです。

起る理由

これは原材料にアレルギーをひこ起こす成分が入っているからです。
ラテックス蛋白質がアレルギー成分になっているからです。
ラテックスとは天然ゴム製品に含まれる成分です。
医療用のゴム手袋などに多く使用されています。
内科や皮膚科に行き皮膚テストなどで検査をしてもらいましょう。
できればアレルギー専門医を受信するといいでしょう。
また、血液検査をしてもらう方法もあるようです。

治療法、対象法は?

まずは、天然ゴム製品を使用しないことや触らないことが重要です。
そのような製品は使用しないよにしましょう。
医療用の製品はラテックスを使用していない製品もあるので、そのような物を使用してもいいでしょう。

ラテックスとはなにか?

そもそもラテックスとは何でしょうか?ラテックスとは、東南アジアで主に採取されるゴムの木から取れる樹液です。
その樹液にラテックスが含まれているのです。

意外と知られていない天然ゴムアレルギーの人が注意すること

これは意外と知られていないのですが、天然ゴムアレルギーの人は、バナナやクリ。
アボガトを食べるとダメなのです。
これらの食品にはラテックスと似ているアレルギーを引き起こす成分が含まれているので、アレルギー反応がでることがあります。
また、果物にもそのような成分が含まれていることもおおいので、注意しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

海水アレルギーの特徴

海水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 海水アレルギーとは、海水に入る、海水に身体の一部でも浸かるなどといった状況に

記事を読む

ハンノキアレルギーの特徴

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。 ハンノキ

記事を読む

ジェルネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

女性の間でおしゃれの定番となっているジェルネイル。 そんなジェルネイルにもアレルギーがあること

記事を読む

ダストアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年急激に増えているアレルギー疾患の患者。 その中のほとんどが、さまざまなアレルゲンが複合的に

記事を読む

雨アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雨の日になるとアレルギーの症状が悪化するという人が少なくありません。 そしてこの現象のことを雨

記事を読む

繊維アレルギーの特徴

繊維アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

繊維アレルギーの原因は、化学繊維によって作られた服、雑貨、寝具などを身につける、接触、抵触をする

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

バラ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

「バラ科」の植物の実は果物のなかでも特にアレルギー症状を起こしやすいと言われています。 バラ科

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑