*

マスクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 物理アレルギー

マスクアレルギーの特徴
マスクアレルギーの原因は、マスクそのものにアレルギー要素があるとは考えにくいように思われます。
しかし、稀にもマスクを製造している内容成分によっては、アレルギーを発症させてしまう、もしくは製造、生産過程の中でアレルギー要素に接触、または抵触してしまう為に、マスクアレルギーを発症してしまう事も考えられるかもしれません。
マスクアレルギーになる原因は、人それぞれでもあると言えるでしょう。

症状

マスクアレルギーの症状は、マスクを装着している部分に赤み、痒み、湿疹、発疹、かぶれなどの皮膚的症状などがあげられます。
また、稀に頭重、頭痛、吐き気などの症状が起きる場合もあったりします。
こうした症状が発症するのは、人それぞれであると思われます。

特徴

マスクアレルギーの特徴は、箱入りで数十枚入り・・・など、大容量タイプで使い捨てのマスクでアレルギーを発症するケースが多く見受けられます。
特に、アトピー性皮膚炎などの要素を持っているのであれば、マスクでもアレルギーを発症する事もあると思われます。

治療

マスクアレルギーの治療は、皮膚的症状が起きた場合は、皮膚科などの専門医に受診をするようにしましょう。
そして、装着しているマスクは、大容量などの使い捨てマスクを中止し、別のマスクを装着するのをお勧めします。

注意点

マスクアレルギーの注意点は、マスクの成分によって発症するものであると見受けられるので、綿タイプなどのマスク、または不綿織り以外のマスクに変えてみるのもいいかもしれません。
しかし、稀にもマスクをずっとしていると、鼻口腔内の免疫力が低下してしまい、マスクを外してから暫くすると、鼻水、鼻づまりが止まらない・・・などといった症状が起きる事も考えられます。
お住まいの環境にもよりますが、花粉症的症状でマスクを装着する場合は、マスク以外の予防などをすると、症状も変わるかもしれません。
どういった症状であれ、皮膚科、耳鼻咽喉科などの専門医に受診をし、相談をするといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

日光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

長時間日光浴をすることで皮がむけたり、肌が赤みを帯びたりすることは珍しくありません。 これは日

記事を読む

馬アレルギーの特徴

馬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

馬アレルギーとは? 馬アレルギーは馬の皮膚から出るフケにその原因があるようです。 そのフケが

記事を読む

ハンノキアレルギーの特徴

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。 ハンノキ

記事を読む

段ボールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さまざまな場面でその汎用性の高さを披露してくれる段ボールですが、「段ボールに触るとアレルギー反応

記事を読む

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

カビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

高温多湿な日本の環境はカビが好みやすく、発生もしやすい環境となっています。 特に初夏から真夏に

記事を読む

ほこりアレルギー

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

化粧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

今や人前に出る際のマナーの一つとして、化粧をすることが当然だという風潮があります。 実際、化粧

記事を読む

ペットアレルギーの特徴

ペットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ペットアレルギーについて みなさんはダニアレルギーなどは聞いたことがあるでしょうが、ペットアレ

記事を読む

ラベンダーアレルギーの特徴

ラベンダーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ラベンダーアレルギーは、ラベンダーそのもの、またはラベンダーの精油、ラベンダ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑