*

プール塩素アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 物理アレルギー , , ,

プール塩素アレルギー

プール塩素アレルギーとは?

みなさんはプール塩素アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?
実はプールの塩素でアレルギー症状がでることがあるのです。
今回はプールでの塩素アレルギーについてのご紹介です。

なぜプールの水などに塩素が入っているの?

塩素は地方では、カルキという別の呼び方をします。
プールによっては入る前に、体を塩素が入った水に浸からせますよね?
その塩素で体に発疹ができたり、痒くなったりする場合があります。
髪がパサパサになったり、皮膚が乾燥したりすることもあるようです。
また、プールの水自体に塩素が入っている場合もあります。その場合は塩素アレルギーが出やすい可能性があります。
なぜ、プールの水に塩素が入っているかと言うと、消毒のためで、伝染病などを防ぐために入れられています。

プールの塩素アレルギーの対策は?

それではプールの塩素アレルギーにはどのように対処すればいいのでしょうか?
やはり対策とすれば、まずはプールに入ることをやめることです。
プール塩素アレルギーを発症したのが自分の子供などであれば、事前に先生に相談するなどしてプールに入ることを控えたほうがいいでしょう。
症状が軽い場合であれば、プールに入った後にシャワーなどで洗い流すという方法もあるようです。

どの様な病院に行くか?

それでは次にアレルギーが出た場合にどの様な病院に行くべきでしょうか?
まずは内科か皮膚科に行きましょう。
そのような科目では、アレルギーの人が多く来ますので、アレルギーの検査などには慣れているところが多いのです。
また、アレルギー専門医にかかるのもいいでしょう。
インターネットなどで検索して探して診てもらうようにしたらいいと思います。
また、プールは水に不特定多数の人が入ります。
なので皮膚の弱い人は荒れたり、痒みが出たりします。
雑菌が肌についたりすることにより、そのような症状が出ることがあるのです。

スポンサーリンク

関連記事

ニキビアレルギーの特徴

ニキビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ニキビアレルギーの原因は、顔の中にあるアクネ菌が繁殖、増殖を繰り返して引

記事を読む

造影剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

造影剤というものを知っているでしょうか。 医療の現場で用いられる医薬品で、主に体内に注入して使

記事を読む

ハムスターアレルギーの特徴

ハムスターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハムスターアレルギーについて 実はハムスターアレルギーというアレルギーもあるのです。 今回は

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

化粧品アレルギーの特徴

化粧品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化粧品アレルギーについて 女性であれば多くの人が使用している化粧品ですが、その化粧品でアレルギ

記事を読む

白樺アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

白樺はおもに北海道に生えている樹木です。 5月初旬から6月いっぱいにかけて花を咲かせます。

記事を読む

羽毛布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

現在日本には、数えきれないほどのアレルギーが存在しています。 金属アレルギーや食物アレルギー、

記事を読む

ハンノキアレルギーの特徴

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。 ハンノキ

記事を読む

バリウムアレルギーの特徴

バリウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

バリウムアレルギーの原因は、バリウムを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑