*

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/20 物理アレルギー


人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

休むためには寝具との相性はとても大切。
寝具との相性がよければ気持ちよくぐっすり休むことができて、次の日もさわやかに起きることができます。

人間の休息に非常に大切な布団ですが、この布団がアレルギーを悪化させることがあるのです。

布団はハウスダストの宝庫

布団に入って人は眠りにつきます。
人間は寝ているあいだ、気が付かないうちにコップ一杯ほどの汗をかくといわれています。

冬でもそうですし、夏になればさらに暑いのでもっと汗をかきます。

布団がいくら通気性が良くても、ベッドや布団を敷いている床の通気性が悪ければ、かいた汗は布団の中で溜まり、雑菌などが繁殖しやすくなります。

また、布団を敷きっぱなしにしているとハウスダストが溜まったり、寝ている間に落ちた髪の毛やふけ、かきむしったあとの角質などがダニなどのえさとなり、布団の中でダニが繁殖してしまったりするのです。

そういったことでアレルギーの原因となるハウスダストが蓄積し、アレルギーを悪化させることにもなってしまいます。

布団をアレルギー源にしないための対策

布団をアレルギーの悪化の原因にしないようにするためには、布団に雑菌やカビ、ダニを繁殖させないようにする必要があります。

丸洗いできる布団

丸洗いできる素材の布団を使用しましょう。
洗って干すだけで布団の臭いやアレルゲンを減少させることができます。

アレルギー対策済み布団

アレルギー対策をほどこしている布団を使用しましょう。
防菌、防カビ加工などがほどこされている布団があります。

天気がいいときは天日干し

天日に干せば布団の中も乾いて、紫外線のパワーでダニなどもやっつけることができます。
干したあと叩いて取り込む人がいますが、アレルギー体質のある人はこの布団叩きでアレルギーを悪化させてしまうことがあるので、叩かず掃除機で吸い込むのがいいでしょう。

天気が悪ければ布団乾燥機の活用

寝ていると毎日コップ一杯の汗をかいているのですから、できればこまめに干したいところですが、干す場所がない、こまめに干している体力がないという場合には、こまめに布団乾燥機で乾燥させるようにしましょう。
このときも、乾燥した布団から浮遊した角質や虫の死骸などがアレルギーを悪化させることがあるので、乾燥が終わったら掃除機をかけておきましょう。

布団が原因でアレルギーがひどくなると、落ち着いて気持ちよく眠ることすらできなくなってしまいます。
心地よい眠りのためにもこまめに掃除や洗濯、乾燥を心がけることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

化繊アレルギーの特徴・症状

化繊アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化繊アレルギーについて みなさんはについて知っていますか? 化繊アレルギー実は化学繊維が肌に

記事を読む

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

化学物質アレルギーの特徴

化学物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化学物質アレルギーの原因は、化学物質で作られたものに接触、抵触などをする事によって、アレルギー反

記事を読む

低気圧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

天候が悪化すると体調を崩すという人は少なくありません。 その原因の多くは、自律神経の働きと関係

記事を読む

温熱アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

寒い時期など、お風呂にはいったり暖房機器を利用して温まるのは、ごく普通のことです。 しかし、暖

記事を読む

ラベンダーアレルギーの特徴

ラベンダーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ラベンダーアレルギーは、ラベンダーそのもの、またはラベンダーの精油、ラベンダ

記事を読む

雑草アレルギーの特徴

雑草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雑草アレルギーの原因は、主に雑草に紛れて飛来してくる花粉を体内に取り入れてしまう事が多いように見

記事を読む

日光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

長時間日光浴をすることで皮がむけたり、肌が赤みを帯びたりすることは珍しくありません。 これは日

記事を読む

ダニアレルギーの特徴

ダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ダニアレルギーについて みなさんはダニアレルギーについてどの様な感想をお持ちですか? 実はダ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑