*

キク科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 物理アレルギー


キク科の植物が原因でアレルギー症状を起こす場合、キク科アレルギーである可能性が高いと言えます。
キク科の植物は身の回りに非常に多く存在していて、自然に咲く花はもちろん、園芸用の品種にも多くみられます。
さまざまな品種があるので、一年中アレルギーの症状に悩まされることも珍しくありません。

キク科アレルギーの症状

症状はスギ花粉とほぼ同じで、くしゃみ、鼻水、結膜炎による目の痒み・赤み、涙の増加、頭痛などがあります。

キク科アレルギーを起こす身のまわりの植物

キク科アレルギーの原因となる植物は空き地などに自生しているヨモギ、ブタクサ、ハルジオン、タンポポ、セイタカアワダチソウなどのほか、ガーデニング用のキク、マーガレットなどがあります。
春先から秋にかけて、さまざまな種類が順番に最盛期をむかえるため、その間アレルギー症状も続いて悩まされることが多いのが特徴です。
キク科の植物には大きく分けてふたつの特徴があります。
ひとつはキクやタンポポ、マーガレットのようにきれいな花を咲かせ、目でも楽しめるタイプです。
このタイプの花粉は風に乗って運ばれるよりも、ハチなどの昆虫が花粉を運ぶことが多くなります。
そのため、庭に植えないようにする、切り花として屋内に持ち込まないなど、一定の距離を保った付き合い方ができます。
もうひとつのタイプは、小さな花が集まって茎に付いているタイプです。
ヨモギやブタクサなどがこれにあたります。
このタイプの花粉は風に乗って遠くに飛ばされるため、よく晴れた風の強い日などはアレルギーの症状が強く出やすくなります。

キク科アレルギーの予防策

キク科の植物に近づくのを避けるようにし、マスクなどで自衛するのが予防策になりますが、ヨモギに対してアレルギーを起こす場合は、ヨモギの団子を食べるだけでも症状が出る場合があります。
また、サフラワー油や紅花油は原料となる植物がキク科のため、体に入れると症状が悪化することがあるので、これらの油も避けるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

杉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あたたかくなり春が訪れると、心配されるのは杉花粉によるアレルギーです。 現在は多種多様なアレル

記事を読む

マスクアレルギーの特徴

マスクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

マスクアレルギーの原因は、マスクそのものにアレルギー要素があるとは考えにくいように思われます。

記事を読む

タバコアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年はタバコの人への害が注目され、禁煙や分煙などといったタバコを吸わない人への配慮も見られるよう

記事を読む

草アレルギーの特徴

草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

草アレルギーの原因は、草に接触、抵触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものと考えられます

記事を読む

ダニアレルギーの特徴

ダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ダニアレルギーについて みなさんはダニアレルギーについてどの様な感想をお持ちですか? 実はダ

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

ニキビアレルギーの特徴

ニキビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ニキビアレルギーの原因は、顔の中にあるアクネ菌が繁殖、増殖を繰り返して引

記事を読む

日焼けアレルギーの特徴

日焼けアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

これは紫外線や太陽の光が肌に当たることにより腫れやかゆみなどが出ます。 意外と知られていない紫

記事を読む

カンジダ菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カンジダ菌というと、女性の性病を思い浮かべる人が多いかもしれません。 しかし実際はカンジダ菌は

記事を読む

ダストアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年急激に増えているアレルギー疾患の患者。 その中のほとんどが、さまざまなアレルゲンが複合的に

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑