*

紫外線アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 物理アレルギー


紫外線が日焼けやシミの原因になることはよく知られていますが、アレルギー反応が起こることはあまり知られていないようです。
日にあたったあとに、腕や首が赤くなったり湿疹ができたりするという人は、紫外線アレルギーの疑いがあります。

紫外線アレルギーの症状

紫外線によるアレルギー反応は、日光にあたった場所に起こり、ほとんどは皮膚に関する症状です。
主な症状としては、かぶれや腫れ、発疹、赤みなどが挙げられます。
充血や涙、異物感など皮膚だけでなく目にあらわれる症状もあるため、注意が必要です。
ほかにも、頭痛や吐き気、発熱といった症状があらわれる場合があります。

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因は、内因性と外因性の2つに大別されます。
内因性の原因としては、紫外線に対する抗体量の増加が挙げられます。
紫外線を長時間浴びると、紫外線への抗体量を超えてアレルギー反応が起こります。
この抗体量は個人差があり、短時間であってもアレルギー反応が起こる人もいます。
これは、遺伝子異常や代謝障害など生体内の異常との関連性が高いと言われています。
外因性の原因としては、紫外線が直接的原因ではなく、薬や日焼け止めの成分がきっかけとなってアレルギー症状が起こるというものです。
特定の薬を飲んだり、日焼け止めを塗ったりしたあとに、短時間紫外線を浴びただけで症状があらわれることがあります。
服用したもの、あるいは塗ったものが紫外線を吸収し、光毒性をもったことで起こると言われています。

紫外線アレルギーの治療

紫外線アレルギーの診断は、皮膚科などで光線過敏症テストを受けることで行われます。
症状が軽度の場合は非ステロイド剤、悪化してしまった場合はステロイド剤を用いて治療をしていくのが一般的です。
場合によっては、抗アレルギー薬を用いて長期的に治療を進めていくこともあります。
紫外線アレルギーは花粉症などと同様にいきなり起こることが多いと言われていますが、その場合も慌てずに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

稲アレルギーの特徴

稲アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

稲アレルギーの原因は、イネ科の植物が花粉化し、体内に侵入する事により、アレルギー反応を引き起こす

記事を読む

ヒノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

花粉症のアレルギー症状を引き起こす春の植物というと、スギを思い浮かべる人がほとんどでしょう。

記事を読む

雑草アレルギーの特徴

雑草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雑草アレルギーの原因は、主に雑草に紛れて飛来してくる花粉を体内に取り入れてしまう事が多いように見

記事を読む

ほこりアレルギー

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

革アレルギーの特徴

革アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

革アレルギーとは? みなさんは革アレルギーを知っていますか?これは皮膚に皮製品が触れただけでア

記事を読む

タバコアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年はタバコの人への害が注目され、禁煙や分煙などといったタバコを吸わない人への配慮も見られるよう

記事を読む

犬アレルギー

犬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 犬の体毛、体毛に付いているダニなどに犬アレルギーを発症する場合と、犬その

記事を読む

馬アレルギーの特徴

馬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

馬アレルギーとは? 馬アレルギーは馬の皮膚から出るフケにその原因があるようです。 そのフケが

記事を読む

アニサキスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アニサキスアレルギーとは、海にいる魚に寄生するアニサキスという虫によって引き起こされるアレルギー

記事を読む

ペットアレルギーの特徴

ペットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ペットアレルギーについて みなさんはダニアレルギーなどは聞いたことがあるでしょうが、ペットアレ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑