*

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/05/25 物理アレルギー, 食物アレルギー


アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。
アルコールアレルギーとは、アルコールが体内に入ったり、肌に触れたりすることでアレルギー反応を起こすことを言います。
アレルギーという表現が正しくないとの指摘もあり、アルコール過敏症と呼ばれることもあります。
日本でのアルコールアレルギーは、食物アレルギーや植物アレルギーに比べ認知度が低く、お酒に弱いということがアレルギーに関係していると考える人がとても少ない状況です。

アルコールアレルギーはどのように起こるのか

アルコールが体内に入ると、肝臓は成分を分解しようとはたらき、その結果アセトアルデヒドという物質に変わります。
アセトアルデヒドはさらに分解され、最終的に水と酢酸に分かれるのですが、このふたつに分けるはたらきをするアセトアルデヒド脱水素酵素というものがあります。
アセトアルデヒド脱水素酵素をふたつ持っていない、または酵素自体のはたらきが弱い人が日本人には多くいるわけですが、悪酔いしやすい、お酒に弱い人が多いのはこのためです。
このことが体内に入ってきたアルコールに過敏に反応する下地をつくっており、アルコールアレルギーに悩む人の増加に繋がっています。
お酒を飲んだ場合にほんの少量でも具合が悪くなったり、すぐに顔が赤くなったりするなど、お酒に弱い人、お酒が飲めないという人も一種のアルコールアレルギーと言えます。

アルコールとはお酒のことだけではない

アルコールと聞いて真っ先に思い浮かべるのはお酒ですが、アルコールはお酒だけに含まれているわけではありません。
身の回りの除菌シートや汗ふきシート、香水やローションなどの化粧品、油性のマジックペンなどにも含まれています。
たとえば、狭い部屋の中で除菌シートを使い、室内にアルコールが気化した状態で、その部屋にアルコールアレルギーの人が入ると症状を起こすこともあります。
消毒液などが肌に触れた場合にはただれ、赤み、かゆみ、蕁麻疹(じんましん)などの症状があらわれます。
アルコールのニオイで具合が悪くなったなどの症状を感じたことがある人は、もしかするとアルコールアレルギーの体質かもしれません。
少しでも気になることがあれば、病院で一度アルコールアレルギーの検査を受けてみましょう。

具体的な予防策

アルコールアレルギーを予防するのに一番良いのはやはりお酒に関わらないことです。
しかしアルコールの特徴上、人生の中で全く関わらないようにするのも難しい面があります。
中にはすぐ酔うけれどお酒は好きという人や、飲めないのは慣れていないからだと考える人もいるでしょう。
しかし実はアルコールアレルギーの体質だったということもあり得ます。
アルコールはお酒はもちろん、お酒を使った料理やお菓子、消毒液、化粧品、芳香剤など生活の身近なところに幅広く活用されています。
特に食品など体内に入れるものにアルコールが使われていないかはしっかりチェックするようにし、できるだけ体内に入れないことが大切です。
化粧品の場合はできるだけノンアルコールのものを選んで、体に刺激のないようにしましょう。
また、家族など身近な人がアルコールアレルギーの場合は、部屋にアルコールの成分が浮遊する環境を避けることもポイントです。
アルコールを含んだ製品を使用するときは同時に換気もするなど気を配りましょう。

アルコールアレルギーのことをもっと知る必要がある

日本ではアルコールアレルギーというものがまだまだ認知されておらず、症状が場合によっては命に関わる危険性があることを認識していない状態にあります。
お酒に弱い、飲めないということが体が拒否反応を示すアレルギー反応であることや、日本人にはアルコールアレルギーが多いという事実を広めていくことが必要でしょう。
アレルギーの人は飲み会の場がしらけることになっても毅然とした態度で断ること、また弱い人に無理にお酒をすすめないようにすることも、症状を起こさないようにするためには非常に重要です。

スポンサーリンク

関連記事

低気圧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

天候が悪化すると体調を崩すという人は少なくありません。 その原因の多くは、自律神経の働きと関係

記事を読む

麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

麦アレルギーの中でも一番多いとされているのが、食材や日常生活の中で多用されている小麦に対するアレ

記事を読む

青魚のアレルギーの特徴

青魚のアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは青魚のアレルギーについてどのような考えをお持ちですか?青魚のアレルギーはヒスタミンによ

記事を読む

加工食品のアレルギー表示:<義務品目>7品目と<推奨品目>20品目

特定の食物を接することで、アレルギー反応を起こす人が増えてきました。 そのため、平成14年

記事を読む

アロエアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アロエにもアレルギーがあることをご存知でしょうか。 薬いらずとも言われ、使ったり食べたりすると

記事を読む

水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

普段何気なく口にしている水。 食品にも、飲料水にも、世の中におけるほとんどのものに水は入ってい

記事を読む

ピーマンアレルギー

ピーマンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーマンアレルギーの原因は、ピーマンを体内に摂取をすると、ピーマンアレル

記事を読む

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。

記事を読む

プルーンアレルギーの特徴

プルーンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プルーンアレルギーの原因は、プルーンを体内に摂取をすると、アレルギーを発症するものです。 また

記事を読む

化粧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

今や人前に出る際のマナーの一つとして、化粧をすることが当然だという風潮があります。 実際、化粧

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑