*

アルテルナリアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 物理アレルギー


アルテルナリア、日常ではあまり聞くことのない単語です。
これはカビアレルギーの一種である、アルテルナリアアレルギーを引き起こす原因となるカビの名前です。
アルテルナリアは主に浴室や結露した壁・窓の付近、台所など湿気の多い場所で繁殖カビで別名をススカビと言い、家庭でもよく見られるカビの一種です。
その名の通り、スス状に黒く広く繁殖して壁を覆っていきます。
胞子が非常に軽いので空気中に散りやすく、そのため人の体に影響を与えるアレルゲンになりやすい特徴があります。

アルテルナリアアレルギーの主な症状

カビを吸い込むことで起こる気管支喘息やアレルギー性鼻炎、また肌の弱い人にも影響があり、アトピー性皮膚炎の原因の一つでもあります。
カビの菌は通常、非常に細かいため、鼻から吸い込んでも鼻を通り過ぎてとどまることはないのですが、アルテルナリアは粒子が大きく、鼻の中にとどまってアレルギー性鼻炎の大きな原因となります。

カビアレルギーを予防するために

日本は高温多湿で、全国どこでも一年中カビの繁殖しやすい環境です。
梅雨の時季や夏は気をつけていても、秋冬の暖房による窓の結露などには気を配っていない家庭も多く、冬のカビとカビによるアレルギーに悩まされている人は少なくありません。
カビは80%以上の湿度のある環境を好むので、できる限り湿気を部屋に溜めないような工夫をしましょう。
夏など気温が高めのときは窓を開けての換気もさほど苦ではありませんが、秋冬となるとそうもいきません。
湿気の多い場所の壁と家具の間に古新聞を入れてこまめに交換する、市販の除湿グッズを活用する、除湿機を導入するなどを考えてみましょう。
アルテルナリアはカビの中でもプラスチックを好むカビと言われています。
高温多湿になりやすく、プラスチックの多い場所と言えば浴室が思い浮かびます。
シャワーホースや湯船に被せるフタ、壁や天井など、できる限り水気を取る工夫もできると、さらにカビアレルギーの予防対策になるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

タバコアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年はタバコの人への害が注目され、禁煙や分煙などといったタバコを吸わない人への配慮も見られるよう

記事を読む

紙アレルギーの特徴・症状

紙アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

紙アレルギーについて みなさんは紙アレルギーが存在することを知っていますか? 日常生活の様々

記事を読む

海水アレルギーの特徴

海水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 海水アレルギーとは、海水に入る、海水に身体の一部でも浸かるなどといった状況に

記事を読む

プールアレルギー

プール塩素アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プール塩素アレルギーとは? みなさんはプール塩素アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?

記事を読む

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

コナヒョウダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コナヒョウダニアレルギーとは、喘息やアトピー性皮膚炎の原因ともされるヒョウダニ類にアレルギー反応

記事を読む

化繊アレルギーの特徴・症状

化繊アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化繊アレルギーについて みなさんはについて知っていますか? 化繊アレルギー実は化学繊維が肌に

記事を読む

フェレットアレルギーの特徴

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと

記事を読む

イネ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イネ科アレルギーとは、イネ科の植物に対して体がアレルギー反応を起こすことをいいます。 イネ科の

記事を読む

no image

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットが

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑