*

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/06 物理アレルギー


ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。
ラテックスアレルギーとも呼ばれ、こちらの名前のほうが一般的に使われているようです。
ゴム手袋、カテーテル、風船、絆創膏、コンドームなど、ゴムは日常生活で触れる機会の非常に多い素材です。
アレルギー症状を起こす可能性もそれだけ高いと言えるでしょう。

ゴムアレルギーの症状

食物アレルギーとは違い、体の中よりも外の皮膚に触れる機会が多いので、皮膚に関するアレルギーの症状が多いのが特徴です。
赤み、かゆみ、ただれや腫れ、蕁麻疹(じんましん)などが見られます。
しかし、医療用手袋などにも使われるので、歯科医院で口の中を診てもらったときに、吐き気やめまい、発作などの症状が出ることもあり、アナフィラキシーショックのケースも報告されています。
手術用手袋の場合は手術時などに体が拒否反応を示す場合があり危険です。
命を守るためにも自分がゴムアレルギーかどうかは知っておいて損がないでしょう。
ゴムアレルギーかどうかは、病院での検査や負荷テストにて知ることができます。

ゴムアレルギーになりやすい人

ゴムアレルギーになりやすいのは、ゴム製品と接する機会の多い医療従事者や患者と言われています。
院内感染を防ぐために、ゴム手袋の使用頻度を高めた病院でゴムアレルギーの患者の数が増えたという報告もあります。
また、ゴムアレルギーの原因となるアレルゲンと似た構造のアレルゲンを持つアボガドやフルーツ類へのアレルギーがある人もかかりやすいと言われています。
このため、ゴムアレルギーはラテックス・フルーツ症候群とまとめて呼ばれることもあります。
しかし、ゴムアレルギーがあるので必ずフルーツ類でもアレルギーが起こるというものではありません。

ゴムアレルギーの治療法

ゴムアレルギーの具体的な治療法はなく、生活の中でゴム製品を避けるようにするしかありません。
ゴム製品は私達のまわりに数多くあり、職場や学校などで使われる機会も多いので注意が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

ほこりアレルギーの特徴

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

ハンノキアレルギーの特徴

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。 ハンノキ

記事を読む

羽毛布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

現在日本には、数えきれないほどのアレルギーが存在しています。 金属アレルギーや食物アレルギー、

記事を読む

タバコアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年はタバコの人への害が注目され、禁煙や分煙などといったタバコを吸わない人への配慮も見られるよう

記事を読む

洗剤アレルギーの特徴

洗剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

洗剤アレルギーの原因は、ある特定の洗剤を使用し、それらが肌に触れるなどする事によって、引き起こす

記事を読む

咽頭アレルギーの特徴

咽頭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 咽頭アレルギーの原因は、花粉症などのアレルゲンがきっかけで発症するケース

記事を読む

フェレットアレルギーの特徴

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと

記事を読む

うさぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うさぎはペットとしても大変人気のある動物です。 室内にケージを置いて、ペット用のうさぎとの生活

記事を読む

no image

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットが

記事を読む

プラスチックアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因として、珍しいものにプラスチックがあります。 プラスチックが製造される過程で使

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑