*

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/06 物理アレルギー


ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。
ラテックスアレルギーとも呼ばれ、こちらの名前のほうが一般的に使われているようです。
ゴム手袋、カテーテル、風船、絆創膏、コンドームなど、ゴムは日常生活で触れる機会の非常に多い素材です。
アレルギー症状を起こす可能性もそれだけ高いと言えるでしょう。

ゴムアレルギーの症状

食物アレルギーとは違い、体の中よりも外の皮膚に触れる機会が多いので、皮膚に関するアレルギーの症状が多いのが特徴です。
赤み、かゆみ、ただれや腫れ、蕁麻疹(じんましん)などが見られます。
しかし、医療用手袋などにも使われるので、歯科医院で口の中を診てもらったときに、吐き気やめまい、発作などの症状が出ることもあり、アナフィラキシーショックのケースも報告されています。
手術用手袋の場合は手術時などに体が拒否反応を示す場合があり危険です。
命を守るためにも自分がゴムアレルギーかどうかは知っておいて損がないでしょう。
ゴムアレルギーかどうかは、病院での検査や負荷テストにて知ることができます。

ゴムアレルギーになりやすい人

ゴムアレルギーになりやすいのは、ゴム製品と接する機会の多い医療従事者や患者と言われています。
院内感染を防ぐために、ゴム手袋の使用頻度を高めた病院でゴムアレルギーの患者の数が増えたという報告もあります。
また、ゴムアレルギーの原因となるアレルゲンと似た構造のアレルゲンを持つアボガドやフルーツ類へのアレルギーがある人もかかりやすいと言われています。
このため、ゴムアレルギーはラテックス・フルーツ症候群とまとめて呼ばれることもあります。
しかし、ゴムアレルギーがあるので必ずフルーツ類でもアレルギーが起こるというものではありません。

ゴムアレルギーの治療法

ゴムアレルギーの具体的な治療法はなく、生活の中でゴム製品を避けるようにするしかありません。
ゴム製品は私達のまわりに数多くあり、職場や学校などで使われる機会も多いので注意が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

プールアレルギー

プール塩素アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プール塩素アレルギーとは? みなさんはプール塩素アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?

記事を読む

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

カビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

高温多湿な日本の環境はカビが好みやすく、発生もしやすい環境となっています。 特に初夏から真夏に

記事を読む

イネ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イネ科アレルギーとは、イネ科の植物に対して体がアレルギー反応を起こすことをいいます。 イネ科の

記事を読む

うさぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うさぎはペットとしても大変人気のある動物です。 室内にケージを置いて、ペット用のうさぎとの生活

記事を読む

no image

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットが

記事を読む

繊維アレルギーの特徴

繊維アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

繊維アレルギーの原因は、化学繊維によって作られた服、雑貨、寝具などを身につける、接触、抵触をする

記事を読む

馬アレルギーの特徴

馬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

馬アレルギーとは? 馬アレルギーは馬の皮膚から出るフケにその原因があるようです。 そのフケが

記事を読む

段ボールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さまざまな場面でその汎用性の高さを披露してくれる段ボールですが、「段ボールに触るとアレルギー反応

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑