*

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/07 物理アレルギー

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットがあります。
しかし、アレルギー性結膜炎などの症状がある場合には、これを悪化させる場合があるので装用することはできません。
また、アレルギーの症状がまだ見られない場合でも、不潔なレンズの装用などで誘発されることも多いので注意が必要です。
花粉症の人は症状が出る季節のみ眼鏡で過ごすなど、負担をかけない工夫が必要となってきます。

コンタクトレンズとアレルギー

アレルギー性結膜炎の場合、なぜコンタクトレンズが装用できないかと言うと、まずコンタクトレンズは目に負担をかけるものだというのが一つの大きな理由です。
目に負担がかかればそれだけアレルギーの症状を誘発、悪化させる可能性があるので、眼科ではまずノーと言われるでしょう。
きちんと洗浄してもある程度の汚れが蓄積していくのも、装用をすすめられない理由の一つです。
不潔なコンタクトレンズの装用は、もともと健康な目であっても悪い影響が出ることが多く、ましてやアレルギーの症状を持つ人にはおすすめできるものではありません。

アレルギーを誘発させないコンタクトレンズとは

目の負担や矯正できる範囲などでハードレンズが推奨されていた時代もありましたが、コンタクトレンズの進化や常に清潔なレンズを使用できるという理由から、ソフトレンズをすすめられることが多くなっています。
コンタクトレンズはどのような種類のものでも目には負担となるので、できる限り負担の少ない種類を選ぶことがアレルギーの誘発予防にも繋がります。
目への負担が少なく、清潔に使えるのは一日で使い捨てるタイプのソフトレンズです。
しかし、これを使う場合にも週に一度は眼鏡で過ごすなどの休眼日を設けることや、必ず一日で使い捨てる用法を守ること、定期的な目の検診を怠らないことが大切です。
使い捨てタイプのソフトレンズはインターネットの通販で安く手に入れることも可能となっていますが、その場合でも定期的な眼科での検診は必要です。

スポンサーリンク

関連記事

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

記事を読む

砂アレルギーの特徴

砂アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

砂アレルギーとは? みなさん砂アレルギーを知っていますか?実は砂アレルギーというものが症状とし

記事を読む

酒アレルギーの特徴

酒アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酒アレルギーについて みなさんは酒アレルギーについて知っていますか? これはお酒やアルコール

記事を読む

インコアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

セキセイインコなど、小鳥をペットとしてかわいがっている人は多いでしょう。 しかし、インコを飼い

記事を読む

アルテルナリアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルテルナリア、日常ではあまり聞くことのない単語です。 これはカビアレルギーの一種である、アル

記事を読む

白樺アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

白樺はおもに北海道に生えている樹木です。 5月初旬から6月いっぱいにかけて花を咲かせます。

記事を読む

コナヒョウダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コナヒョウダニアレルギーとは、喘息やアトピー性皮膚炎の原因ともされるヒョウダニ類にアレルギー反応

記事を読む

ハンノキアレルギーの特徴

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。 ハンノキ

記事を読む

咽頭アレルギーの特徴

咽頭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 咽頭アレルギーの原因は、花粉症などのアレルゲンがきっかけで発症するケース

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑