*

プラセンタアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 物理アレルギー , , , ,

プラセンタアレルギーの特徴

アレルギーの原因

プラセンタアレルギーの原因は、プラセンタを体内に摂取する事で、プラセンタアレルギーを引き起こすのが一般的のようです。
プラセンタとは、胎盤の事をいいますが、プラセンタアレルギーを引き起こす要因、または種類によって原因も人それぞれです。

症状

主に、全身、または身体の一部に赤み、痒み、発疹、かぶれなどが多いように見受けられます。
また、プラセンタを注射、健康補助食品などといった種類のどれかでプラセンタアレルギーの症状も違いがある事が多いようです。

特徴

プラセンタは、人、豚、馬、海洋性、植物性などといった種類があり、
それらの中でアレルギー反応を引き起こすのは、人それぞれであり、様々なのが特徴です。
また、人プラセンタは主に注射で体内に摂取、豚、馬、海洋性、植物性は健康補助食品で体内に摂取が多いようです。
注射プラセンタをされる女性などが増えているようですが、プラセンタ注射でプラセンタアレルギーを引き起こす方もいれば、
アレルギーを引き起こさない方もいる・・・という事例もあるので、一概にどれがいいかとは言えないのが現状でしょう。

治療

上記のように、全身、または身体の一部に赤み、痒み、発疹・・・等と皮膚的症状を発症した場合は、
ただちにプラセンタの使用を中止し、皮膚科などの専門医に受診しましょう。
そして、アレルギー検査をして、アレルゲンがどこにあるかを把握する事も必要です。

注意点

プラセンタは、美容、健康などにいいとされているので、プラセンタ注射や健康補助食品として一般に普及されています。
しかし、体調悪化など体内の免疫力が低下している時に摂取すると、プラセンタアレルギーを発症する事もあったりします。
筆者もプラセンタをサプリメントで摂取した経験がありますが、
プラセンタ自体に効果があったかというと、何とも言えないのが正直なところです。
プラセンタアレルギーが発症した場合は、プラセンタを摂取しないのが、確実的な予防になると言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

低気圧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

天候が悪化すると体調を崩すという人は少なくありません。 その原因の多くは、自律神経の働きと関係

記事を読む

no image

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットが

記事を読む

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

紙アレルギーの特徴・症状

紙アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

紙アレルギーについて みなさんは紙アレルギーが存在することを知っていますか? 日常生活の様々

記事を読む

馬アレルギーの特徴

馬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

馬アレルギーとは? 馬アレルギーは馬の皮膚から出るフケにその原因があるようです。 そのフケが

記事を読む

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

日光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

長時間日光浴をすることで皮がむけたり、肌が赤みを帯びたりすることは珍しくありません。 これは日

記事を読む

化学物質アレルギーの特徴

化学物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化学物質アレルギーの原因は、化学物質で作られたものに接触、抵触などをする事によって、アレルギー反

記事を読む

コナヒョウダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コナヒョウダニアレルギーとは、喘息やアトピー性皮膚炎の原因ともされるヒョウダニ類にアレルギー反応

記事を読む

ヒノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

花粉症のアレルギー症状を引き起こす春の植物というと、スギを思い浮かべる人がほとんどでしょう。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑