*

酒アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 物理アレルギー , , ,

酒アレルギーの特徴

酒アレルギーについて

みなさんは酒アレルギーについて知っていますか?
これはお酒やアルコールを取ると出るアレルギーです。
点滴を行う際にアルコールで消毒した箇所が赤く腫れ上がる人も酒アレルギーやアルコールアレルギーになります。
今回の記事は酒アレルギーについての記事です。

酒アレルギーとは?

酒アレルギーについてですが、お酒やアルコール類を飲むと起きるアレルギーになります。
また、お酒が肌に触れただけでアレルギー反応が起ることがあります。
お酒は調味料として様々なものに使われているので、注意しましょう。
お菓子やチョコレートにもお酒がはいっているものがあります。
食べる際には注意をしましょう。
また、日本酒などだけでなくワインを飲んでも酒アレルギーやアルコールアレルギーが出ることがありますので注意しましょう。

酒アレルギーの症状

顔がまっかになる。顔に赤い斑点ができる。手や足がむくむ。頭痛がする。
酒アレルギーの人はそのような症状がでるようです。
また、人によるのですが、少量を飲むだけだと症状が全く出ないという人もいます。
そのような人は飲み過ぎた場合だけ酒アレルギーやアルコールアレルギーが出ることがあるようです。
体に蕁麻疹が出るという人もいるようです。
また、下痢を起こす人もいるようです。

検査方法は?

では検査方法はどの様な方法を行うといいのでしょうか?
まずは内科に行って下さい。
その内科で、アレルギーの検査をしてもらって下さい。
血液検査や、皮膚のテストを行いアレルギーかどうかを調べるようです。
なぜ酒アレルギーやアルコールアレルギーになるのかというと、体内の肝臓の許容量を超えるアルコールを飲むと酒アレルギーやアルコールアレルギーになるようです。
社会人で働いていると仕事上の付き合いや営業の接待で、飲まなければならない場合が出てくるでしょう。
そのような場合は事前に酒アレルギーであることやアルコールアレルギーであるということを事前に取引先や職場の友人に言っておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

プラスチックアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因として、珍しいものにプラスチックがあります。 プラスチックが製造される過程で使

記事を読む

紫外線アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

紫外線が日焼けやシミの原因になることはよく知られていますが、アレルギー反応が起こることはあまり知

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

カビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

高温多湿な日本の環境はカビが好みやすく、発生もしやすい環境となっています。 特に初夏から真夏に

記事を読む

ヒノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

花粉症のアレルギー症状を引き起こす春の植物というと、スギを思い浮かべる人がほとんどでしょう。

記事を読む

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

雨アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雨の日になるとアレルギーの症状が悪化するという人が少なくありません。 そしてこの現象のことを雨

記事を読む

ハウスダストアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

数あるアレルギーの中でも一番身近で、一番多くの人がかかっているのがハウスダストアレルギーです。

記事を読む

ペットアレルギーの特徴

ペットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ペットアレルギーについて みなさんはダニアレルギーなどは聞いたことがあるでしょうが、ペットアレ

記事を読む

即時型アレルギーの特徴

即時型アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

即時型アレルギーの原因は、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に摂取、接触、抵触、侵入をする事に

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑