*

即時型アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 物理アレルギー

即時型アレルギーの特徴
即時型アレルギーの原因は、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に摂取、接触、抵触、侵入をする事により、短い時間のうちに数種類の症状が発症するものであると言われています。
また、即時型アレルギーの原因となるものは、アレルギー症状を起こすアレルゲンが1つとは限らない場合もあります。

症状

即時型アレルギーの症状は、
・全身、または身体の一部に赤み、痒み、かぶれ、湿疹、発疹、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎などの皮膚的症状
・くしゃみ、鼻づまり、鼻水、アレルギー性鼻炎などの耳鼻的症状
・体の一部に腫れ、頭重、頭痛、涙が出る、眼が充血するなどの症状
・ぜん息、呼吸困難的症状
・・・などがあげられます。
また、酷い場合は、アナフィラキシーショックを引き起こし、最悪は死に至るという症状まで繋がる事もあります。

特徴

即時型アレルギーの特徴は、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンが1つとは限らない場合があり、アレルギーを発症する原因や症状などは、人それぞれにあると見受けられます。
主に、食べ物でのアレルギー、花粉症などがあげられます。

治療

即時型アレルギーの場合は、皮膚的症状が発症した場合は皮膚科に、耳鼻的症状を引き起こした場合は(口腔も含む)耳鼻咽喉科に、
眼の症状であれば眼科、ぜん息、呼吸困難的症状であれば内科、もしくは呼吸器科などの専門医に受診をしましょう。
また、アナフィラキシーの症状を引き起こした場合は、救急の手当てが必要です。
そして出来る事なら、アレルギー科などの専門医に受診をし、アレルギー検査をしてもらうようにしましょう。

注意点

即時型アレルギーの注意点は、上記にもありますが、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に接触、抵触、侵入などをしてから短い時間のうちに発症するものであります。
なので、アレルゲンによっては、知らずのうちに摂取、侵入などをし、アナフィラキシー症状を引き起こすと非常に大変です。
日頃から、自身のアレルゲンが何であるかを把握しておくと、即時型アレルギーの予防対策になるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

記事を読む

水道水アレルギー

水道水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

水道水について みなさんの生活には欠かせない水道水ですが実は水道水でアレルギーが出る人がいるの

記事を読む

ヒノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

花粉症のアレルギー症状を引き起こす春の植物というと、スギを思い浮かべる人がほとんどでしょう。

記事を読む

白樺アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

白樺はおもに北海道に生えている樹木です。 5月初旬から6月いっぱいにかけて花を咲かせます。

記事を読む

ペニシリウムアレルギー

ペニシリウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ペニシリウムアレルギーについて みなさんはペニシリウムアレルギーというものを聞いたことがありま

記事を読む

ナイロンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いまや天然素材の洋服などよりいろいろな面において機能なども優れているといわれている、化学繊維の素

記事を読む

プールアレルギー

プール塩素アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プール塩素アレルギーとは? みなさんはプール塩素アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?

記事を読む

化粧品アレルギーの特徴

化粧品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化粧品アレルギーについて 女性であれば多くの人が使用している化粧品ですが、その化粧品でアレルギ

記事を読む

化繊アレルギーの特徴・症状

化繊アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化繊アレルギーについて みなさんはについて知っていますか? 化繊アレルギー実は化学繊維が肌に

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑