*

雑草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 物理アレルギー

雑草アレルギーの特徴
雑草アレルギーの原因は、主に雑草に紛れて飛来してくる花粉を体内に取り入れてしまう事が多いように見受けられます。
特に、夏、秋の時期に飛来してくる花粉がアレルゲンである場合があるようです。

症状

雑草アレルギーの症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼の腫れ、眼の充血、涙が出る、眼の痒み、喉の違和感や痛み、痒みなどといった症状や、咳、頭痛、呼吸困難的症状などもあげられます。

特徴

雑草アレルギーの特徴は、主に春の終わりの5月から秋の9月、10月(地域にもよりますが)に飛来する花粉がアレルギー反応(アレルゲン)を引き起こすものだと考えられます。
この時期に飛来してくる花粉は、5月、6月にはイネ科の植物、9月の秋からはブタクサ、カナムグラ、ヨモギ、(もちろんイネ科もです)が主になります。
これらの花粉が花粉症となり、症状を引き起こすケースが多いのが特徴といえるでしょう。

治療

雑草アレルギーの治療は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の違和感や痛み、痒みなどの症状が発症した場合は耳鼻咽喉科に、
眼の痒みや腫れ、充血、涙が出るなどといった症状が発症した場合は眼科に、咳や頭痛、呼吸困難的症状が発症した場合は内科、もしくは呼吸器科などの専門医に受診をしましょう。
また、出来る事ならアレルギー科のある専門医に受診をし、アレルギー検査をするようにしましょう。

注意点

雑草アレルギーの注意点は、一番多く花粉が飛来してくる春先ではない時期に現れるのが雑草アレルギーなので、雑草アレルギーの症状が起きた時に風邪と間違えたり、戸惑ったりする事はあるかもしれません。
また、鼻水、鼻づまりなど鼻の症状を放っておくと、ふくびく炎から、酷い場合は蓄のう症にまで併発する事もあります。
眼の症状も放っておくと、アレルギー性結膜炎にまで発症してしまう恐れもあります。
これらの症状を少しでも発症した際は、専門医に受診をし、しっかりと治療をするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コナヒョウダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コナヒョウダニアレルギーとは、喘息やアトピー性皮膚炎の原因ともされるヒョウダニ類にアレルギー反応

記事を読む

水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

普段何気なく口にしている水。 食品にも、飲料水にも、世の中におけるほとんどのものに水は入ってい

記事を読む

ゴキブリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴキブリは私たちの生活の中で害虫と呼ばれ、できるだけ遭遇したくないものとして認識されている昆虫で

記事を読む

造影剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

造影剤というものを知っているでしょうか。 医療の現場で用いられる医薬品で、主に体内に注入して使

記事を読む

ほこりアレルギーの特徴

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

ジェルネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

女性の間でおしゃれの定番となっているジェルネイル。 そんなジェルネイルにもアレルギーがあること

記事を読む

低気圧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

天候が悪化すると体調を崩すという人は少なくありません。 その原因の多くは、自律神経の働きと関係

記事を読む

温泉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

寒くなり冬が近づいてくると、温泉が恋しくなるという人は多いでしょう。 混浴ができる温泉や、美容

記事を読む

電磁波アレルギーの特徴

電磁波アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

電磁波アレルギーとは 電磁波アレルギーとは何でしょうか?電磁波アレルギーとは、別名電磁波過敏症

記事を読む

ナイロンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いまや天然素材の洋服などよりいろいろな面において機能なども優れているといわれている、化学繊維の素

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑