*

アレルギーの検査は、主に「血液検査」「皮膚検査」「負荷試験」の3種類の検査が行われます。

それらの検査について詳しくご紹介いたします。

●皮膚検査
・スクラッチテスト
・皮内テスト

●血液検査
・乳酸脱水素酵素(LDH)検査
・ARC検査
・IgE値の検査
・好酸球検査
・特異的IgE(RAST)検査

●負荷試験」
・食物除去試験
・食物負荷試験

「 アレルギーの検査 」 一覧

特異的IgE(RAST)検査の基準値やわかる事

アレルギー症状の治療では、まずはアレルギーの原因物質を特定することが大切となります。 RAST検査はアレルギーの原因物質を特定するために有用な検査で、アレルギーの疑いがある人の多くはこの検査を受

続きを見る



好酸球検査の基準値やわかる事

アレルギーの検査にはさまざまなものがありますが、そのひとつが好酸球の数を調べる検査です。 この検査について、ここでは解説します。 好酸球とは 好酸球というのは白血球の一種であり、発給細胞

続きを見る

IgE値の検査の基準値やわかる事

アレルギー検査で重要視されるのが、IgE値に関する検査です。 ここでは、その詳細について見ていきましょう。 IgEとは IgEというのは免疫グロブリンEのことで、ほ乳類にだけ見られる糖タ

続きを見る

TARC検査の基準値やわかる事

TARC(thymus and activation-regulated chemokine)は「タルク」あるいは「ターク」と呼ばれる検査で、アレルギーのひとつであるアトピー性皮膚炎の程度を把握す

続きを見る

乳酸脱水素酵素(LDH)検査の基準値やわかる事

『乳酸脱水素酵素(LDH)』というのは、乳酸をピルビン酸という物質に変化させたり、その逆にピルビン酸を乳酸に還元させたりする時に、化学反応の触媒となる働きをする酵素のことです。ここではその詳細につ

続きを見る



スクラッチテストでわかる事

アレルギーの検査にはいろいろな方法がありますが、手軽にできるもののひとつにスクラッチテストがあります。 これはどういった検査なのでしょうか。 スクラッチテストとは スクラッチテストは、ア

続きを見る

皮内テストでわかる事

皮内テストはアレルギーの原因となる物質を特定するための検査です。 アレルギー症状を改善させるためには、原因物質の特定は必要不可欠です。そのため、皮内テストはアレルギーに関わる検査のなかでも重要度

続きを見る

アレルギー性喘息の呼吸機能検査でわかる事

さまざまなアレルギー症状のなかでも、喘息はつらい症状が継続してあらわれることが知られています。 どういった検査が必要になるのでしょうか。 ここでは重要な検査のひとつである、呼吸機能検査について

続きを見る

アレルギー性喘息の気道過敏性試験でわかる事

喘息は日本国内でも比較的発症者が多い疾患で、症状に苦しんでいる人は少なくありません。 喘息の治療ではまずは状態を把握することが大切となります。 喘息に関わる検査はいくつかありますが、気道過敏性

続きを見る

花粉症の目の検査でわかる事

季節性アレルギー性鼻炎である花粉症は、日本人のおよそ25%が発症していると言われるほど、わたしたちにとって身近なアレルギー症状のひとつです。 花粉症は病院で治療することができますが、その前に原因

続きを見る

花粉症の鼻の検査でわかる事

鼻水や鼻づまり、くしゃみなど鼻にまつわる症状が多い花粉症では、鼻に関する検査が行われることがあります。 ここではどんな検査が行われるのか、解説していきます。 鼻鏡検査 鼻鏡検査では、鼻粘

続きを見る

食物アレルギーの為の食物除去試験でわかる事

食物アレルギーの場合、一般的なアレルギー検査でアレルゲンを特定できない場合があります。 そんなときに行われる検査のひとつが、食物除去試験です。 食物除去試験とは アレルギーの原因と推定さ

続きを見る

食物アレルギーの為の食物負荷試験でわかる事

子供に多い食物アレルギーは、ときには重篤な症状があらわれることのあるアレルギーのひとつです。 食物アレルギーの診断に当たってはさまざまな検査がされますが、特に重要視すべきなのが食物負荷試験です。

続きを見る

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑