*

ステロイド薬の特徴や対策を詳しくご紹介!

ステロイド薬について

ステロイド薬は、アトピー、アレルギー性喘息、食物アレルギーなどアレルギー全般の治療に使われています。
ステロイドの持つ抗炎症作用と免疫抑制作用は、とても有効な働きを期待できるものです。
ところが、間違った報道により、ステロイドが恐ろしい薬であるという「ステロイド恐怖症」が一人歩きしているという状況があります。
このような報道が生じたのは、ステロイド薬には深刻な副作用があり、極めて有効である一方で、コントロールしながら用いなければならないこと、自己判断で中断すると「リバウンド現象」が起こることを、医師がきちんと説明せず、安易にステロイド薬が処方されていたという現実があります。
治療に先立って、用いる薬の目的や効果、副作用などを患者が理解できるように説明するというインフォームドコンセントがおろそかになったことで、大々的で誇張的なマスコミの報道に、病気で苦しむ人たちが翻弄されたのは残念なことです。
こちらでは、ステロイドについて詳細にご紹介致します。まずはステロイドについての正しい知識を持つ事が重要な事です。

「 ステロイド 」 一覧

アレルギー性鼻炎:鼻噴霧用ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

アレルギー性鼻炎の治療に用いる鼻噴霧用ステロイド薬は、症状を和らげる対症療法の一つです。 ステロイド薬を内服する全身的療法は、たいへん効果的ですが副作用のリスクも高まります。 一般的に

続きを見る



ステロイド恐怖症

2015/10/22 | ステロイド

ステロイドバッシング 1992年のニュース番組で、キャスターが「ステロイドは最後の最後まで使ってはいけない薬」とコメントしたことに端を発し、その後テレビを中心とした数々のマスコミがステロイドバッ

続きを見る

ステロイド点滴:使うケース、特徴、副作用

2015/10/22 | ステロイド

ステロイドパルス療法 ステロイドの効果が十分でない場合、あるいは急激な発作などを鎮めるためにできるだけ早くステロイド薬の効果を発揮させたい場合に、点滴を用いる場合があります。 この方法は、生理

続きを見る

ステロイド注射:使うケース、特徴、副作用

2015/10/22 | ステロイド

花粉症の場合 基本的に、「注射一本で花粉症が治る」ということはありません。 日本耳鼻科学会と日本アレルギー学会によると、花粉症の治療でステロイド注射(ケナコルトA)を用いることは推奨されない治

続きを見る

経口ステロイド薬:使うケース、特徴、副作用

2015/10/22 | ステロイド

経口ステロイド薬の飲み方 経口ステロイド薬は、朝に多い量を飲むのが普通です。理由は二つあります。 ステロイドホルモンは、1日の中でも早朝につくられます。 なぜかといいますと、人間の体が生命の

続きを見る



アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性皮膚炎の治療薬として用いられるものだと思います。 喘息治療で使われるのが吸入ステロイド薬です。

続きを見る

アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤の上手なぬり方

つらいアトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、乳幼児に始まり、一部成人期まで持続するとのある湿疹性皮膚疾患で、強いかゆみと発疹を繰り返す特徴があります。 アトピー性皮膚炎の診断は非常に強いかゆみ

続きを見る

ステロイドとは?

2015/10/22 | ステロイド

ステロイドは体内にあるホルモン ステロイドは、本来は私たちの体の中の、「副腎」(ふくじん)という器官で産生されるホルモンです。 副腎は、腎臓の上にあるくるみほどの小さな器官で、生命に必要なホル

続きを見る

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑