*

アレルギー性喘息を詳しくご紹介!

アレルギー性ぜんそく

最近、ぜんそくを発症する方が増えていると言われ、その原因は大気汚染や化学物質、多くのストレスなどによる影響で、アレルギー性ぜんそくが増えている為です。
小児喘息はもちろんですが、中高年になって発病する方も少なくありません。
喘息は、気管支の炎症が原因で起こる病気で、症状が軽いという事で放置していて、完治していくという病気ではありません。
また、発作が激しい場合には、特に高齢の場合には生命の危険も伴う病気です。
こちらでは、喘息の治療と対策について詳しくご説明しています。
ぜひこの機会に、ご参考にしていただき、なるべく早い対策をお願いいたします。

「 アレルギー性喘息 」 一覧

アレルギー性喘息への酒・タバコの影響とは?

タバコはもちろんのこと、お酒も喘息にとってはよくない影響を与えます。 まずタバコについてですが、タバコを吸うと吸い込まれた煙が気管支を刺激します。 そうすると、その刺激によって咳の回数

続きを見る



アスピリン喘息の防止対策について

アスピリンだけでなく、様々な非ステロイド剤により誘発されて起こるのが、アスピリン喘息と呼ばれるものです。これは気管支喘息の患者が薬を服用してから、だいたい10分前後から数時間以内に発症し、比較的軽

続きを見る

運動誘発喘息の防止対策について

運動などで体を激しく動かせば息が切れ、ゼーゼーと呼吸が荒くなってしまうのは正常な状態ですが、喘息を抱えている方の場合は運動により喘息症状があらわれ、通常よりも長く厳しい息切れを感じてしまいます。

続きを見る

インフルエンザの感染に要注意!

喘息を抱えていると呼吸がつらい症状に悩まされることから、同じく呼吸を困難とする風邪、そしてインフルエンザといった症状と組み合わされることで、さらに状態は悪くなり、危険度も高まります。 とくに

続きを見る

アレルギー性喘息:気管支拡張薬の使い方のポイント、副作用

気管支拡張剤とは、気管支平滑筋の収縮を緩めて気道を広げ、呼吸を楽にするのが目的の薬です。 発作を起こしていない時の予防薬として使用され、長時間作用型β2刺激薬、テオフィリン徐放薬、抗コリン薬

続きを見る



アレルギー性喘息:抗アレルギー薬の使い方のポイント、副作用

抗アレルギー薬は予防薬として、他の薬と組み合わせたりして使用されることが多い薬です。 つまり、発作をおきにくくするタイプのいわゆる長期管理薬というものなので、発作がおきてから使用しても効果は

続きを見る

アレルギー性喘息:経口ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

経口ステロイド薬は、喘息の治療薬として最も効果のある抗炎症薬であるといわれています。 経口とは口からいれるという意味です。 なので、経口ステロイド薬というのは飲み薬のタイプのステロイド

続きを見る

アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性皮膚炎の治療薬として用いられるものだと思います。 喘息治療で使われるのが吸入ステロイド薬です。

続きを見る

アレルギー性喘息とは?発作の症状と対処について

アレルギー性喘息は命を落とすこともある 喘息は、重症、軽症を問わず、慢性の炎症による気管障害です。 発作がなく落ち着いているときでも、実際のところ患者の気管には炎症が起こっています。 こ

続きを見る

腹式呼吸で喘息のつらさを和らげる

喘息を患っていると、通常よりも呼吸が困難になります。 症状が悪化して呼吸がつらくなるほどの運動など、激しい行動はもちろんのこと、階段をのぼったり降りたりという日常行動にまで支障をきたしかねま

続きを見る

成人喘息は完治する事はあるのか?

喘息は子どものかかる病気のイメージが強く、また子どもの頃に患ってしまい、大人になっても困ってしまうイメージがあるでしょう。 しかしながら、喘息は大人になってから急に発症することもあり、これま

続きを見る

喘息への影響多大か?ストレスとの関係は?

喘息の原因は多々考えられており、ストレスもその一つとされています。 とくに成人してから急に喘息を発症するという成人気管支喘息の場合は、仕事や私生活で受けるストレスが原因ではないかと考えられる

続きを見る

喘息に効くツボマッサージで症状改善!

体のさまざまなところに張り巡らされている神経を刺激することは、適切なツボを押すことで疲れを取り除いたり、病気時の調子を良くしたりするなどの効果を発揮します。 喘息は一度かかってしまうと一生抱

続きを見る

喘息発作が起こりやすい時期・季節・天候を知ろう

突然に症状があらわれ呼吸困難の危険すらある喘息は、日常生活において非常に厄介なだけでなく、時には命の危険すら招きかねません。 病気には時期や季節、天候により症状があらわれやすい場合もあります

続きを見る

小児喘息の短期治療の可能性は?

小児喘息のお子さんを抱えている方は、喘息を患っている子どものことを十分に理解し、ご自身が喘息であると考えるのと同じくらい、症状に気をつけてあげなければいけません。 長期治療で苦労するというイ

続きを見る

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑