*

アレルギー性喘息を詳しくご紹介!

アレルギー性ぜんそく

最近、ぜんそくを発症する方が増えていると言われ、その原因は大気汚染や化学物質、多くのストレスなどによる影響で、アレルギー性ぜんそくが増えている為です。
小児喘息はもちろんですが、中高年になって発病する方も少なくありません。
喘息は、気管支の炎症が原因で起こる病気で、症状が軽いという事で放置していて、完治していくという病気ではありません。
また、発作が激しい場合には、特に高齢の場合には生命の危険も伴う病気です。
こちらでは、喘息の治療と対策について詳しくご説明しています。
ぜひこの機会に、ご参考にしていただき、なるべく早い対策をお願いいたします。

「 アレルギー性喘息 」 一覧

アレルギー性喘息への酒・タバコの影響とは?

タバコはもちろんのこと、お酒も喘息にとってはよくない影響を与えます。 まずタバコについてですが、タバコを吸うと吸い込まれた煙が気管支を刺激します。 そうすると、その刺激によって咳の回数

続きを見る



アスピリン喘息の防止対策について

アスピリンだけでなく、様々な非ステロイド剤により誘発されて起こるのが、アスピリン喘息と呼ばれるものです。これは気管支喘息の患者が薬を服用してから、だいたい10分前後から数時間以内に発症し、比較的軽

続きを見る

運動誘発喘息の防止対策について

運動などで体を激しく動かせば息が切れ、ゼーゼーと呼吸が荒くなってしまうのは正常な状態ですが、喘息を抱えている方の場合は運動により喘息症状があらわれ、通常よりも長く厳しい息切れを感じてしまいます。

続きを見る

インフルエンザの感染に要注意!

喘息を抱えていると呼吸がつらい症状に悩まされることから、同じく呼吸を困難とする風邪、そしてインフルエンザといった症状と組み合わされることで、さらに状態は悪くなり、危険度も高まります。 とくに

続きを見る

アレルギー性喘息:気管支拡張薬の使い方のポイント、副作用

気管支拡張剤とは、気管支平滑筋の収縮を緩めて気道を広げ、呼吸を楽にするのが目的の薬です。 発作を起こしていない時の予防薬として使用され、長時間作用型β2刺激薬、テオフィリン徐放薬、抗コリン薬

続きを見る

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑