*

橋本病の原因・症状・検査・治療について

公開日: : 自己免疫疾患

橋本病の原因

甲状腺が慢性的な炎症状態になる疾患のことを、橋本病と言います。
1912年に九州大学の外科医であった橋本策博士が、この病気についての論文を発表したことから、この名前がつけられました。
甲状腺に関する病気は女性がかかりやすいという特徴がありますが、橋本病はこの傾向が顕著に見られます。
男女比に関しては、約1対20~30近くにもなると言われています。
発症年齢は成人が多く、特に30~40歳代が発症しやすいと言われています。
幼児や子供が発症することもありますが、その割合はごくわずかです。
甲状腺が炎症を起こす原因は、自己免疫だと考えられています。
免疫というのは、もともとは外部の的から自らの体を保護するためのものですが、自分の体に反応して自分自身を攻撃してしまうことがあります。
その状態を自己免疫と言い、橋本病をはじめとしてさまざまな病気の原因となっています。
この自己免疫がどういったメカニズムで起こるのかということは、現状では解明にいたっていません。
橋本病のケースでは、自己免疫が甲状腺に反応して、甲状腺が慢性的な炎症状態となります。
橋本病は甲状腺のみに炎症が起こるため、それほど大きな問題とはなりません。
橋本病を発症した多くの人は甲状腺が炎症状態となっているだけで、甲状腺そのもの働きは正常と言えます。
ただし、炎症が悪化すると甲状腺の機能低下などが起こるため、注意が必要です。
また、橋本病を発症すると甲状腺ホルモンが上昇することがあり、バセドウ病と勘違いされるケースもあります。

橋本病の症状

甲状腺は予備機能にすぐれた臓器なので、多少こわれても甲状腺ホルモンを生成する働きが落ちることはないでしょう。
しかし、甲状腺全体が破壊されると、当然ながら甲状腺の働きは低下します。
橋本病は甲状腺の炎症状態となるという病気ですが、炎症は急激に起こるのではなく少しずつ進んでいくため、発熱や痛みなどはともないません。
橋本病の症状は、甲状腺自体にあらわれるものと、機能低下によって生じるものがあります。
甲状腺自体に起こるものとしては腫れがありますが、軽度の場合が多く、巨大化しなければ呼吸困難やものが飲み込みにくいといった症状はまず見られません。
飲み込みづらくなる、器官が圧迫されるといった症状はあらわれませんが、首の前が腫れたようになることはあります。
人によっては違和感を強く感じることもあるため、その場合は治療が必要になります。
またごくわずかですが、腫れがひどく強い圧迫感を感じる人がいますが、手術にまでいたることはほとんどないでしょう。
甲状腺の働きについてもほとんどは問題になるほどは低下しないため、自覚症状が見られないこともしばしばあります。
しかし、年齢を重ねていくにつれて甲状腺低下症が高頻度で起こるようになり、最終的には軽度なものも入れると20~30%は機能低下が生じると言われています。
橋本病でもっとも問題となるのが、この甲状腺低下症です。
甲状腺低下症となると、物忘れや皮膚のかさつき、経血量の増加、抜け毛、肥満傾向、便秘、寒がり、顔や手のむくみといった症状が見られるようになります。
これらの症状や傾向は中年以降の女性に多く見られるため、こういった症状があったからといって必ずしも甲状腺低下症とは限りません。
しかし、万が一ということもあるので、検査はしておいたほうがいいでしょう。
また、橋本病は慢性化した炎症ですが、まれに炎症が悪化して甲状腺からホルモンが漏れ出るケースがあります。
こうなると甲状腺ホルモンが過剰となって、体重減少や動悸、発汗などの症状が起こるようになります。
バセドウ病はこの状態が継続しますが、橋本病の場合は炎症がおさまると数ヶ月程度で甲状腺機能はもとに戻ります。
また、回復の途中で一時的に働きが落ちることがあり、これを無痛性甲状腺炎と呼びます。
この状態はバセドウ病に近いため、医師が判断を誤る場合があります。
そして抗甲状腺薬が投与されて強い機能低下症に陥ることがあるので、注意しなければいけません。
また、橋本病を発症後に悪性リンパ腫が生じることがあります。
悪性リンパ腫は体中のリンパ腫が腫れるという病気ですが、甲状腺のみに生じるケースがあります。
割合的にはごくわずかですが、圧迫感が強くなった、急激に甲状腺が巨大化したという場合はすみやかに医師に相談することが大切です。

橋本病の検査

橋本病はバセドウ病などと区別することが重要となるため、そのための検査が必要になります。
バセドウ病と区別するためには、甲状腺ホルモンの生成が上昇していないかを確かめなければいけません。
甲状腺機能を調査するためには、血液における甲状腺ホルモン濃度を測ります。
また、下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンを測定することも、診断するうえで大切となります。
わずかでも甲状腺ホルモンが足りていないと、その状態を下垂体が敏感に察知して甲状腺刺激ホルモンを増量します。
そのため、血液中の濃度が上昇するのです。
つまり、甲状腺刺激ホルモンがわずかにでも上昇していたら、甲状腺ホルモンが足りていないということになり、甲状腺の働きが落ちていると推定できます。
また、甲状腺機能低下症では血液に含まれるコレステロールが増加するので、これをきっかけに甲状腺機能低下症が発見されることもあります。
甲状腺の抗体検査が行われる場合もあります。
甲状腺腫があり、さらに甲状腺機能低下症が見られれば橋本病であることはほぼ間違いありませんが、甲状腺機能に異常が見られない場合があります。
そういった場合は、甲状腺の組織成分に対する抗体の有無を調べて、それによって診断を下します。
血液検査などで抗体を調査しても明確な結論が得られない場合は、細胞検査に移行します。
甲状腺を形成する細胞を細い注射針を用いて吸い出し、調査します。
痛みをともなう検査ということもあって、頻繁に行われることは少なく、がんと区別したい場合などに用いられる方法です。
甲状腺のサイズを測定するために、超音波検査が行われることもあります。

橋本病の治療
甲状腺の慢性炎症という橋本病の症状は、自己免疫によって生じます。
しかし、橋本病の根本原因である自己免疫から病気を治癒することはむずかしいと言えます。
そのため、炎症によって生じる甲状腺の腫れと、甲状腺機能低下を改善することが治療の主体となります。
甲状腺機能がどの程度低下しているかによって選択される治療方法は変わってくるので、まずは詳細な検査が必須となるでしょう。
甲状腺機能に問題がない場合は、甲状腺が変形することなく大きくなっているだけと考えられます。
それは悪性のものではないため、多くの場合は体になんらかの異常が生じることはありません。
甲状腺の腫れが気になる人、あるいは喉に違和感を感じる人の場合は甲状腺ホルモンを投与して小さくすることもありますが、ほとんどは治療しなくても問題ないでしょう。
ただし、この場合でもなんらかの異変が将来的に起こる可能性はあるので、経過観察は重要となります。
1年に1~2度くらいの頻度で、甲状腺ホルモンや甲状腺のサイズを調べて問題が起こっていないか確認するようにしましょう。
血液に含まれる甲状腺ホルモンは正常値ですが、下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンがやや高い軽度の甲状腺機能低下症を潜在性甲状腺機能低下症と言います。
この状態に対しては血液中のTSH値が10μU/ml以上である場合、甲状腺刺激ホルモンが10μU/mlを下回っても、動脈硬化症を促す高血圧や喫煙、糖尿病、脂質代謝異常がある場合、おなかの中に赤ちゃんがいる場合などは甲状腺ホルモン投与の対象となります。
また、甲状腺腫が大きい、甲状腺機能低下症と一致する症状が見られる、排卵異常をともなう不妊症女性、抗甲状腺抗体が陽性である場合も、治療の検討がされます。
甲状腺刺激ホルモンが高くなっているだけでなく、甲状腺ホルモン値が低下していると、むくみや寒さを感じやすいといった甲状腺機能低下症の症状が見られるようになります。
こういった場合は体への影響が大きいことから、足りていない甲状腺ホルモンを補充しなければいけません。
合成サイロキシンという薬をわずかに服用し、時間をかけて服用量を増やしていきます。
副作用を恐れて、薬を飲むのをいやがる人がいますが、この薬は甲状腺ホルモンと近いものなので副作用の心配はそれほどありません。
しかし、投与量は厳密でなければならず、わずかでも投与量が多くなると、体にはさまざまな影響がおよぼされます。
心房細動などの不整脈の発生率上昇、骨量の減少といった影響があらわれるので、適正な投与量が保たれることが大切となります。
薬の量が不足して、甲状腺ホルモンが十分に足りない状態が継続されるのもよくありません。
動脈硬化や精神機能低下などの悪影響が及ぼされるので、注意する必要があります。
適正な量を投与されているのかということは、定期的な検査を受けて確かめることが大切です。
自覚症状が見られないからといって安心せずに、きちんと検査を受けるようにしましょう。
特に妊娠中は体調が不安定になるので、こまめな受診は欠かせません。
また、薬の服用を怠るとせっかくよくなっていた数値が、もとどおりになってしまうことがあります。
そうなると、また少量の服用からスタートしなければならないので、服用期間が延長されてしまうことになります。
ほかの病気などの薬を服用する場合でも、甲状腺ホルモン薬は服用を中止しないようにしましょう。
甲状腺機能に異常が見られない人、もしくは甲状腺機能低下症が起きていても薬を服用することで甲状腺ホルモン濃度が正常値を示しているという人は、生活上の制限などは特に設けられていません。
食事療法は必要ありませんし、旅行や運動などの制限もないので、ごく普通の日常生活を送る分には問題ありません。

スポンサーリンク

関連記事

サットン後天性遠心性白斑・サットン母斑の原因・症状・検査・治療について

サットン後天性遠心性白斑・サットン母斑の原因 母斑細胞母斑、すなわちほくろを中心に丸くて白い白

記事を読む

自己免疫性溶血性貧血の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性溶血性貧血は、免疫が赤血球をまるで異物のように攻撃することによって起こる貧血です。

記事を読む

線状IgA水疱性皮膚症の原因・症状・検査・治療について

線状IgA水疱性皮膚症の原因 線状IgA水疱性皮膚症は、体中にかゆみを伴う紅斑ができ、そのまわ

記事を読む

後天性表皮水疱症の原因・症状・検査・治療について

後天性表皮水疱症の原因 基底膜部と真皮の結合部分である係留線維には、タイプVIIコラーゲンとい

記事を読む

常性白斑の原因・症状・検査・治療について

尋常性白斑の原因 病名に含まれる「尋常性」というのは「ありふれた」といった意味で、その名が示す

記事を読む

天疱瘡の原因・症状・検査・治療について

天疱瘡の原因 天疱瘡は皮膚にさまざまな大きさの水疱ができる病気で、多くの場合前兆症状がありませ

記事を読む

原発性硬化性胆管炎の原因・症状・検査・治療について

原発性硬化性胆管炎の原因 原発性硬化性胆管炎は、慢性化した炎症の影響で胆管が細くなって、胆汁が

記事を読む

類天疱瘡の原因・症状・検査・治療について

類天疱瘡の原因 類天疱瘡は皮膚に水疱性皮疹が生じる自己免疫性皮膚疾患のひとつで、高齢者に多く見

記事を読む

1型糖尿病の原因・症状・検査・治療について

1型糖尿病の原因 インスリンを生成する膵臓を形作る細胞が、破壊もしくは消失することで起こる疾患

記事を読む

自己免疫性内耳障害の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性内耳障害の原因 自己免疫性内耳障害は免疫担当細胞もしくは自己抗体によって起こる、内耳

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑