*

巨赤芽球性貧血の原因・症状・検査・治療について

公開日: : 自己免疫疾患


ビタミンB12あるいは葉酸の欠乏によって、血液の成分が正常につくられなくなり、巨大な赤血球ができてしまうことによって引き起こされる貧血です。
骨髄のなかの赤芽球(赤血球のもとになる細胞)が大きくなり、巨赤芽球と呼ばれる巨大な赤芽球がつくられてしまいます。
骨髄で血液をつくる能力は上がりますが、赤血球になる前に壊れてしまい、貧血が起こります。

赤血球だけではなく、白血球や血小板にもあらわれるため、血液成分のなかのすべての血球が少なくなります。
ビタミンB12の欠乏によって、手足のしびれや歩行障害、興奮や軽い意識の混濁などの精神症状をきたすこともあります。
一般的な貧血症状(動悸、息切れ、疲れやすさ、全身の倦怠感、頭が重い感じ、顔面蒼白)などのほかに、舌の表面がつるつるになって味覚を感じにくくなり、食欲不振、白髪などの症状もみられます。

巨赤芽球性貧血の原因

ビタミンB12の摂取が不足しているだけではなく、胃腸の切除手術などによってビタミンB12が吸収されなくなって起こります。
胃腸の手術から5~7年経って巨赤芽球性貧血の症状がはじめてあらわれます。
これは、ビタミンB12は食物からの摂取が容易な上、肝臓に蓄えられているためです。

一方、葉酸は体内貯蔵量が少ないので、妊娠、造血機能の亢進(溶血性貧血)、炎症、白血病、がんなどによって欠乏しやすいです。
また、慢性アルコール中毒の人は、小腸において葉酸の吸収が阻害されてしまい、巨赤芽球性貧血の原因になります。

巨赤芽球性貧血の症状

貧血に体が順応してしまうために、巨赤芽球性貧血の初期では、明らかな貧血症状がでないこともあります。
一般的な貧血の症状に加えて、舌の炎症、知覚の低下、年齢に不相応な白髪、手足のしびれなども出ます。

ビタミンB12の欠乏によって認知症のような症状がでたり、葉酸の不足によって筋肉が萎縮したり下痢が起こることもあります。

巨赤芽球性貧血の検査

血液検査によって、異常な大きさや形の血球がないかどうかを検査します。
数年前に胃腸の摘出手術などがないかを問診で確認します。
骨髄の検査をすることもあります。

巨赤芽球性貧血の治療

筋肉注射でビタミンB12を体内に補給します。
極端なベジタリアンでなければ、ビタミンB12は不足することない栄養素ですので、この病気になっている人は、ビタミンB12が吸収されていないか、体のなかで利用が増大していると考えられます。

腸を切除していたり、病変があったり、病原微生物がいる場合はB12はうまく吸収されません。
また、妊娠や悪性腫瘍、白血病などの場合は、ビタミンB12の需要が増え、体内で不足します。

葉酸はお薬によって補います。
定期的な注射と服薬によって、一ヶ月程度で完治します。

スポンサーリンク

関連記事

線状IgA水疱性皮膚症の原因・症状・検査・治療について

線状IgA水疱性皮膚症の原因 線状IgA水疱性皮膚症は、体中にかゆみを伴う紅斑ができ、そのまわ

記事を読む

限局性強皮症の原因・症状・検査・治療について

強皮症は、全身性強皮症と限局性強皮症に分けられますが、両者はまったく別の病気です。 限局性強皮

記事を読む

ギラン・バレー症候群の原因・症状・検査・治療について

ギラン・バレー症候群の原因 ギラン・バレー症候群は筋肉の動作に欠かせない運動神経に障害が起こり

記事を読む

重症筋無力症の原因・症状・検査・治療について

重症筋無力症の原因 筋肉と末梢神経の接合箇所に生じる自己免疫疾患で、筋肉側の受容体が自己免疫の

記事を読む

1型糖尿病の原因・症状・検査・治療について

1型糖尿病の原因 インスリンを生成する膵臓を形作る細胞が、破壊もしくは消失することで起こる疾患

記事を読む

自己免疫性内耳障害の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性内耳障害の原因 自己免疫性内耳障害は免疫担当細胞もしくは自己抗体によって起こる、内耳

記事を読む

原田病の原因・症状・検査・治療について

原田病の原因 原田病は、ベーチェット病、サルコイドーシスとともに、日本国内では比較的発症しやす

記事を読む

自己免疫性溶血性貧血の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性溶血性貧血は、免疫が赤血球をまるで異物のように攻撃することによって起こる貧血です。

記事を読む

自己免疫性好中球減少症の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性好中球減少症の原因 血液に含まれる好中球が激減することを好中球減少症と言います。

記事を読む

原発性甲状腺機能低下症の原因・症状・検査・治療について

原発性甲状腺機能低下症の原因 甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌がされにくくなって活動性が

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑