*

花粉症の外出時の注意や対策について

公開日: : 最終更新日:2015/09/18 花粉症 , , , ,

花粉症の外出時の注意や対策について
花粉症の原因となる花粉は、当然ながら外にたくさん飛散していますから、外出時にそれなりの注意や対策をすることが必要となります。

ここでは、有効と思われる外出時の注意や対策をご紹介しておきましょう。

まずは、テレビやインターネットを通じて、『花粉情報をマメにチェックしておくこと』が大切です。

対策を講じるには、花粉の状況を知ることが必要ですが、今では天気予報でも花粉情報は頻繁に教えてくれますので、それをしっかりと活用しましょう。

特に晴天や曇天の日は花粉が多くなりやすいですし、気温が高く湿度が低い日も花粉が飛散しやすい状況になりますから、そのような時には次のような対策をしましょう。

もしも可能であれば、『外出を控えめにする』ということが一番の対策となります。

外に出なければ花粉に接触すること自体が減りますから、当然ながら花粉症がひどくなる心配はありません。

どうしても出かけなければならない時には、帽子や眼鏡、マスクを着用するなどの『完全防備』を心がけてください。

実際に、それらのものを着用するだけでかなりの花粉を防ぐことができます。

また、花粉を家に持ち込まないよう、ツルッとした素材のアウターを着ることも大切です。

さらに、帰宅時には『玄関先で花粉を全て払い落とす』ようにして、室内に持ち込まないように注意しておきましょう。

その上で、『洗顔・うがい・手洗いを励行』するということも大切です。

これらのことを気をつけておけば、外出時の花粉被害を最小限にとどめられるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症のステロイド注射について

花粉症のステロイド注射について

「注射を一本打てば、花粉症の1シーズンを快適に過ごせる」ということで、一時期もてはやされていたの

記事を読む

花粉症の室内での注意や対策について

花粉症の室内での注意や対策について

外出しなければ花粉の心配はないかというと、残念ながらそういうわけいもいきません。花粉は小さなもの

記事を読む

花粉症の原因について

花粉症の原因について

花粉症を引き起こす直接的な原因は、言うまでもなく「花粉」ですね。花粉症の原因とされている植物は約

記事を読む

花粉症が急激に増えた原因について

花粉症が急激に増えた原因について

花粉症の原因自体が、まだまだ解明されていませんから、花粉症が急激に増えた原因も特定されてはいない

記事を読む

花粉症とは

今では、誰も知らない人がいないといえるほど多くの人に発症している『花粉症』ですが、意外と医学的な

記事を読む

花粉症の抗原となる植物の特徴・・・飛散・時期・特徴など

『オオアワガエリ』は、5月から8月の夏時期に花粉が飛散する植物で、種類としてはイネ科・アワガエリ

記事を読む

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

今のところ、花粉症を根治させるような決定的な薬というのは存在していませんが、花粉症の症状を抑える

記事を読む

花粉症の局所ステロイド投与について

花粉症の局所ステロイド投与について

花粉症の治療法の一つとして、『局所ステロイド投与』というものがあります。ステロイドといえば、様々

記事を読む

花粉症の減感作療法について

花粉症の減感作療法について

『減感作療法』というのは、『アレルゲン免疫療法』とも呼ばれているもので、アレルゲンとなる花粉をほ

記事を読む

花粉症のレーザー治療について

花粉症のレーザー治療について

花粉症に対する外科的療法の一つとして、『レーザー治療』も行われています。一般的には、花粉症の治療

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑