*

好酸球検査の基準値やわかる事

公開日: : アレルギーの検査


アレルギーの検査にはさまざまなものがありますが、そのひとつが好酸球の数を調べる検査です。
この検査について、ここでは解説します。

好酸球とは

好酸球というのは白血球の一種であり、発給細胞内に顆粒をつくり出すことができるのひとつのことを顆粒球と言います。
その核は普通は2分葉で細いクロマチン糸で連結され、細胞周縁に点在しています。細胞のサイズは好中球などと比べて少し大きく、直径10~15μmほどです。
健康な人の血液のなかには1マイクロリットルあたり100?500程度見られ、血液に含まれる白血球の7%未満と言われています。

好酸球は寄生虫などの脅威から体を保護する免疫機能として働きますが、アレルギー反応によって起こる炎症の一因となり得ます。
好酸球の数が増えることで起こる病気に好酸球増加症がありますが、これは寄生虫や異常細胞、アレルギー反応の原因となる物質などに対する生体反応です。

一方で好酸球が減少する好酸球減少症という病気もありますが、これはストレスやクッシング症候群などが原因で起こります。
その働きはほかの免疫系によって補完されるため、通常は病気には発展しませんが、なんらかの原因で好酸球に関わる病気を発症することがあるのです。

好酸球とアレルギー

好酸球に関しては判明していることもありますが、はっきりとわかっていないことも少なくありません。
気管支炎やアレルギー性鼻炎を発症した人は、好酸球の値が高くなることがわかっています。
これは好酸球とアレルギーの間に関係性があるからですが、病気や寄生虫の影響でもこの数値は上昇します。

気管支喘息などは炎症している箇所に好酸球は集中し、この好酸球からさまざまな分泌物が分泌され喘息の症状が起こると言われています。
好酸球から放出される顆粒という物質は殺菌力が強く、炎症状態となっている箇所の細胞を死滅させます。
そして好酸球が炎症個所に攻撃を加えると細胞が繊維状に変化して本来の機能を発揮させることができなくなります。

好酸球を活性化させる原因と言われているのが、サイトカインのインターロイキン5と呼ばれる物質です。なんらかの原因でこのインターロイキン5がたくさん分泌されるようになると、好酸球が活性化した状態となります。
原因はいろいろ考えられますが、ほかの病気で使用されるステロイド薬なども原因のひとつです。

好酸球の検査

好酸球の数を調べるには、医療機関で血液検査を受ける必要があります。
好酸球は健康上の問題がなければ、白血球の2~5%ほどをしめる程度です。しかし、アレルギー反応が生じていると、この割合が増加すると言われています。
白血球数の基準値がおよそ3,500~9,000/mm3とされているので、このうち好酸球の通常割合は70~450mm3が基準値内ということになります。

ただし、この基準値というのはあくまでも目安であって、基準値から外れたからといって必ずしも異常があるというわけではありません。
検査方法や数値のとらえ方によって、好酸球の基準値を2~7%と設定することもあります。とはいえ、アレルギー症状を示すひとつの数値であることはまちがいないため、診断の参考にはなるでしょう。
特にアトピー症状が悪化した人が検査を受けると、好酸球数の数値が20%を超えることもあります。

鼻汁好酸球検査とは

鼻汁好酸球検査というのは綿棒などで鼻汁を採取してスライドガラスにのせて、ハンセル液染色したあとに顕微鏡で観察するというものです。
好酸球は赤色に、好中球や細菌は青色に染色されるので、鼻汁中に含まれる好酸球の量が明らかになります。
アレルギー性鼻炎の場合、好酸球が血液だけでなく、鼻水のなかでも増加すると言われています。

鼻汁好酸球検査によって鼻水のなかで好酸球増加が確認されるかどうかは、診断するうえの参考データとなります。
また、症状の原因でとなるアレルゲンの存在が確かだということになれば、確定診断に至ります。
鼻汁好酸球検査は鼻に関わるアレルギー症状の疑いがある場合に実施されることが多いでしょう。

検査結果が比較的早く出ること、手軽にできることから最初の検査として実施されることも多いようです。
また、鼻に関するアレルギー症状の治療を一定期間行ったのちに、その効果がどの程度あらわれたかといったことを調べるために行われる場合もあります。
鼻汁好酸球が陽性で、さらに鼻水や鼻づまりといった症状があらわれている場合は、アレルギー症状が疑われます。
花粉症や食物アレルギーの発作時にも鼻汁に含まれる好酸球が増加することがあるので、原因を特定するためにはほかの検査も必要です。

ほかの検査と併用

好酸球が増えているかどうかはアレルギー反応が出ているかどうかの鑑別で重要な意味を持ちますが、どのタイプのアレルギーでも好酸球が増えるというわけではありません。特にアトピー性アレルギーの場合は、好酸球の増加が見られないこともあるため、ほかの検査も必要となります。
また、好酸球増多は発作の程度によっても変わりますが、通常は発作後30分ほどではじまり、数時間でピークをむかえて消失すると考えられています。

発作直後に出る水性鼻水には好酸球はそれほど見られず、湧出が落ち着いて水粘性を帯びた鼻汁のなかに増加します。そのため、検査のタイミングも大切となるでしょう。
また、好酸球数の増加はアレルギー以外のほかの原因でも起きることがあります。
悪性腫瘍、血管や消化器、臓器の異常などで好酸球が増えることがあるので、この検査だけでアレルギーだと断定はできません。
そのため、ほかの検査や問診、診察などが重要となります。

特にアトピー性皮膚炎は検査だけでなく、皮膚の状態をよく観察する必要があります。
好酸球数の数値だけで、今後の治療方針を決定するのは危険なので、あくまでも参考データとして頭に入れておく程度で問題ないでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症の目の検査でわかる事

季節性アレルギー性鼻炎である花粉症は、日本人のおよそ25%が発症していると言われるほど、わたした

記事を読む

スクラッチテストでわかる事

アレルギーの検査にはいろいろな方法がありますが、手軽にできるもののひとつにスクラッチテストがあり

記事を読む

アレルギー性喘息の気道過敏性試験でわかる事

喘息は日本国内でも比較的発症者が多い疾患で、症状に苦しんでいる人は少なくありません。 喘息の治

記事を読む

特異的IgE(RAST)検査の基準値やわかる事

アレルギー症状の治療では、まずはアレルギーの原因物質を特定することが大切となります。 RAST

記事を読む

食物アレルギーの為の食物除去試験でわかる事

食物アレルギーの場合、一般的なアレルギー検査でアレルゲンを特定できない場合があります。 そんな

記事を読む

アレルギー性喘息の呼吸機能検査でわかる事

さまざまなアレルギー症状のなかでも、喘息はつらい症状が継続してあらわれることが知られています。

記事を読む

食物アレルギーの為の食物負荷試験でわかる事

子供に多い食物アレルギーは、ときには重篤な症状があらわれることのあるアレルギーのひとつです。

記事を読む

皮内テストでわかる事

皮内テストはアレルギーの原因となる物質を特定するための検査です。 アレルギー症状を改善させるた

記事を読む

花粉症の鼻の検査でわかる事

鼻水や鼻づまり、くしゃみなど鼻にまつわる症状が多い花粉症では、鼻に関する検査が行われることがあり

記事を読む

乳酸脱水素酵素(LDH)検査の基準値やわかる事

『乳酸脱水素酵素(LDH)』というのは、乳酸をピルビン酸という物質に変化させたり、その逆にピルビ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑