*

食物アレルギーの為の食物除去試験でわかる事

公開日: : 最終更新日:2016/01/29 アレルギーの検査


食物アレルギーの場合、一般的なアレルギー検査でアレルゲンを特定できない場合があります。
そんなときに行われる検査のひとつが、食物除去試験です。

食物除去試験とは

アレルギーの原因と推定される食物を試験的に完全除去して、症状に変化が見られるかを観察することを食物除去試験と言います。
期間は場合によって異なりますが、2週間程度行うのが一般的です。

赤ちゃんにアレルギー反応が見られる場合は、授乳によってアレルギー物質が赤ちゃんに摂取されている可能性があります。
そのため、赤ちゃんはもちろん、母親も食物を除去しなければいけません。
ほんのわずかな量であっても摂取しては検査の意味がなくなってしまうため、対象となる食物は厳密に取り除く必要があります。

摂取を控えた食物がアレルギーの原因であれば、除去期間を設けることで症状が改善されるはずです。
症状に変化が見られない場合は、その食べ物でアレルギーが起きているわけではないと考えられます。

そのため、ちがう食物に対して再び食物除去試験を行う必要があります。
食物除去試験によってアレルギーが起こる原因が明らかになれば、それに合わせたこまやかな治療を大なうことができます。

食物除去試験の注意点

食物除去試験はそれなりに信頼性のある検査と言えますが、特定の食物の摂取を控えて皮膚症状などに変化が見られたというだけでは、十分な診断ができない場合があります。
食物アレルギーだけであれば問題ありませんが、アトピー性皮膚炎などが起こっている場合はその信頼性にはゆらぎが生じます。
なぜなら、アトピー性皮膚炎は食生活だけでなく、環境やスキンケアなどの影響も色濃く受ける症状なので、その影響によって症状が改善している可能性も否定できないからです。

食物アレルギーの疑いがある場合、血液検査や皮膚検査などを実施して、ある程度見当がついた段階で食物除去試験を行うのが一般的な流れです。
しかし、場合によってはこういった流れから外れた形で、診断に至るケースもあります。

それは食物を摂取してから短時間でアナフィラキシーショックなどの重篤な症状があらわれた場合です。
このケースでは因果関係が明らかなので、確定診断に至りやすいのです。

逆に言えば、こういったショック型の反応がないのに検査などをせずに食物アレルギーと診断するのは根拠に乏しいと言えます。
食物アレルギーの診断においては血液検査や皮膚検査は補助的な役割であって、これだけで除去する食物を決定するのは危険です。

特に乳幼児に多いアトピー性皮膚炎の場合、全部が食物アレルギーが原因となって発症しているとは限りません。
にもかかわらず、血液検査のみで診断して除去を行うというのは、繊細さに欠けると言えるでしょう。

食というのは人間が生きていくうえで欠かせない要素ですし、特に成長中の乳幼児にとって日々の食事はとても重要なものです。
その乳幼児に不要な食事制限を設けると言うことは、発育に悪影響を及ぼすことになりかねません。
さらには、栄養管理を行う人にとっては不要な労力や努力を要することになるでしょう。

食物除去試験のあと

食物除去試験によってアレルギーの原因が明らかにされたら、基本的にはその食物の除去は継続されます。
これはどの年代であっても、基本的にはみな同じです。

乳幼児のアトピー性皮膚炎の場合は、一般的に6ヶ月~1年を目安に食事制限を継続します。
その後の経過観察や皮膚検査、血液検査などを受けて、問題ないと医師が判断したら注意しつつ摂取を開始します。

皮膚検査や血液検査が陽性であっても、その食べ物が食べられるようになることもあります。
しかし、食物を食べたあとにショック状態となる場合は、簡単にはいかないでしょう。

場合によっては呼吸困難や血圧低下など重篤な症状があらわれることもあるため、長期間にわたって除去を継続しなければいけない場合もあります。
症状の強さによっては、生涯にわたって特定の食物の除去をつづけなければいけないこともあります。

ただし、子供の場合は成長にともなってアレルギー症状が起こらなくなることもあるので、経過観測をつづけることがまずは重要だと言えます。
いずれにしても、自分の判断で除去をしていた食物を口にする、あるいは子供に食べさせることは危険なので、避けるべきです。

食物除去試験や食物除去は医師の指導のもと行うのが鉄則です。
期間中に体の異変を感じたら、ささいなことでも医師に相談して、指示を仰ぐことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

アレルギー性喘息の呼吸機能検査でわかる事

さまざまなアレルギー症状のなかでも、喘息はつらい症状が継続してあらわれることが知られています。

記事を読む

スクラッチテストでわかる事

アレルギーの検査にはいろいろな方法がありますが、手軽にできるもののひとつにスクラッチテストがあり

記事を読む

アレルギー性喘息の気道過敏性試験でわかる事

喘息は日本国内でも比較的発症者が多い疾患で、症状に苦しんでいる人は少なくありません。 喘息の治

記事を読む

花粉症の鼻の検査でわかる事

鼻水や鼻づまり、くしゃみなど鼻にまつわる症状が多い花粉症では、鼻に関する検査が行われることがあり

記事を読む

好酸球検査の基準値やわかる事

アレルギーの検査にはさまざまなものがありますが、そのひとつが好酸球の数を調べる検査です。 この

記事を読む

特異的IgE(RAST)検査の基準値やわかる事

アレルギー症状の治療では、まずはアレルギーの原因物質を特定することが大切となります。 RAST

記事を読む

花粉症の目の検査でわかる事

季節性アレルギー性鼻炎である花粉症は、日本人のおよそ25%が発症していると言われるほど、わたした

記事を読む

IgE値の検査の基準値やわかる事

アレルギー検査で重要視されるのが、IgE値に関する検査です。 ここでは、その詳細について見てい

記事を読む

皮内テストでわかる事

皮内テストはアレルギーの原因となる物質を特定するための検査です。 アレルギー症状を改善させるた

記事を読む

食物アレルギーの為の食物負荷試験でわかる事

子供に多い食物アレルギーは、ときには重篤な症状があらわれることのあるアレルギーのひとつです。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑