*

プラチナアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/09/28 金属アレルギー


プラチナはアレルギーが起こりにくい素材とされていますが、プラチナにも種類があり、「プラチナ」と呼ばれているものでも実際はアレルギーを起こしやすい金属と中身が変わらない場合もあるので注意しなければなりません。

金属アレルギーが起こりやすい金属の種類は?

最も金属アレルギーを起こしやすいとされるのがニッケルです。
続いてすず、クロム、アルミニウム、鉄などが挙げられます。
プラチナは比較的金属アレルギーが起こりにくいと言われていて、金や銀、イリジウムと並ぶ安全性があります。
ただし油断は禁物で、一般的に手に入れられるアクセサリー等のプラチナは合金がほとんどで、硬く耐久性を保つためにパラジウムが含まれています。
パラジウムは金属アレルギーが起こりやすい金属の一種です。

金属アレルギーはどうして起こる?

金属が肌の上で溶け出してしまうと、その成分がアレルギーの原因になります。
硬い金属が溶けるとはどういうことかと思う人も多いかもしれません。
溶けると言っても肌の上でドロドロになるわけではなく、汗などが触れることで不安定になった金属からアレルギーの原因となる成分が徐々に溶け出すイメージです。
汗と空気中の有害物質が混ざり合うことで、金属の成分が溶けやすい環境ができやすいのも大きな原因です。

金属アレルギーを予防するには

アレルギーはいつ、どんな環境で起こるかを予想するのが難しい病気です。
それまでは平気でも突然アレルギーの反応を起こす場合もあります。
例えば結婚指輪など、日常的に身につけていたいアクセサリーもほとんどは金属が素材です。
赤ちゃんが金属アレルギーになってしまい、指輪をつけたまま触れ合うのが不可能になったり、自身が金属アレルギーになってしまうと、せっかくの指輪を身につけることができなくなります。
さまざまな可能性を考え、金属アレルギーを起こしにくい素材のアクセサリーを選んでいくのも予防の大きなポイントです。
汗をかきやすい環境下では身につけている金属を外すなど、日常生活での工夫が効果的です。

スポンサーリンク

関連記事

鉄アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アクセサリーを身につけていたら、知らない間に肌が炎症を起こしていた、といった経験をしたことがある

記事を読む

腕時計アレルギーの特徴

腕時計アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

腕時計アレルギー 実は腕時計アレルギーというものがあることをご存知ですか?これは腕語形の後ろに

記事を読む

パラジウムアレルギーの特徴

パラジウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パラジウムアレルギーについて みなさんはパラジウムアレルギーについてどの様な知識をお持ちですか

記事を読む

チタン 金属アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アクセサリーやピアスなどを身に着けていて、身に着けていた部分が赤くかぶれたり、腫れあがったり痒く

記事を読む

ニッケルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ニッケルは、金属の中でも一番アレルギーを起こしやすい材質として問題になっています。 どうし

記事を読む

真鍮アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間が生活を営んでいく中で、欠かせないのがお金。 お金には紙幣と硬貨があります。 硬貨には一

記事を読む

ステンレスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ピアスやネックレス、イヤリングなど、女性たちがさまざまな装飾品を身に着けるのがブームになっている

記事を読む

レジンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

レジンというものが何か聞いたことがあるでしょうか。 レジンは別名「紫外線硬化樹脂」といいま

記事を読む

シルバー 金属アレルギーの特徴

シルバー 金属アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 アクセサリーなどの装飾品が皮膚に触れる事により、金属の性質が体内に侵入し、発

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑