*

腕時計アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/11/19 金属アレルギー

腕時計アレルギーの特徴

腕時計アレルギー

実は腕時計アレルギーというものがあることをご存知ですか?これは腕語形の後ろに付いている金属版があり、その金属に反応してアレルギー症状が起こることをいいます。
つまり、金属アレルギーになるのです。

また、腕時計だけではなく、ピアスなどでアレルギー症状がでることがあります。
金属アレルギーの場合はどうしたらいいのでしょうか?まずは、金属を身につけないことが重要です。

アレルギーの原因物質を遠ざけることが重要になります。
腕時計で金属板を使用していないものを見つけるのは中々難しいので、携帯電話で時間を確認するようにしたほうがいいかもしれませんね。
以外なところでは、鉄などではなく、チタンで作られた腕時計をしようしたら非常に効果がでやすいようです。

腕時計の金属アレルギーの実際の症状

では、金属アレルギーの実際の症状はどのようなものになるのでしょうか?まず代表的なのは金属と皮膚が触れ合う部分にぶつぶつができたり、炎症がおこり、痒みがおこります。

金属の大きなアレルゲンの物質

金属でアレルギーを起こす物質は大きく分けて4つあります。
まずはニッケルです。
次にクロムです。
そしてコバルトです。
最後に水銀です。

病因は皮膚科かアレルギー専門の内科を受診するようにしましょう。
検査の内容としてはパッチテストが代表的です。

パッチテストは、費用としては2000円以下で行えます。
腕時計を付けてアレルギー症状が起こった場合の原因としてはクロムや腕時計の皮部分を製品化する過程で使用されるなめし剤によるものがおおくなります。

処方される薬は?

実際に処方される薬はステロイドが一番多いようです。
これは炎症を起こした患部に塗るタイプの薬で、非常にポピュラーなものになっています。

腕時計でアレルギーになった場合はなるべく腕時計をつけないようにしましょう。
また、金属アレルギーの場合は指輪も金属になりますので、注意が必要です。
もし、金属アレルギーになったらはやめに病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

鉄アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アクセサリーを身につけていたら、知らない間に肌が炎症を起こしていた、といった経験をしたことがある

記事を読む

チタン 金属アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アクセサリーやピアスなどを身に着けていて、身に着けていた部分が赤くかぶれたり、腫れあがったり痒く

記事を読む

ニッケルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ニッケルは、金属の中でも一番アレルギーを起こしやすい材質として問題になっています。 どうし

記事を読む

プラチナアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プラチナはアレルギーが起こりにくい素材とされていますが、プラチナにも種類があり、「プラチナ」と呼

記事を読む

真鍮アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間が生活を営んでいく中で、欠かせないのがお金。 お金には紙幣と硬貨があります。 硬貨には一

記事を読む

シルバー 金属アレルギーの特徴

シルバー 金属アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 アクセサリーなどの装飾品が皮膚に触れる事により、金属の性質が体内に侵入し、発

記事を読む

ステンレスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ピアスやネックレス、イヤリングなど、女性たちがさまざまな装飾品を身に着けるのがブームになっている

記事を読む

レジンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

レジンというものが何か聞いたことがあるでしょうか。 レジンは別名「紫外線硬化樹脂」といいま

記事を読む

パラジウムアレルギーの特徴

パラジウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パラジウムアレルギーについて みなさんはパラジウムアレルギーについてどの様な知識をお持ちですか

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑