*

膠原病とは・・・原因・症状・治療・検査などのご紹介

公開日: : 膠原病


『膠原病』というのは、全身にある複数の臓器や結合組織に異常が起こり、機能障害をもたらす疾患群の総称です。
結合組織は全身のいたるところにあるため、内蔵や関節、皮膚、筋肉、血管など、様々な場所に病変が起こるものです。
膠原病の原因は、主に免疫システムの異常と考えられていて、本来なら異物から身体を守るはずのものが自分の身体を攻撃する抗体を作ってしまうことから、”自己免疫疾患”と呼ばれることもあります。
膠原病という名称は、1942年にクレンペラーという人が提唱したものです。
原語では、『collagen-vascular disease』というもので、これが膠原病と翻訳されました。
似たような疾患として、自己免疫疾患やリウマチ性疾患、結合組織疾患などがありますが、膠原病はこの3つ重なったものとして考えられることもあります。
膠原病の典型的な症状には、発熱や皮疹の他に、倦怠感、関節痛や関節炎、筋肉痛、内臓異常、レイノー現象などがあり、どちらかと言えば女性に多いようです。
遺伝的な要因と環境的な要因の両方が発症に関与すると言われていますが、今のところはまだ完全には解明されていません。
現状、主な治療法としては、副腎皮質ステロイドなどの免疫抑制剤が用いられています。
しかし、最近になって新たにTNFα阻害薬と呼ばれる薬をはじめとした生物学的製剤というものが導入されるようになり、治療法自体も大きく変わってきているようです。

膠原病の原因について

膠原病の原因については、まだハッキリと解明されていないというのが現状です。
というのも、膠原病という考えが発表されたのが1942年ですので、まだ70年ほどしか経っていないということもあり、未だに研究されている途中だからなのです。
今のところ、もっとも有力とされているのは、遺伝と免疫異常、そして環境という3つのリスクが因子となっているというもので、この中のどれか1つだけではなく、2つないし3つが重なりあった時に膠原病が発症すると考えられています。
1つ目の遺伝については、膠原病自体が遺伝するというわけではないのですが、膠原病にかかりやすい体質というものがありますので、遺伝がまったく無関係とは言い切れません。
2つ目の免疫異常は、自分の身体にある成分を外から侵入してきたものと勘違いして攻撃してしまうというもので、”自己免疫疾患”とも呼ばれています。
3つ目の環境による影響については、何らかの感染症によって抗体をつくるリンパ球の活動が活発になったり、服用した薬物の影響で体質に影響を与えたり、他にアレルギーや妊娠・出産、外傷や手術、ストレスなどが挙げられていて、これにより免疫異常を引き起こすと考えられています。
中でも、直接の原因と考えられているのは免疫異常です。
これは、遺伝などの先天的な要因と、環境による後天的な要因のどちらも引き金となりえますが、遺伝は自分ではコントロール出来ないことですし、環境に関しても特別なものではなく誰もが経験する可能性が高いものばかりですので、『これさえ避ければ膠原病を予防できる』という決定打のようなものは、まだ見つかっていません。
今後の研究が期待されるところですね。

膠原病の主な症状について

膠原病は、様々な病気の総称ですので、その症状も色々な形で現れてくるものです。
大まかには、『全身の症状』、『関節の症状』、『筋肉の症状』、『皮膚や粘膜の症状』などに分けることができます。
1つ目の『全身の症状』は、発熱や体重の減少の他、疲れやすくなったりリンパ節が腫れたりといったものが代表的です。
特に発熱は多くの患者さんに見られますが、微熱が続く人や高熱が出る人、発熱と解熱を繰り返す人など、その出方は様々なようです。
2つ目の『関節の症状』は、関節リウマチがもっともよく知られていますね。
他にも、ベーチェット病やスチル病、全身性エリテマトーデス、痛風などの病気があります。
3つ目の『筋肉の症状』は、とくに運動したわけでもないのに全身に筋肉痛がある、というような形で表れてくるものです。
他に、朝起きようとしてもなかなか体が動かないというような場合もあります。
4つ目の『皮膚や粘膜の症状』は、皮膚に赤い斑点が出る”紅斑(こうはん)”が代表的です。
また、手指の皮膚の色が変わる”レイノー症状”や、”皮膚の硬化”なども、よく見られる症状です。
粘膜系では、”眼がゴロゴロする”とか、”口が乾きやすくなる”といった症状が出る場合もあります。
最初のうちは症状も小さいため、ついつい見逃してしまうことが多いのですが、手遅れにならないよう、自分の身体に少しでも異変を感じたら専門医に相談し、診察を受けるようにしてください。

リウマチ性疾患について

『リウマチ性疾患』というのは、関節や筋肉、そして骨などが痛くなる病気を総称している言葉です。
関節が痛くなる病気は多いですので、そのすべてがリウマチとは言い切れませんから、自分で判断するのではなく、専門医に診断してもらうようにしましょう。
リウマチ性疾患は、”免疫の異常が原因とされるもの”、”細菌やウイルス感染が原因とされるもの”、”代謝の異常が原因とされるもの”、”外傷や加齢が原因とされるもの”、”ストレスなど心因性疼痛症候群が原因とされるもの”といった5つに分けることができます。
ですが、これらのリウマチ性疾患がすべて膠原病に含まれるのかというと、決してそういうわけではありません。
膠原病に含まれるのは、主に”免疫の異常が原因とされるもの”で、代表的なものとして『全身性エリテマト-デス(SLE)』、『関節リウマチ(RA)』、『強皮症(PSS)』、『結節性多発動脈炎(PN)』、『多発性筋炎/皮膚筋炎(PM/DM)』、『リウマチ熱(RF)』などがあり、最近では『混合性結合組織病(MCTD)』なども含められることがあるようです。
リウマチ性疾患も膠原病も、特定の病気を表わす名称ではなく、様々な病気の総称ですから、今後それぞれの研究が進んでいくと分類し直されるようなものも出てくるかもしれません。
最近では、”古典的膠原病”と呼ばれるものの他に、症状や治療法が似ている”膠原病類縁疾患”と呼ばれるリウマチの症状もあるようです。

混合性結合組織疾について

『混合性結合組織病』とは膠原病の一種で、1972年にアメリカのミズーリ大学教授であるゴードン・シャープによって提唱された、歴史の新しい病気です。
英語名ではmixed connective tissue diseaseであることから、頭文字を取ってMCTDと呼ばれることもあります。
混合性という名がついている通り、『全身性エリテマトーデス(SLE)』、『全身性強皮症(SSc)』、『多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)』といった3つの症状が混在していて、さらに血清中に『抗U1-RNP抗体』が高い値で検出されるというものです。
一般的に混合性結合組織病は、膠原病の重複症候群の中の一つとみなされていますが、アメリカでは全身性強皮症の1病系であるという説が強い支持を集めているようです。
主な症状として、手指が白くなるレイノー現象や手の腫脹、発熱、顔面紅斑、リンパ節腫脹、多発関節炎、皮膚の硬化、筋力低下や筋肉痛、肺高血圧症、無菌性髄膜炎、三叉神経障害などが見られます。
ただ、他の膠原病と同様、原因がハッキリしていないため、決定的な治療法というのは存在していません。
そのため症状や重症度に応じて、副腎皮質ステロイド薬などを用いた薬物療法が中心となっています。
日本では、平成20年の調査によると、約8600人の混合性結合組織病患者が登録されていて、圧倒的に女性が多いようです。
その男女比は、1:13~16と言いますから、かなりの数にのぼりますね。
また、年齢別に見ると30~40代に集中しているようですが、子どもや高齢者にも発症していますので、年齢にかかわらず注意は必要といえるでしょう。

膠原病の治療について

膠原病は、その原因がハッキリと解明されていないため、決定的な治療法というものは今のところ存在していません。
そのため、現時点では対症療法としての薬の投与が中心となります。
具体的には、『ステロイド剤』と『免疫抑制剤』ですね。
膠原病が体内の正常な細胞や組織を攻撃することで症状が現れる病気ですから、これらの薬によって免疫力を抑えるということになります。
ところが、当然ながらその働きにより、外部から侵入するウイルスや細菌、寄生虫などに対する抵抗力も抑えられてしまいますので、服用する際には適切な量を守る必要があります。
必ず、医師から処方された量を正確に服用するようにしてください。
また、ステロイド剤や免疫抑制剤は効果も高いですが、同時に副作用の心配もありますので長期間の使用は極力避けたいものです。
そのためには、早期発見~早期治療が大切。
ですから、少しでも膠原病らしき症状が出ていると感じたら、すぐに専門医の診察を受けるようにしてください。
そして、できるだけ短期間で治療が済むように、医師の指示を徹底的に守ることが大切です。
治療が長引くと、薬の副作用の心配もありますし、中途半端な治療で病気が再発するような状況が繰り返されると、臓器に深刻なダメージを与えてしまうという可能性も高くなってしまうのです。
そうならないために、早期発見、早期治療、そして短期集中で改善することを心がけてください。
それが、膠原病を改善する最善の方法といえます。

膠原病の検査について

「膠原病かもしれない」という疑いがあるとき、最初に行われるのは検査です。
膠原病の初期症状は、発熱や筋肉痛など、風邪に似ていることも多いのですぐに判断することが難しいものです。
ですが、適切な治療を行うためには病気の特定が必要なことは言うまでもありませんから、検査によって判断していきます。
膠原病の検査として行われるのは、『血液検査』、『画像診断』、『生検』の3つです。
まず『血液検査』では、白血球・赤血球・血小板の数、CRP値、自己抗体などが調べられます。
これらの状態を見ることで、膠原病かどうか、また膠原病でもどのような種類なのかが特定できます。
次の『画像診断』では、主にX線検査や超音波検査などが行われます。
膠原病なら、様々な臓器が炎症を起こしますので、それを調べるためにX線検査などは最適の検査法といえるでしょう。
また、超音波検査は身体への負担が少ないですので、安心して受けることができます。
最後の『生検』は、湿疹などが出ている場合に、皮膚の一部を切り取り、その状態を見るという検査です。
SLEという病気の場合、針を腎臓に刺して炎症の度合いを測り、治療方針を決定していきます。
これら3つの検査を通じて、膠原病かどうか、また膠原病ならどのような種類のものなのかを判断し、それに基づいて治療法が決定されていきます。
当然ながら、これらの検査は自分では行えませんので、少しでも体調に異変を感じたら、専門医の診察を受けるようにしてください。

膠原病の合併症について

膠原病だけでも厄介な病気なのですが、そこに合併症が重なってしまうということも少なくありません。
ただ、実際には膠原病の合併症と言うよりも、”膠原病の治療が原因となっている合併症”と言うほうが正確かもしれません。
どういうことかというと、膠原病の治療にはステロイド剤や免疫抑制剤などが主に用いられますが、これらの薬の働きにより免疫機能が抑えられ、それが原因となって合併症を起こしてしまうことがほとんどなのです。
膠原病患者が起こす合併症の代表的なものとしては、”感染症”、”骨壊死”、”白内障”、”緑内障”、”骨粗しょう症”、”動脈硬化症”、”胃潰瘍”、”シェーグレン症候群”などが挙げられます。
では、これらの合併症を起こさないためには、どのようなことに気をつければいいのかというと、特に難しいことではなく次のような日常的なことに注意してください。
『睡眠を十分に取る』、『身体を冷やさない』、『うがいや手洗いはこまめに』、『外出の際は紫外線に注意』、『バランスの良い食事』、『ストレスを溜めない』、『ケガに注意する』、『適度に運動する』など、いわゆる健康的な生活習慣を心がけるようにすることが大切です。
ただ、これらは簡単そうに見えて、実際に行うのは難しいともいえますので、できることから一つずつ実践していくようにしてみてください。
また、免疫力を低下させないためには、膠原病の治療自体を長引かせないということが一番大切といえます。
ステロイド剤や免疫抑制剤を長期服用すると、免疫力の低下だけでなく副作用も現れますから、さらに身体は弱りやすくなり合併症を起こす確率も上がります。
そうならないよう、医師の指示を的確に守り、なるべく短期間で集中的に治療を完了するように心がけてください。

スポンサーリンク

関連記事

シェーグレン症候群の原因・症状・検査・治療・予防などを詳しく

シェーグレン症候群(しぇーぐれんしょうこうぐん)とは、自己免疫疾患の一種であり、唾液腺や涙腺など

記事を読む

多発性筋炎の原因・症状・検査・治療などを詳しく

筋炎とは、手足などの筋肉に原因不明の炎症ができて、力が入らなくなったり、筋肉痛を起こす病気です。

記事を読む

全身性硬化症の原因・症状・検査・治療などを詳しく

全身性硬化症は強皮症のうち、症状が皮膚だけにとどまらず、内臓にまで及ぶ病気です。 全身の皮膚が

記事を読む

成人スティル病の原因・症状・検査・治療などを詳しく

小児期に発症した関節リウマチのうち、関節の症状だけでなく高熱と発疹をきたす病気のタイプを、「ステ

記事を読む

抗リン脂質抗体症候群の原因・症状・検査・治療などについて

抗リン脂質抗体症候群 どんな病気(概要) 抗リン脂質抗体症候群(こうりんししつこうたいしょうこ

記事を読む

ベーチェット病の原因・症状・検査・治療などを詳しく

ベーチェット病とは、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つの炎症を主な症状と

記事を読む

全身性エリテマトーデスの原因・症状・検査・治療などを詳しく

全身性エリテマトーデスは、英語でsystemic lupus erythematpsusといい、

記事を読む

Wegener肉芽腫症の原因・症状・検査・治療などを詳しく

ウェゲナー肉芽腫症は、1939年にドイツの病理学者によって報告された疾患で、中~小血管の壊死性血

記事を読む

膠原病に類する主な病気の概要・症状・治療など

全身性エリテマトーデスの概要・症状・治療などについて こちらでページを独立して、詳しくご紹介し

記事を読む

強皮症の原因・症状・検査・治療などについて

強皮症 どんな病気(概要) 強皮症(きょうひしょう)とは、おもに皮膚が硬化したり線維化したり症

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑