*

薬・抗生物質と免疫力アップの関係とは?

公開日: : 免疫


生きている中で、人はたくさんの病気を経験します。
病気を経験することで、体内に「抗体」がつくられて、次にその病気にかかったときに治りが早くなったり、病気自体を跳ね返す力になったりします。
これが免疫力となるのです。
しかし、それでも治らないときや、まったく新しい病気にかかってしまったとき、症状を抑えて素早く治すために、「抗生物質」などの薬を飲みます。

抗生物質乱用は危険

抗生物質は、体内の病原菌が活動するのを抑えるはたらきがあります。
病気の原因自体を退治する薬なので、病院から処方されたぶんはしっかり飲みきる必要があります。

しかし、抗生物質を飲むと、病原菌を自分自身で退治する力が付きません。
抗生物質が病気を治すので、抗体がつくられず、またその病気にかかる可能性は残ったままです。
しかも、そのときも抗生物質やそのほかの薬を飲まなければなりません。

抗体ができる過程をなくしてしまうので、病気に強い体づくりができなくなってしまうのです。
抗生物質は、病気を素早く治すためには必要不可欠です。
知らないあいだに周囲に感染させてしまう恐れも少なくなります。

ですが、人の体のためにつくられた薬でも、後々のことを考えると、病気に弱い体をつくってしまう原因ともなりうるのです。
病院では抗生物質を用いることには慎重になっています。
それだけ、強い影響力があるのです。

市販薬の飲み過ぎはやめましょう

市販されている薬や、抗生物質以外の薬の作用で、免疫力が一時的に低下する場合もあります。
普段から頭痛で悩んでいたり、慢性的な胃の不調を抱えていたりする場合などは、薬を常用しているという人も少なくないでしょう。
しかしながら、漫然と薬を飲んでいても、根本的な解決にはなりません。

それどころか、薬が免疫力を低下させてしまい、新たな病気にかかってしまうリスクを高めているのです。
気になる症状が続くときは、安易に薬で解決せずに、医師に相談しましょう。
自己判断よりも効果的な治療ができます。

生活習慣から免疫力を高める

また、日常的に、病気に負けない体をつくる努力をしたいもの。
薬や抗生物質に頼らなくてもいい体を、生活習慣の中でつくるのです。

バランスのいい食事、適度な休養、ストレスをためないことなど、薬の利用と生活習慣の改善、両方に向き合うことをおススメします。

スポンサーリンク

関連記事

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

肥満細胞とヒスタミンの関係

肥満細胞はその形状が肥満のよう見えることから呼称されたもので、肥満とは直接的関係はありません。

記事を読む

免疫力は健康の要です。免疫力についての基礎知識

免疫とは病気を免れることであり、体を守るために区別し排除する働きのことを免疫力といいます。 体

記事を読む

免疫力アップと運動との関係とは?

「運動は体に良い」というのはよく聞く話です。 でも一概に「運動は体に良い」とはいっても、色々と

記事を読む

加齢と免疫力アップの関係とは?

年齢を重ねるごとに、病気にかかりやすくなっている。 そう感じる人は少なくないでしょう。 そう

記事を読む

抗ヒスタミン薬の働き・とり方・副作用・代表的な製剤などについて

温熱や寒冷、薬、食物などさまざまな物理的刺激がきっかけとなって、皮膚組織内に存在する肥満細胞から

記事を読む

ヘルパーTh17細胞とは

ヘルパーTh17細胞というのは、白血球のひとつであるヘルパーT細胞のサブセットです。 比較的最

記事を読む

レセプターとは

レセプターは細胞に存在し、細胞の外からもたらされるいろいろなシグナル分子を選択的に受容するたんぱ

記事を読む

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、そしていろいろな種類の白血球が集合して生

記事を読む

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。 これらはそれぞれ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑