*

レセプターとは

公開日: : 最終更新日:2016/03/08 免疫


レセプターは細胞に存在し、細胞の外からもたらされるいろいろなシグナル分子を選択的に受容するたんぱく質のことを指し、受容体とも呼ばれています。
レセプターはわたしたち人間の体にとってなくてはならないもので、体内で重要な働きをします。
シグナル分子としては、いろいろな生理活性物質やホルモン、神経伝達物質などが挙げられます。
細胞膜にみられるものがほとんどですが、細胞質もしくは核内にあるものもあります。
細胞膜にみられる受容体は、4つに分けることができます。

ひとつがGたんぱく質結合型受容体で、7回膜貫通型と呼ばれる構造をもちます。
シグナル分子が結合することでGたんぱく質が活発な状態となり、特定の二次メッセンジャーを合成する酵素が活性化、もしくは不活性化されて、細胞反応が起こります。
神経伝達物質、アドレナリン受容体、アデノシン受容体、ロドプシンなどほとんどのペプチドホルモンの受容体がこれに分類されます。

2つ目がイオンチャンネル型受容体というもので、シグナル分子の結合によって受容体のもつ構造は変わります。
そして特定のイオンが通過できるように、膜電位が変わります。
どのイオンを通過させるのかということは、イオンチャネルのもつ特徴によってかわってきます。
骨格筋の細胞膜に存在するニコチン型アセチルコリン受容体などがこれに分類されます。

3つ目がサイトカイン受容体スーパーファミリーです。
シグナル分子が結合を果たすと受容体は2重の構造となって、それがチロシンキナーゼと働きあって活発な状態となります。
さまざまなサイトカインの受容体、プロラクチン受容体などがこれに分類されます。

4つ目が固有の酵素活性をもつ受容体です。
シグナル分子が結合を果たすと、細胞質側のドメインのチロシンキナーゼ活性やグアニル酸シクラーゼ、ホスファタ―ゼ活性などの高まりが確認されます。
ほとんどの成長因子やインスリン受容体などがこれに分類されます。

スポンサーリンク

関連記事

便秘と免疫力アップの関係とは?

毎日のお通じで、お腹はスッキリしているでしょうか? とくに女性に多いのが、便秘の悩みです。

記事を読む

肥満細胞とヒスタミンの関係

肥満細胞はその形状が肥満のよう見えることから呼称されたもので、肥満とは直接的関係はありません。

記事を読む

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されており、それを抗体もしくは免疫グロブリンと呼

記事を読む

補体とは

特定の細菌に対して、免疫を保持した人間の血清を混ぜると細菌がこわれてしまいます。 ところが、こ

記事を読む

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。 ここでは

記事を読む

抗ヒスタミン薬の働き・とり方・副作用・代表的な製剤などについて

温熱や寒冷、薬、食物などさまざまな物理的刺激がきっかけとなって、皮膚組織内に存在する肥満細胞から

記事を読む

笑いと免疫力アップの関係とは?

テレビを見たり、本を読んだりなど、毎日一度は声を出して笑うことがあるでしょう。 この、毎日笑う

記事を読む

免疫力アップと運動との関係とは?

「運動は体に良い」というのはよく聞く話です。 でも一概に「運動は体に良い」とはいっても、色々と

記事を読む

腸管免疫の働きや仕組み

腸管は人間にとってなくてはならない器官で、食物から取り入れられた栄養素やエネルギーを消化・吸収す

記事を読む

風邪の発熱とサイトカインの関係

風邪にはさまざまな症状がありますが、風邪を引いて発熱するというのは珍しいことではありません。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑