*

B細胞と抗体による体液性免疫

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 免疫


免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。
ここではそのなかの体液性免疫についてみていきます。

なんらかのきっかけで、体のなかにウイルスなどの抗原が入り込むことがあります。
そのままにしておくと体に悪影響が及ぼされるため、特定の細胞がこの抗原をとらえようと働きかけます。
この働きをもつのが、マクロファージという細胞です。
マクロファージによってつかまえられた抗原は、そのまま情報を解析されます。
そして、ヘルパーT細胞というものに、どういった抗原が体に入り込んで、これに対抗するための抗体を生成するように指令を発します。

必要な情報を受け取ったヘルパーT細胞は抗体の対処方を割り出して設計図のようなものをえがきます。
そして、次にB細胞と呼ばれる抗体を生成するように指令を出します。
つまり、マクロファージが収集した情報に沿って、ヘルパーT細胞が対処方法と抗体の設計図を描き、B細胞で実際に抗体を作り出します。

ヘルパーT細胞から出た指令を受け取ったB細胞は、抗体生産細胞(形質細胞、プラズマ細胞)にかわります。
この際に最初に生成した抗体の情報を記憶するようになシステムが体内では構築されているのです。
抗体を生成した形質細胞は、抗体を体中に行き渡らせるため、体液中に放出して拡散させていきます。
これが体液性免疫の一連の流れです。

アトピー性皮膚炎の原因のひとつはダニだと言われていますが、こういったアレルゲンは体のなかに侵入しても細胞を破壊したり、そのまま定着したりするといった細胞レベルでの危険はありません。
ただし、血液中あるいは組織液、リンパ液に溶けた状態で存在します。
こういった場合はヘルパーT細胞などによって抗体がつくられ、アレルゲンに対抗することになります。
これも体液性免疫に分類される、免疫の働きということになります。
こういった働きを利用して、薬剤が開発され、病気の治療に利用されることもあります。

スポンサーリンク

関連記事

補体とは

特定の細菌に対して、免疫を保持した人間の血清を混ぜると細菌がこわれてしまいます。 ところが、こ

記事を読む

肥満細胞とヒスタミンの関係

肥満細胞はその形状が肥満のよう見えることから呼称されたもので、肥満とは直接的関係はありません。

記事を読む

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。 これらはそれぞれ

記事を読む

免疫力は健康の要です。免疫力についての基礎知識

免疫とは病気を免れることであり、体を守るために区別し排除する働きのことを免疫力といいます。 体

記事を読む

風邪の発熱とサイトカインの関係

風邪にはさまざまな症状がありますが、風邪を引いて発熱するというのは珍しいことではありません。

記事を読む

ツボ押しで免疫力をアップしましょう

免疫力アップにつながるツボ 爪の生え際以外にも、免疫力アップにつながるツボが体中にあります。

記事を読む

加齢と免疫力アップの関係とは?

年齢を重ねるごとに、病気にかかりやすくなっている。 そう感じる人は少なくないでしょう。 そう

記事を読む

お風呂と免疫力アップの関係とは?

ゆっくりと湯船に浸かって、数を100まで数える。 こんな風にたっぷりと入浴時間を取っている人は

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

爪もみで免疫力アップ!即効で効果ありの方法です

食事など普段の生活を改善することで免疫力をアップできますが、仕事やプライベートが忙しいとつい不規

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑