*

気道免疫の働きや仕組み

公開日: : 最終更新日:2016/02/08 免疫


人間が呼吸をするときには、空気は鼻から入り込み、のど、器官、さらに左右に分岐する気管支を通って肺に流れ込みます。
こういった呼吸に関係する器官の総称として呼吸器と呼ばれます。
鼻から気管支までは空気を運ぶ働きをもち、気道と言います。
鼻からのどまでが上気道、気管から気管支までは下気道と呼ばれ、区別されます。
気管から気管支にかけての粘膜腺が存在します。
そこからは粘液が1日に100㎜リットル程度分泌され、吸気と一緒に入り込む埃や塵、細菌をつかまえます。

気道は外界と接触する臓器で、空気を吸い込むときに異物が取り込まれてしまいます。
しかし、気道粘膜はさまざまな働きをもち、異物による感染や気道炎症から体を保護しています。
気道の粘膜にはIgA抗体の放出に関係する粘膜下腺、IgA産生やリンパ球のホーミングに必要不可欠な気管支関連リンパ組織が存在します。

これらの気管が働くことで、免疫は機能して病原微生物を取り除こうとします。
病気になると咳や熱が出ることがありますが、これは免疫が活発に働いて病原微生物を撃退しようとしていると考えられます。
免疫が効果的に機能することで、ほとんどは気道に起こる軽度の炎症程度で済みます。
しかし、気道の炎症が悪化して呼吸器の防御機能では対処できなくなってしまった場合、もしくはストレスや病気によって免疫力が低下してしまう場合は注意が必要です。
そういった場合は病原微生物が上気道から下気道、さらには肺にまで侵入して感染し、肺炎などの病気が起こることもあります。

ウイルスが気道の粘膜の上皮細胞に感染すると、増殖が開始されます。
そうすると気道の粘膜関連リンパ組織や頸部リンパ節で特異的な免疫応答の誘導がスタートします。
そしてウイルスを取り除くための免疫反応が気道上で発生します。
この反応にはさまざまな細胞が関連しているということがわかっており、それぞれの細胞が働くことで免疫は機能すると言えます。

スポンサーリンク

関連記事

爪もみで免疫力アップ!即効で効果ありの方法です

食事など普段の生活を改善することで免疫力をアップできますが、仕事やプライベートが忙しいとつい不規

記事を読む

ツボ押しで免疫力をアップしましょう

免疫力アップにつながるツボ 爪の生え際以外にも、免疫力アップにつながるツボが体中にあります。

記事を読む

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、そしていろいろな種類の白血球が集合して生

記事を読む

免疫力は健康の要です。免疫力についての基礎知識

免疫とは病気を免れることであり、体を守るために区別し排除する働きのことを免疫力といいます。 体

記事を読む

補体とは

特定の細菌に対して、免疫を保持した人間の血清を混ぜると細菌がこわれてしまいます。 ところが、こ

記事を読む

便秘と免疫力アップの関係とは?

毎日のお通じで、お腹はスッキリしているでしょうか? とくに女性に多いのが、便秘の悩みです。

記事を読む

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。 これらはそれぞれ

記事を読む

肥満細胞とヒスタミンの関係

肥満細胞はその形状が肥満のよう見えることから呼称されたもので、肥満とは直接的関係はありません。

記事を読む

笑いと免疫力アップの関係とは?

テレビを見たり、本を読んだりなど、毎日一度は声を出して笑うことがあるでしょう。 この、毎日笑う

記事を読む

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。 ここでは

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑