*

白血球の種類と働き

公開日: : 免疫


白血球は血液の一成分で、細胞成分に分類されます。
外部から体のなかになんらかの細菌や異物が入り込むことはしばしばあります。
それらは白血球中に取り込まれて、殺菌や処理を行います。
白血球は好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球などの種類がみられます。
それぞれ異なる働きによって、体を保護する役割を担います。

免疫細胞はそれぞれちがった働きをしますが、それぞれが連携を取ってともに異物と戦います。
異物を発見するもの、異物が入り込んだことをほかの細胞に伝えるもの、撃退開始の指令を出すもの、撃退するための武器をつくるもの、攻撃のスタートや終了を伝えるものなど、それぞれ独自の役割を担います。
非常にことこまやかで、強力な連携によって白血球は働くと言えるでしょう。

人間の体は、休むことなく実にさまざまな病原体と戦っています。
白血球をはじめとした免疫の仕組みは非常に精密で、理にかなっていると言われています。
体を守るための免疫細胞の主役は白血球で、特にリンパ球細胞は非常に重要な役割を担っています。

血液やそれぞれの臓器、心臓、消化管、皮膚などわたしたちの体を構成するものは、いろいろな細胞によって形作られています。
そういった細胞は本来は、それぞれにさまざまな働きをもっていました。
しかし、進化の過程で特化されたと考えられています。
そのため、もともとの能力の一部のみが機能するようになったのです。
そのなかで、さまざまな能力をそのまま使用して多彩な働きをしている細胞が、免疫に関係する白血球というわけです。

白血球の数は1日の間に生理的に増えたり減ったりしており、血液1μl中に4000~9000個ほど存在します。
白血球はアレルギーや炎症、感染症などによって反応的に増加する場合、そして骨髄増殖性疾患や白血病などの病気によって増加する場合があります。
もっともよく起こるのが細菌による急性感染症で、好中球の増加がみられます。

寄生虫感染症やアレルギーなどの場合に増えるのは、好酸球です。
10代後半~20代の若い世代が感染しやすいEBウイルスによる伝染性単核球症の場合は、リンパ球の増加が確認されます。
副腎皮質ステロイド薬などの薬剤の影響で、好中球が増加するケースもあります。

また、がんが脊髄に転移すると末梢血や骨髄の防御機能が落ちて、未分化の若い細胞や白血球、赤芽球が末梢血にあらわれて、白血球の数は増加します。
これは類白血病反応と呼ばれ、白血病細胞が確認されることはありません。
割合としてはごくわずかですが、特定のがんが生成する造血因子によって白血球の増殖が刺激され、増加する場合もあります。
ほかにも、ストレスや妊娠、喫煙、運動、外傷などがきっかけとなって、白血球は増加することがあります。
骨髄の働きが弱まった場合、古くなった白血球を破壊する脾臓の働きが急激に強まった場合には白血球の数は少なくなります。
いずれにしても、白血球の数に大きな変化があった場合は、その原因を明らかにして、それに合った治療をする必要があります。

白血球は血流によって滞りなく流れているものもありますが、そのほとんどは血管の壁にくっついています。
白血球の種類によっては、血管壁を通過してほかの組織に侵入しようとするものもあります。
白血球は問題のある部位や感染が生じた箇所にたどりつくと、よりたくさんの白血球を集合させるための物質を生じさせます。

白血球の働きは軍隊の動きに例えられることがあります。
体中のあちこちに存在しますが、微生物などなんらかの異物が体に入り込むと、集合してこれらを撃退する動きをします。
この働きを滞りなく行うため、白血球は微生物を包み込んで分解したり、抗体を生成したりします。
この抗体が微生物に付着することで、より効率よく撃退することができます。

白血球の数が少なくなると、当然ながらその働きは弱ってしまいます。
そうすると感染などのリスクが高まります。

好中球

好中球は体に細菌などの異物が入り込んだ際に、処理してわたしたちの体を外部からの脅威から保護する役割を担います。
体にみられる顆粒球のほとんどは好中球です。
好中球には異物に向かって進行する遊走能、異物を包み込んで処理する貪食能の2種類が存在します。
取り込まれた異物は、顆粒にみられる酵素や活性酸素の力によって、消化・殺菌されます。
好中球は運動性が高く、強い貪食能力を備えています。

好中球は入り込んできたウイルスや細菌に対して、殺菌作用のある顆粒を生成して分泌することができます。
同様に顆粒を生成することができる白血球としては、好酸球や好塩基球があります。
好中球はアメーバのような動きで血管内を移動し、体のなかに入り込んできたウイルスや細菌によって起こる炎症個所に集まります。
そして真菌や細菌、ウイルスなどを貪食します。

また、貪食された細菌やウイルスは、好中球に含まれるリソソーム(ライソゾーム)と結びつきます。
そして、リソソーム内の酸素依存機序によって殺菌され、つづいて加水分解酵素の力によって分解されます。
好中球は成熟段階に応じて、核の形が変化していきます。
それは大きく桿状核球(杆状核球)と分葉核球に分けることができます。
好中球の力で処理しきれなかった細菌などの異物は、同様に白血球のひとつに含まれるマクロファージなどによって処理されます。
そして抗原提示を行って体液性免疫を強化していきます。

好中球は強力な殺菌作用をもつため、通常の細菌を処理するのに長けています。
増殖が非常に活発ですが、寿命が短いという特徴をもちます。
そのため、ブドウ球菌や肺炎球菌などの細菌の対処に最適です。
細菌によって感染すると化膿しますが、ここで生じる膿は処理を終えた好中球と言われています。

好中球は白血球のひとつで、血液細胞に分類されます。
健康的な人の白血球を確認すると、その50~70%が好中球で、白血球のなかでもっとも多い血液細胞と言えます。
好中球は1日に1000億個ほど生成され、その大きさは12~15μm、寿命は10時間~数日ほどです。
白血球のなかではリンパ球より大型で、探求やマクロファージなどよりも小型です。

好中球は形状がどのようになっているかは、高精度の顕微鏡などで確認可能です。
無色透明ですが核を備え、偽足を生じさせます。
これによって、アメーバのような動きを可能とします。
好中球は成熟すると細胞の核が分岐して、分岐した核と本来の核は核糸によって連結されています。
成熟段階に達すると細胞核をたくさんもつことから、多核白血球と呼ばれることもあります。

好中球は通常は血液中を漂ったり、血管壁に付着していたりします。
肝臓や脾臓に蓄えられているものもあります。
血液中に含まれるものよりも、肝臓などに蓄えられている好中球は多いとされています。

体のなかで循環している血液1マイクロリットルにつき、2000~7500個ほどの好中球が存在します。
標準的な成人の場合は、80億~300億個ほどの好中球がつねに蓄えられていると考えられます。
なぜそれだけの量の好中球をたくわえているのかというと、怪我や病気への備えが必要だからです。
怪我や病気などによってウイルスや細菌に感染したら、それを撃退して体を守るためにすみやかに対処できるように多くの好中球はたくわえられています。
好中球は次々と造血細胞によって生成され、寿命が尽きた細胞は処分・分解されることになります。

好中球の数は増加することがありますが、これは副腎皮質ステロイド投与や痛風、尿毒、悪性腫瘍、中毒、真性多血症、感染症、炎症、急性出血、溶血、慢性骨髄性白血病などが原因です。
それ以外にも喫煙やストレス、食事、運動などによって増加が確認されることもあります。
一方で、ウイルス感染や悪性貧血、再生不良性貧血、急性白血病などがきっかけとなって、好中球の数が大きく減少することもあります。

好酸球

好酸球は白血球のひとつで、血球細胞内に顆粒をつくり出すことが可能な顆粒球でもあります。
核は2分葉でほそいクロマチン糸で連結され、細胞周縁に存在します。
細胞のサイズは好中球と比較すると少し大きく、直径10~15μmほどです。

健康上問題のない人の血液1マイクロリットルあたり、100~500ほどの好酸球が含まれます。
血液中の白血球の7%未満だとされています。
好酸球は特定の寄生虫から、体を保護する免疫機能を備えています。
しかし、その一方でアレルギー反応によって起こる炎症のきっかけにもなり得ます。

気管支炎やアレルギー性鼻炎を発症すると、血液中にみられる好酸球の値が高まることはよく知られています。
これは好酸球とアレルギーが深く関わっているからですが、病気や寄生虫の影響でも高くなることがわかっています。
気管支炎などでは炎症状態となった場所に好酸球は集合して、集合した好酸球からたくさんの分泌物が放出されることで喘息で特徴的な症状があらわれると言われています。
好酸球から顆粒という物質が放出されますが、これは強い殺菌作用を備え、強い炎症が発生した箇所の細胞を死滅させます。
そして、さらに好酸球が炎症個所を攻撃することで、細胞が繊維状となってもともともつ働きが喪失することがあります。

好酸球を活発な状態にして量を増やす原因が、サイトカインのインターロイキン5と呼ばれる物質です。
なんらかの要因でこのインターロイキン5がたくさん分泌されると、好酸球は活発な状態となります。
この原因はいろいろで、ほかの病気の治療のために使用される薬剤の副作用などもそれに含まれます。
さまざまな治療で使用されることの多い、ステロイドによって好酸球が活性化する場合もあります。
ほかにも、アレルギーや寄生虫、異常な細胞などに対する生体反応として、好酸球は増えることがあります。
好酸球の数が減少することもありますが、これはストレス反応やクッシング症候群によるものと考えられます。
しかし、こういった働きはほかの免疫系によって助けられるため、問題が起こることはほとんどありません。

好塩基球

好塩基球は白血球のなかで顆粒をつくり出すことが可能な顆粒球のひとつに数えられます。
好塩基球でつくられる顆粒には、ヒアルロン酸やヘパリン、ヒスタミンなどがみられます。
顆粒のうち、ヒスタミンは特にアレルギー反応が起こった場合に放出されます。
気管支喘息やじんましん、アナフィラキシーショックなどにも、深く関係しています。

好塩基球は普通染色の塩基性色素によって暗紫色に染色されるものをいいます。
それが好塩基球の名前の由来となっています。
サイズは10~15μmほどで、白血球のなかでもそれほど多くなく、その割合は全体の0.5%程と言われています。
好塩基球の表面にはセンサーのような働きをする免疫グロブリンEと呼ばれるレセプターが存在します。
これに外部からのアレルギー物質が入り込んで付着すると、センサーが反応して顆粒からヒスタミンを放出します。
それによってアナフィラキシーやアレルギー反応などが起こるのです。

好塩基球はごくわずかな量が白血球に含まれるのみで、ほかの組織にはみられません。
しかし、アトピー性皮膚炎の場合はアレルゲンが入り込む炎症部分にたくさんの好塩基球が集まります。
それがアレルギー反応を起こす要因となっているのではないかと考えられています。

好塩基球はアレルギー反応と密接に関係していますが、それだけではありません。
好塩基球は免疫系での監視機能、そして傷を治すという役割をもちます。
感染や急性の過敏症反応、甲状腺中毒症などに対する反応することで、好塩基球の数が減ってしまうことがあります。
これは好塩基球減少症と呼ばれ、治療が必要となる場合があります。
甲状腺機能低下に陥ると、好塩基球の数が大幅に増えることがあり、これは好塩基球増加症と呼ばれます。
真性赤血球増加症や骨髄線維症などに代表される骨髄増殖性疾患を発症すると、好塩基球の数が大幅に増加することがあります。
いずれにしろ、数の変動がみられる場合は原因を明らかにする必要があるでしょう。

B細胞

B細胞のBはBone marrowの頭文字を示したもので、骨髄などの造血器に由来する未熟リンパ球が骨内部で分化することから、この名で呼ばれています。
Bone marrowは日本語で骨髄という意味合いをもち、骨髄で生成されたリンパ球が骨髄内部で成熟や発達します。
B細胞はいくつかの成熟段階がありますが、消化管が密接に関係していると言われています。

B細胞は血液に含まれる白血球のなかのリンパ球に含まれる物質で、そのうちのおよそ20~40%を占めます。
この物質は体のなかへと入り込んだ病原体を取り除くために欠かせない、抗体を生成するという役割を担います。
ひとつのB細胞では1種類の抗体しか生成できないため、抗体遺伝子を組み換えることでたくさんの抗体を作り出します。
そして、いろいろな病原体が入り込んできたときのために、備えるのです。

B細胞は同じリンパ球に含まれるヘルパーT細胞の命令によって、それぞれを補い合いながら病原菌に適した抗体を生成します。
体のなかに病原体が入り込んでくると、最初に強力な貪食能力を備えるマクロファージ、高い抗原提示能力を備える樹状細胞が病原体を分析します。
樹状細胞はリンパ節にうつって、免疫の司令官とも言えるヘルパーT細胞にその情報を伝えます。
ヘルパーT細胞は刺激を受けて、活発な状態となります。
体内に入り込んだ病原体を取り込んで必要な情報をヘルパーT細胞に伝達する細胞は抗原提示細胞と呼ばれ、B細胞もこれに分類されます。

B細胞は病原体を認識可能なレセプターを備え、そのレセプターに付着した病原体を取り込みます。
そしてその断片を抗原として、細胞の外側に提示します。
さらに同様の抗原に反応するT細胞と遭遇すると、その細胞から刺激を受けて抗体を生成します。
B細胞の働きによって生成される抗体はとても強力で、この力によって異物を撃退します。
抗原に1度でも反応したB細胞のいくつかは記憶細胞としてそのまましばらく残るため、同じ病原体が入り込んだときにより効率よく抗体を生成できます。

T細胞(ヘルパーT、キラーT、制御性T)

体の免疫で大切な役割を果たすのが白血球ですが、白血球のなかにはいろいろな免疫細胞が備わっています。
T細胞も、そのなかのひとつです。
白血球のひとつにリンパ球があり、そのリンパ球はNK細胞、B細胞、T細胞に分類されます。
T細胞はリンパ球の70~80%を占め、その数は非常に多いとされています。
胸骨の裏側には胸腺が形成されており、胸腺は英語でThymusと表記されることから、その頭文字をとってT細胞と呼ばれています。

T細胞の主な働きは、感染した細胞を発見して取り除くというもので、免疫の働きのなかで大切な役割を担っています。
T細胞が十分にないと細菌やウイルスの感染リスクが高まり、免疫不全になりやすくなります。
そのため、がんの発症リスクも高まることはよく知られています。

T細胞はいくつかの種類に分かれ、そのうちのヘルパーT細胞は抗原の刺激を受けてほかの免疫細胞に攻撃指令を出すという役割を果たします。
ヘルパーT細胞の表面には抗原受容体が存在し、これによって外部から侵入してきた異物を認めます。
ヘルパーT細胞はサイトカインの分泌パターンの特徴にごとにTh1細胞とTh2細胞に分類されます。
Th1細胞にはキラーT細胞を増殖して攻撃力を強化すること、さらにNK細胞にも異物の情報を伝達して攻撃力をより高めるといった働きをもちます。
Th2細胞はB細胞に刺激を与えて、抗体を生成します。
これらはそれぞれ細胞性免疫、液性免疫と呼称され、Th1細胞とTh2細胞のどちらが活性化しているかで優性が決定されます。

キラーT細胞はヘルパーT細胞の指令を受け取り、感染した細胞やがん細胞などに密着し消失させます。
細胞障害性T細胞と呼ばれることもあります。
そのほかにも、過剰な免疫反応が発生しないよう食い止める制御性T細胞の存在も、近年の研究によって明らかになっています。
ほかにも新たなT細胞は発見されており、今後の研究によってより多くのT細胞が見いだされる可能性はあります。

NK細胞

NK細胞はナチュラルキラー細胞のことで、その名が示す通り生まれついての殺し屋のように、体中をパトロールします。
そしてパトロール中にがん細胞やウイルス感染細胞などを発見して、攻撃を加えます。
このNK細胞はわたしたちがもともと備えている防御機構であり、自然免疫において大切な役割を果たすと言われています。

NK細胞は血液中にみられるリンパ球のなかで、10~30パーセントを占めます。
標的細胞の細胞膜に孔を空けるタンパクであるパーフォリン、標的細胞に死滅を誘導する一群のセリンプロテアーゼであるグランザイムなどの細胞損傷因子を保持しています。

また、NK細胞は活性化型レセプターと抑制型レセプターと呼ばれる2つのアンテナをもっています。
NK細胞ががん細胞やウイルス細胞を発見すると、最初に活性化型レセプターから信号が出されて、対象に攻撃を加えます。
一方でNK細胞が正常な細胞を発見すると抑制型レセプターから出される信号が優性となって、攻撃を加えることはありません。

NK細胞は非常に重要な役割を果たしますが、笑うことで活性化すると言われています。
これは特定の細胞から放出される神経ペプチドと呼ばれる物質が密接に関わっています。
神経ペプチドはいろいろな細胞と密着することで神経伝達物質やホルモンとして機能します。
そのなかにはセロトニンやドーパミン、レラキシンといった免疫力を強化する物質もありますが、コルチゾールやエピネフリン、アドレナリンなどの免疫機能を落とすものもあります。

笑うことによって生成されるのはいい影響を及ぼす神経ペプチドで、これらはNK細胞の表面に吸着します。
そして、NK細胞を活発な状態へと変化させます。
結果的に、がん細胞やウイルス、細菌は続々と攻撃されることとなり、免疫力は大きく強化されるのです。
また、NK細胞は乳酸菌やビフィズス菌などを取り入れることでも、活性化するということもわかっています。

NKT細胞

わたしたちの体に備わっている免疫は、自然免疫系と獲得免疫系の2つに大別することができます。
自然免疫というのは生まれたときから体に備わっている免疫のことで、最初に反応して直接的にウイルスなどの異物を攻撃して取り除くという役割を担っています。
獲得免疫系は抗体に代表される、免疫のことを言います。
自然免疫系では十分に取り除くことができない場合に働きます。
ウイルスの動きや性質に合わせて、効果的に撃破すると言われています。
さらにウイルスがもつ情報を蓄積し、再び入り込んできたときに備えるという働きももちます。

これらの特徴的な免疫系が状況に合わせて働くことで、人間の体の健康は維持されます。
わたしたちのもつ免疫システムはこの2つがあってはじめて働き、単独ではうまく機能しないということがわかっています。
NKT細胞はその2つの免疫を結びつける役割を果たします。
NKT細胞はごく最近発見された細胞です。
この細胞はほかのリンパ球よりも数が少なく、体内の0.01%ほどしか確認されていません。
もともと数がごくわずかなこと、さらに両方の性質を備えていたために、このNKT細胞が発見されるまでには時間がかかりました。

NKT細胞のもつ働きはそれだけではありません。
リンパ球を活発な状態にする、自分の体を強く攻撃する自己免疫病を抑え込む作用ももちます。
がんを防ぐ働きをもつこともわかり、今後の研究に期待されます。
最近はNKT細胞をメインとした、新しい治療法の開発研究も積極的に行われています。
マウス実験では、NKT細胞を取り除くとがんの発生率が上昇することが明らかになっています。
NKT細胞をいかに増やすか、活性化させるかががん治療で今後カギになりそうです。
実際に臨床実験が行われており、がんが転移して余命わずかと診断された患者がNKT細胞の治療を行ったところ、病状の悪化が食い止められたといった症例もあり、その効果は期待されています。

単球

単球は死んでしまった組織やダメージを受けた組織を排除する、がん細胞を破壊する、異物に対する免疫を調節するといった白血球の働きをサポートします。
単球は骨髄で生成されて血液に流れ込んで、血液に含まれる白血球のおよそ1~10%を占めます。
これは血液1マイクロリットルにつき200~600個あるということです。

血液に入り込んだ単球はしばらくすると骨髄や肺、肝臓、脾臓などの組織に移動します。
そして免疫系の主な食細胞であるマクロファージに変化します。
マクロファージは貪食細胞とも呼ばれます。
これは異物をむさぼり食うように体のなかに取り入れるといった意味をもち、過剰な悪玉コレステロールがあると酸化などによって変化した変性悪玉コレステロールを取り込みます。
そして泡沫細胞になってコレステロールエステルを細胞内にため込みます。

単球やマクロファージの働きを阻害し、細胞内に不要な物質をためる遺伝的異常がある場合、遺伝子の代謝異常症であるニーマン・ピック病やニーマン・ピック病といった脂質蓄積症を発症しやすくなります。

がんや血液疾患、自己免疫疾患、慢性の感染などの影響を受けて単球の数が増えると、単球増加症と言われる状態になります。
サルコイドーシスや感染症、ランゲルハンス細胞肉芽腫症などに反応して、組織内マクロファージの増加が確認されることもあります。

血液に含まれる単球の数が少なくなる状態を、単球減少症と呼びます。
これはコルチコステロイド薬の投与や化学療法を受けることで起こりやすくなります。
ほかにも特定の細菌類によって血液中に毒素が分泌される内毒素血症に反応を起こして確認される場合もあります。

単球は切れ込み入りの核をもつことがほとんどです。
多くの白血球は核が分岐していますが、単球は分岐しないため単核白血球とも呼ばれます。
血液に流れた単球は1日以下~数日ほどで寿命がつきます。
組織内に含まれるものは数日~数ヶ月、場合によっては数年もつこともあります。

マクロファージ

マクロファージは白血球の一種で、血液に含まれる単球から分化されます。
造血幹細胞から分化した単球は骨髄で発達して、血流に乗ることで体全体の免疫に関わるようになります。
単球はおよそ2日間血液中に存在したあと、血管壁を通過して組織内に入り込んでマクロファージに変化します。

マクロファージは感染防御の第一線で監視役のような役割を担います。
細菌やウイルスが入り込んだときに撃退する、なくてはならない細胞と言えます。
マクロファージは貪食細胞とも言われ、異物を取り込んで消化・殺菌する働きをもちます。
貪食というのは細菌などを細胞内に取り込む働きのことを言います。
たくさんの細胞が貪食細胞を備えていますが、マクロファージや好中球はとくにこの性質を強くもちます。

マクロファージの表面にはTLR(Toll like receptor)があり、その刺激によって少しでもあやしい動きをしていると判断すると、それがなにであれ無差別に食してしまいます。
無差別に食すことを、免疫学的に非特異的と表現されます。
つまり、マクロファージはそれがウイルスでも細菌でもそのほかのものでも、異物と判断すればひとまず取り込んでしまうということです。

マクロファージは脂質メディエーターや炎症性サイトカイン、ケモカインをつくり出すという役割を担っています。
そして血管を拡張してほかの免疫細胞を集合させて炎症反応を開始する準備をします。
ウイルスを取り込むと細胞の内側にみられるTLRによって感知され、、IFN-α、βを生成してウイルスが増えるのを抑制します。

異物を内側に取り込み分解すると、抗原部分が細胞表面のMHCクラスⅡ分子が出されます。
これは主に樹状細胞の役割となりますが、マクロファージも同じような働きをします。
K細胞やヘルパーT細胞からつくり出されるIFN-γを浴びると、力が付き活性化マクロファージに変化します。
そうなると貪食作用が高まって、ウイルスの感染力を喪失させることも可能です。

樹状細胞

体のなかに入り込んできたウイルスや細菌によって感染した細胞、がんに変化した細胞は免疫細胞によって異物と判断されます。
それらは発見され次第、取り除かれることになります。
さまざまな免疫細胞が独自の動きをしながら、連携して異物を排除していきますが、樹状細胞はそのなかで司令塔のような働きをします。
がん細胞を発見すると、樹状細胞はがん細胞を食して、そのかけらを自分の表面に掲示します。
それによってリンパ球に必要な情報を伝えて、リンパ球ががん細胞を認識できるように導きます。

人間の体内では、日々5000個ほどの細胞ががんに変化していると考えられています。
しかし、免疫細胞がこういったがん細胞を攻撃して取り除くので、がんが病気としてはっきりとあらわれることはありません。
ところが、がん細胞は自分ががん細胞だということをかくすことがあり、免疫細胞の攻撃をかわして時間をかけてその範囲を広げていきます。
こうなると、がん細胞の特徴をマークしてがん細胞を排除しようとする特異的免疫が腫瘍に対抗しようとします。
はじめに樹状細胞ががん細胞のかけらなどを発見して食し、がんの特徴などの情報を入手します。
それを目印として樹状細胞はリンパ球にがんの特徴を知らせ、がん細胞に攻撃を加えるよう指令を出します。
がんに関する必要な情報を手にしたリンパ球は、がん細胞を排除しようとします。

樹状細胞は抗原掲示細胞として働く免疫細胞のひとつで、ほ乳類の免疫系で大切な役割を担っています。
樹状細胞はあらわれている表面抗原分子によって亜種に分けられます。
その種類は胚中心樹状細胞やランゲルハンス細胞、形質細胞様樹状細胞、骨髄系樹状細胞などがあります。
これらの細胞には体中に分布していること、まわりに突起を出す形態をもつこと、抗原を取り込むと活性化してリンパ器官に移ると言うこと、リンパ器官では取り込んだ抗原をT細胞やB細胞に伝えるといった特徴をもちます。

免疫は白血球の連携プレー

白血球は体内に入り込んできた細菌やウイルスなどから、常時体を保護し続ける免疫細胞です。
体のなかでは実にさまざまな免疫細胞群が、それぞれの性質を最大限に発揮して連携をとりながら異物を排除しています。

たとえば、風邪をひくと最初にくしゃみや鼻水といった症状があらわれます。
これは風邪のウイルスがのどや目鼻などで攻撃を加えているということですが、この最前線をウイルスが通過して体に入り込むと本格的に風邪を患うことになります。
そして、免疫機構が活発に反応するようになります。

最初に働くのは自然免疫です。
さまざまな免疫細胞のなかでマクロファージと顆粒球が風邪の原因となるウイルスを貪食して排除しようとします。
つづいてNK細胞がウイルス感染細胞をこわし、マクロファージが感染細胞を食します。
そしてマクロファージがヘルパーT細胞にウイルス侵入の合図を出します。

司令官のような役割を担うヘルパーT細胞は、キラーT細胞に指令を出してウイルスを撃退させようとします。
熱が高くなって咳などの症状も悪化しているのが、このときです。
ウイルスを撃退するための抗体をB細胞に指示してつくり出し、これをつかってウイルスを倒します。
この時点でウイルスを撃退できれば、風邪はそのまま完治します。
さらに、T細胞やB細胞がウイルスの情報を記憶して、あとで再び入り込もうとした場合に備えます。

これは風邪を例にしたときの、それぞれの免疫細胞の働きです。
それぞれの細胞が独自の動きをして、緻密に連携をとりながらウイルスを排除しようとしていることがわかります。
風邪以外のケースでも、免疫細胞は常時体内でいろいろな病原菌と戦っています。
しかし、食生活の乱れや環境の変化、過度なストレスなどの影響を受けることで、それぞれの免疫細胞がうまく働かなくなることがあります。
そうすると病気になりやすくなったり、治りにくくなったりするわけです。
病気に負けない体をつくるためには、日々の生活に気を配ることが大切だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

免疫力アップと運動との関係とは?

「運動は体に良い」というのはよく聞く話です。 でも一概に「運動は体に良い」とはいっても、色々と

記事を読む

睡眠と免疫力アップの関係とは?

あらゆる病気の勝つための、体内でのはたらきが「免疫」です。 この免疫は、少しの生活習慣の変化で

記事を読む

便秘と免疫力アップの関係とは?

毎日のお通じで、お腹はスッキリしているでしょうか? とくに女性に多いのが、便秘の悩みです。

記事を読む

薬・抗生物質と免疫力アップの関係とは?

生きている中で、人はたくさんの病気を経験します。 病気を経験することで、体内に「抗体」がつくら

記事を読む

風邪の発熱とサイトカインの関係

風邪にはさまざまな症状がありますが、風邪を引いて発熱するというのは珍しいことではありません。

記事を読む

抗ヒスタミン薬の働き・とり方・副作用・代表的な製剤などについて

温熱や寒冷、薬、食物などさまざまな物理的刺激がきっかけとなって、皮膚組織内に存在する肥満細胞から

記事を読む

ストレスと免疫力アップの関係とは?

私たちは、日々ストレスと闘っています。 そのレベルの大小はありますが、イライラしてしまったり、

記事を読む

潔癖症と免疫力アップの関係とは?

「潔癖症」の人が、そばにいるという人はいるでしょうか。 または、自分自身が潔癖症だという自覚が

記事を読む

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。 ここでは

記事を読む

爪もみで免疫力アップ!即効で効果ありの方法です

食事など普段の生活を改善することで免疫力をアップできますが、仕事やプライベートが忙しいとつい不規

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑