*

ブロッコリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 食物アレルギー

ブロッコリーアレルギーの特徴
ブロッコリーアレルギーの原因は、ブロッコリーを体内に摂取する事により発症するアレルギーだと思われます。
また、ブロッコリーをただ単に体内に摂取するのではなく、加熱処理したものは大丈夫でも、冷凍食品にはアレルギー反応が出る・・・、
ブロッコリーだけではなく、カリフラワーなどのようなアブラナ科の緑黄色野菜全般にアレルギー反応が出る・・・など、
アレルギーの原因は人それぞれにあるように見受けられます。

症状

ブロッコリーアレルギーの原因は、全身、または身体の一部に赤み、痒み、湿疹、発疹、蕁麻疹などの皮膚的症状、腹痛、胃痛、胸焼け、下痢、吐き気、嘔吐などの消化器系症状などがあげられます。
その他、呼吸困難的症状など、重度的な症状などもあげられます。

特徴

ブロッコリーアレルギーの特徴は、ブロッコリーだけにアレルギー発症する場合と、他のアレルギーも併発しながら発症する場合とあり、人によって特徴は様々であると見受けられます。
また、上記にもあるように、アブラナ科の緑黄色野菜全般でも、アレルギー反応を引き起こす場合もあり、ブロッコリーだけに特定・・・というケースだけ・・・とは言い切れないのが特徴的です。

治療

ブロッコリーアレルギーの治療としては、全身、または身体の一部に皮膚的症状が起きた場合は皮膚科に、腹痛、胃痛、下痢、嘔吐などの消火器系的症状が起きた場合は、消化器科、または内科などの専門医に受診をしましょう。
そして、出来る事ならアレルギー科のある専門医に受診をし、アレルギー検査をする事が大切と言えます。

注意点

ブロッコリーアレルギーの注意点は、アレルギー要素そのものが遺伝的である為、両親、または片親にそうしたアレルギーがある場合は、注意が必要です。
また、幼少の頃は平気でも何かのきっかけでブロッコリーアレルギーを発症する事もあります。
しかし、逆もしかりで、少しずつ摂取していく事で、身体がアレルゲンに対応できるようになる・・・という事もありますが、
アナフィラキシーショックを引き起こす危険性もあるかと思われます。
そうした場合は、専門医に相談をしながら、慎重に対応していくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ショートニングアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用

記事を読む

そばアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年、いろいろなものにアレルギー反応を起こす人が増えています。 その中でも厄介なのは食べ物のア

記事を読む

にんにくアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

にんにくアレルギーという言葉を聞いたことはありますか。 患者数も少なく、まれな症状であるため、

記事を読む

豚肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

豚肉は肉類のなかでも使用頻度の高い食材ですが、アレルギー反応が出る場合があります。 鶏肉や牛肉

記事を読む

鮭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーにはさまざまなものがありますが、魚に対するアレルギー反応もそのひとつに含まれます。

記事を読む

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。

記事を読む

食物アレルギーの治療法:経口免疫療法

経口免疫療法 厄介な食物アレルギーの治療方法の一つとして、経口免疫療法があることをご存じでしょ

記事を読む

乳酸菌アレルギーの特徴

乳酸菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

乳酸菌アレルギーとは? みなさんは乳酸菌アレルギーという物を聞いたことがありますか?乳酸菌アレ

記事を読む

食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは?その対処法とは?

食物でアレルギーの症状を引き起こす人が、近年増えているという報告があります。 アレルギーは

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑