*

銀杏アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/18 食物アレルギー

銀杏アレルギーの特徴
銀杏アレルギーの原因は、銀杏を体内に摂取する事によって、アレルギー症状を引き起こすものであります。
また、銀杏アレルギーの場合は、体内に摂取しなくとも、銀杏が含まれる水分に触れる事で、銀杏アレルギーを引き起こすケースもあります。

症状

銀杏アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、腫れ、かぶれ、むくみ、発疹、湿疹、蕁麻疹などの皮膚的症状や、
腹痛、頭痛、頭重、下痢、吐き気、嘔吐、などの内的症状、消化器官的症状などがあげられます。
酷い場合は、アナフィラキシー症状を引き起こす事もあるので、そうした場合は救急処置が必要となります。

特徴

銀杏アレルギーの症状は、銀杏を食べる個数が人によって違いがあるのが特徴かもしれません。
1~2個食べただけで銀杏アレルギーを発症する方もいれば、10個食べて発症する方もいたりします。
特に身体の内臓器官が未発達の幼児には、特に顕著に出やすいと思われます。
また、銀杏は、体内に摂取してから数時間~数日間の間に身体に現れるのも特徴といえるでしょう。

治療

銀杏アレルギーの治療は、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、内的症状、消化器官的症状を発症した場合は内科、もしくは消化器科などの専門医に受診をしましょう。
そして、出来る事ならアレルギー科のある専門医に受診をし、アレルギー検査と血液検査をする事をお勧めします。

注意点

銀杏アレルギーの注意点は、銀杏を食べ過ぎない事です。
上記にもあるように、内臓器官が未発達な幼児には、特に銀杏を与えすぎないようにしましょう。
銀杏には、中毒性の物質がある為、成人でも10個以上は食べ過ぎには注意が必要です。
加工処理、加工調理された銀杏ですらも、銀杏の中毒を引き起こす危険性があります。
そして、生の銀杏もかぶれ易い物質がある為、素手で生の銀杏を触らないようにしましょう。
もし、素手で(皮がついていても)銀杏を触った場合は、すぐに手洗いをしましょう。
手についた銀杏で顔や他の身体の部分に触ったりでもすれば、触った箇所がかぶれてしまいます。
すぐに清潔にしておく事が肝心です。

スポンサーリンク

関連記事

ゼラチンアレルギー特徴

ゼラチンアレルギー特徴・症状・対策・仕組みなど

ゼラチンアレルギーについて プリンや寒天など様々な食品に使われているゼラチンですが、そのゼラチ

記事を読む

同じ物を繰り返し摂取することによって食物アレルギーがおこるらしい

アレルギーとは、特定の食物を摂取することで、体に不快な症状があらわれることです。 近年、そ

記事を読む

イワシアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イワシを食べたあとに体調が悪くなった場合、イワシアレルギーの可能性もありますが、別の症状を起こし

記事を読む

イチゴアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチゴアレルギーとは、イチゴに対してアレルギー反応をみせることをいいます。 果物アレルギーの一

記事を読む

アーモンドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アーモンドアレルギーとは、アーモンドを体に取り入れたために起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

大豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほかのアレルギー原因となる食品と同じように、豆に対するアレルギー反応が起きる場合があります。

記事を読む

パイナップルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パイナップルを多く食べていると舌がヒリヒリと痛んだという経験を持っている人は多いのではないでしょ

記事を読む

さんまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さんまなどの魚によるアレルギーの症状は、魚を日常的に食べる習慣のある日本では比較的多くなっていま

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑