*

ごまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 食物アレルギー , , , ,

ごまアレルギー

アレルギーの原因

ごまアレルギーは、ごまだけではなく、ごま油も体内に取り入れてしまう事でアレルギーを引き起こすものです。
ごまアレルギーは、厄介な事に1度発症させてしまうと、中々完治しにくいアレルギーが一般的のようです。
さらに、キウイでも『ごまアレルギー』と診断されるケースもあるようです。

症状

ごまアレルギーの症状は、
・じんましん、アトピー性などの皮膚炎的症状
・全身、または身体の一部に赤み、腫れ、かゆみなどの症状
・呼吸困難的症状、喘息的症状

などがあげられます。
酷い場合は、アナフィラキシーショックを引き起こすケースもあります。

特徴

ごまアレルギーはペースト状、ごま油など、ごまをベースとしたものが発症しやすい傾向があるように見受けられます。
特に、ごまアレルギーは年齢に関係なく、老若男女問わず引き起こす上、
上記のように1度発症させると完治しにくいアレルギーでもあるようです。

治療

ごまアレルギーの治療には、皮膚炎的症状の場合は皮膚科に、
呼吸困難的症状、喘息的症状などは消化器科、内科など専門医の下で治療を受けましょう。
特に、3歳までの乳幼児の場合には注意が必要です。
家庭内で出来る範囲で、ごまは当分除去!というくらい摂取させないようにし、
3歳以降になってから徐々に少量から摂取させてなれさせるのも治療のうちの1つかと思われます。
しかし、症状は人それぞれですので、専門医の指導の下で相談してから実践する方がいいでしょう。

注意点

成人であればご自身でごまを摂取しないようにするなどが出来ますが、子供の場合には非常に注意するべきでしょう。
最近の幼稚園、保育園、小学校、中学校などは、給食に含まれる食物アレルギーなどが問題になっているので、
親御さんがきちんと先生などに伝えておくと、給食から除去をしてくれる場合もあったりします。
なので、アレルギー検査をするなどし、我が子のアレルゲンは何なのかを把握してから伝えるといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

イチゴアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチゴアレルギーとは、イチゴに対してアレルギー反応をみせることをいいます。 果物アレルギーの一

記事を読む

ヨーグルトアレルギーの特徴

ヨーグルトアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ヨーグルトアレルギーについて みなさんは卵アレルギーや小麦粉のアレルギーは聞いたことがあるかも

記事を読む

食物アレルギーの主な原因食品は、年齢で変わっていく

食べ物が原因でじんましんが起きたり、腹痛やぜんそくの症状が起きたりする食物アレルギー。 と

記事を読む

うなぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うなぎが原因のアレルギーの発症率は低く、稀だといわれていますが、うなぎにアレルギーを持つ人は存在

記事を読む

生クリームアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甘くておいしい生クリームですが、そんな生クリームでもアレルギー症状を発症してしまう場合があります

記事を読む

鶏肉アレルギーの特徴

鶏肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 鶏肉アレルギーの原因は、鶏肉を体内に摂取、 または鶏肉に接触するなどを

記事を読む

酵母アレルギーの特徴

酵母アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酵母アレルギーの原因は、酵母が含まれる食品、飲料などを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引

記事を読む

ヒスタミンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

魚を食べたあとに吐き気や腹痛で具合が悪くなった、体に痒みを感じたなど、もしかしてアレルギー?と思

記事を読む

コーヒーアレルギー

コーヒーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コーヒーアレルギーとその症状 みなさんコーヒーは好きですか?実はみんなが大好きなコーヒーにもア

記事を読む

ミルクアレルギーの特徴

ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ミルクを体内に摂取する事で、アレルギー反応(体内での拒絶)が起きるのが一

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑