*

春雨アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 食物アレルギー

春雨アレルギーの特徴
春雨アレルギーの原因は、春雨を体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます。
また、春雨アレルギーの原因となるものは、春雨の原材料によってアレルギー反応を起こす症状は、人それぞれにあるようです。

症状

春雨アレルギーの症状は、主に頭痛、頭重、吐き気、嘔吐、胸焼けなどの消化器官的症状が主にあげられます。
その他、全身、または身体の一部に赤み、痒み、発疹、湿疹、蕁麻疹などの皮膚的症状の他、めまい、頭痛、頭重などの症状を発症するケースもあるようです。

特徴

春雨アレルギーの特徴は、春雨を体内に摂取すると、消化器官的症状の悪化を訴えるケースが多いように見受けられます。
春雨は、緑豆から作られるものと、サツマイモ、じゃがいもから作られるものと2種類あるようなので、そのどちらか、もしくはその両方がアレルギー反応(アレルゲン)を引き起こしているのではないかと思われます。
これは、人それぞれの体質、アレルギー要素によるものでもあります。
また、春雨を加工食品にしたものにアレルギー反応を引き起こすケースもあるので、食品メーカーにもよるようです。

治療

春雨アレルギーの治療は、主に消化器官系の症状を訴えるケースが多いので、消化器科、もしくは内科に受診をしましょう。
また、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、めまい、頭痛、頭重などは内科などの専門医に受診をしましょう。
ただ、アレルギー科のある専門医に受診をし、アレルギー検査をしても、春雨アレルギーの場合はどの原因からくるものなのかがわからない場合もあります。
そうした場合は、血液検査をしてみるのもいいと思われます。

注意点

春雨アレルギーの注意点は、春雨の原材料、または春雨を製造している加工食品などの製造メーカーなどによって、現れる症状や状況は様々なので、非常に見極めが難しいかもしれません。
そうした場合は、専門医に相談をし、慎重にご自身の状態の様子を見ていくようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

ゴーヤアレルギーの特徴

ゴーヤアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴーヤアレルギーについて 沖縄のゴーヤはにがみで知られていますが、最近は沖縄以外でも人気で一般

記事を読む

食物アレルギーを診断する上で最も確実な方法 経口負荷試験

近年、食物アレルギーにより、特定の食べ物を口にすると体に異状反応が出てしまう人が子どもを中心に増

記事を読む

ヨーグルトアレルギーの特徴

ヨーグルトアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ヨーグルトアレルギーについて みなさんは卵アレルギーや小麦粉のアレルギーは聞いたことがあるかも

記事を読む

乳製品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

子どもの食品アレルギーで、鶏卵アレルギーに次いで多いのが牛乳や乳製品のアレルギーです。 牛

記事を読む

粉ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

手軽につかえる粉ミルクですが、赤ちゃんにアレルギー反応があらわれることがあります。 ミルクアレ

記事を読む

トロポミオシン アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トロポミオシンアレルギーといっても聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。 簡単に

記事を読む

香辛料アレルギーの特徴

香辛料アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

香辛料アレルギーの原因は、アレルギーの要因となる特定の香辛料(または、複数の香辛料)を体内に摂取

記事を読む

コーヒーアレルギー

コーヒーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コーヒーアレルギーとその症状 みなさんコーヒーは好きですか?実はみんなが大好きなコーヒーにもア

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑