*

ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/28 食物アレルギー , , , ,

ミルクアレルギーの特徴・症状

アレルギーの原因

ミルクを体内に摂取する事で、アレルギー反応(体内での拒絶)が起きるのが一般的です。
牛の乳から生成される成分に含まれるたんぱく質によってミルクアレルギーを引き起こすのが要因のようです。

症状

全身、または身体の一部が異常に腫れ上がる。全身、または身体の一部が異常に赤みを帯びたり、湿疹、発疹が出てくる。
嘔吐、下痢、血便などもあり、酷い場合はアナフィラキシーショックを引き起こす事もあります。

特徴

主に生後0ヶ月からの乳幼児に多いように見受けられます。
しかし、成長していく段階で改善の見込みのあるアレルギーですので、
ショック療法のように幼児期からミルクを少量ずつ飲ませていくようにするといいかと思われます。
また、乳幼児に直接摂取をさせていなくとも、母乳を与えている母親がミルク成分(アレルギー要素)が入っているものを摂取すると、
母乳から通じて乳幼児に摂取させてしまう恐れがあります。
完全母乳、または少しでも母乳を与えている女性は、ご自身が摂取する飲食物には慎重にするよう心がけましょう。

治療

皮膚上に症状が出た場合は皮膚科に、嘔吐、下痢、血便などの症状が出た場合は、内科医、消化器系などの専門医に行き、治療をしましょう。
しかし、根本的にはしっかりとした治療が必要なので、アレルギー検査をして、ミルクアレルギーと反応が出た場合、
胃腸がしっかりとしていく幼児期ぐらいまでは、ミルクなどの乳製品を取り除く食生活をしていくといいでしょう。

注意点

ミルクアレルギーが反応あったから・・・といって、乳児にアレルギー専用のミルクを与えてもミルクアレルギーが出る場合があります。
酷いと、上記のようにアナフィラキシーショックを引き起こす事もあるのです。
そういった場合は、ヘタにミルクアレルギー専用ミルクを与えるよりも、母親からの抗体も含まれている母乳にしていった方が、むしろいいかと思います。
ミルクアレルギーの乳児を持つお母さんは大変かもしれませんが、慎重にお子さんの容態を見ながら何が一番ベストな方法かを探していくようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

酢アレルギーの特徴

酢アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酢アレルギーについて みなさんは酢アレルギーがあることを知っていますか? お酢は日本料理の調

記事を読む

アロエアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アロエにもアレルギーがあることをご存知でしょうか。 薬いらずとも言われ、使ったり食べたりすると

記事を読む

にんにくアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

にんにくアレルギーという言葉を聞いたことはありますか。 患者数も少なく、まれな症状であるため、

記事を読む

キャベツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あらゆる食物にはアレルギーを発生させる可能性があり、キャベツもまた、人によっては食べることでアレ

記事を読む

大豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほかのアレルギー原因となる食品と同じように、豆に対するアレルギー反応が起きる場合があります。

記事を読む

同じ物を繰り返し摂取することによって食物アレルギーがおこるらしい

アレルギーとは、特定の食物を摂取することで、体に不快な症状があらわれることです。 近年、そ

記事を読む

ココアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココアアレルギーは別名チョコレートアレルギーとも呼ばれ、ココアやチョコレートの原料であるカカオに

記事を読む

ナスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年さまざまな食べ物でアレルギー反応を起こし、好きなものを好きなように食べる楽しみが減りつつあり

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

落花生アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

おやつなどで食べている人も多い落花生ですが、アメリカでは牛乳や鶏卵と並んで三大アレルゲンのひとつ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑