*

ピーナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 食物アレルギー , , , ,

ピーナッツアレルギー

アレルギーの原因

ピーナッツアレルギーは、牛乳、卵と同様の3大アレルゲンの1つとして、海外では非常に注意が必要とされるアレルギーです。
原因は、ピーナッツを体内に摂取する事によって引き起こすのが一般的のようです。

症状

ピーナッツを体内に摂取する事で、全身、または身体の一部に赤み、腫れ、かゆみなどの症状が起こる。
腹痛、下痢、嘔吐、皮膚炎的症状、鼻炎、呼吸困難的症状、喘息的症状などが起こる。

特徴

3大アレルゲンの1つとして言われているピーナッツなだけに、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性が非常に高いアレルギーと言われています。
また、ピーナッツを摂取していなくとも、食品加工品の中にピーナッツを扱う製造工場が近くにある・・・など、
微量にピーナッツを摂取しやすい状況、環境下で製造されている食品を摂取してもピーナッツアレルギーを引き起こす事もあります。

治療

ピーナッツは、特に注意が必要なので、上記の症状が出た場合は、皮膚的症状には皮膚科に、鼻炎的症状や喉などには耳鼻咽喉科に、
腹痛、下痢、嘔吐、呼吸的症状、喘息的症状には、消化器科、内科などの専門医に受診し、適切な処置をしてもらう事です。
そして、症状が起きた時は、アレルギー検査もする事が大事です。
アナフィラキシーショックを引き起こし、最悪死に至るケースもあったりします。

注意点

上記にもあるように、ピーナッツアレルギーは3大アレルゲンの1つとして注意をされているアレルギーなので、
今ではピーナッツに関してはアレルギー表示を義務付けられています。
なので、ピーナッツアレルギーと診断をされた場合は、食品を購入、または外食をされる場合は、アレルギー表示を見る事です。
また、ピーナッツといっても多種にわたる食品なので、ピーナッツでもどのナッツでアレルギーになるのかは、人それぞれかと思われます。
そういった場合も、専門医の指導の下で相談をするといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

レモンアレルギー

レモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 レモンアレルギーの原因は、レモンを体内に摂取、または接触、抵触をする事に

記事を読む

肉アレルギーの特徴

肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

肉アレルギーって一体何? みなさんは卵や乳製品でアレルギーが起ることはご存知でしょうか。 肉

記事を読む

穀物アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

突然ですが、普段わたしたちが食べている炭水化物のほとんどは、穀物からできています。 白米の元で

記事を読む

ヨーグルトアレルギーの特徴

ヨーグルトアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ヨーグルトアレルギーについて みなさんは卵アレルギーや小麦粉のアレルギーは聞いたことがあるかも

記事を読む

栗アレルギーの特徴

栗アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

栗アレルギーの原因は、栗を体内に摂取、または接触する事により、アレルギーを発症してしまうものです

記事を読む

しいたけアレルギーの特徴

しいたけアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

しいたけアレルギーについて みなさんはしいたけアレルギーについて知っていますか? 今回はしい

記事を読む

青魚のアレルギーの特徴

青魚のアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは青魚のアレルギーについてどのような考えをお持ちですか?青魚のアレルギーはヒスタミンによ

記事を読む

にんにくアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

にんにくアレルギーという言葉を聞いたことはありますか。 患者数も少なく、まれな症状であるため、

記事を読む

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する

記事を読む

落花生アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

おやつなどで食べている人も多い落花生ですが、アメリカでは牛乳や鶏卵と並んで三大アレルゲンのひとつ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑