*

ピーマンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 食物アレルギー , , , ,

ピーマンアレルギーの特徴

アレルギーの原因

ピーマンアレルギーの原因は、ピーマンを体内に摂取をすると、ピーマンアレルギーを引き起こすものです。
また、ただのピーマンだけではなく、赤や黄のピーマン、ししとうなどでも、
ピーマンアレルギーを引き起こす原因にもなるケースもあります。

症状

ピーマンアレルギーの症状は、主に胃痛、胃もたれ、下痢、嘔吐など消化器系の症状が多いのが一般的のようです。
また、ピーマンアレルギーから他の特定の食品のアレルギーまで併発する場合もあったりします。

特徴

ピーマンアレルギーは、あまり知られていないように思われるかもしれないのが特徴かもしれません。
しかし、ピーマンアレルギーの場合は、上記にもあるように普通のピーマンだけではなく、
パプリカ(赤、黄のピーマン)、ししとうなどでも、アレルギーを引き起こす場合も多かったりします。
また、幼少の頃はピーマンが平気でも、成人になって何かのきっかけで、
ピーマンアレルギーを発症するケースが多いように見受けられます。

治療

ピーマンアレルギーの治療としては、症状が胃痛、胃もたれ、下痢、嘔吐などの消化器系症状が主に多いので、
ピーマンを体内に摂取した後にこうした症状が起きた場合は、内科、消化器科などの専門医に受診をしましょう。
また、アレルギー検査をする事も大切かと思われます。

注意点

ピーマンアレルギーは、上記にもあるように、幼少の頃はピーマンが平気でも、
成人になってから何かのきっかけでピーマンアレルギーを発症する事もあったりします。
また、風邪、女性であれば生理時など、身体の免疫力が低下している時にピーマンを摂取すると、
アレルギーの症状が悪化する事もあったりします。
ピーマンアレルギーだとわかった場合は、出来る限りピーマンを除去するようにしましょう。
そうした除去方法が、ご自身の身体を守る為の予防にも繋がります。
その他、飲食店での飲食物にもピーマンが混在する事もあります。
そうした場合は、店員や店側にピーマンの除去を伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

うどんアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うどんアレルギーの場合、それは小麦アレルギーと呼ばれるものです。 うどんに含まれる小麦にアレル

記事を読む

口腔アレルギー症候群の原因、症状、改善、治療など

近年、花粉症で苦しい思いをされている人が増えてきています。 その主な症状は、目のかゆみや花

記事を読む

ピーナッツアレルギー

ピーナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーナッツアレルギーは、牛乳、卵と同様の3大アレルゲンの1つとして、海外

記事を読む

麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

麦アレルギーの中でも一番多いとされているのが、食材や日常生活の中で多用されている小麦に対するアレ

記事を読む

大豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほかのアレルギー原因となる食品と同じように、豆に対するアレルギー反応が起きる場合があります。

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

小麦アレルギー

小麦グルテンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小麦グルテンアレルギーとは? みなさんは小麦グルテンアレルギーについて聞いたことはありますか?

記事を読む

乳酸菌アレルギーの特徴

乳酸菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

乳酸菌アレルギーとは? みなさんは乳酸菌アレルギーという物を聞いたことがありますか?乳酸菌アレ

記事を読む

ラテックス-フルーツ症候群の原因、症状、改善、治療などについて

天然ゴムを使用している製品に触れたり、フルーツや野菜、ナッツ類といった植物性の食物を食べると、ア

記事を読む

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑